病気・医療

記事一覧

「やせたり太ったり」糖尿病の彼が苦しんだループ|医師「マイルドドラッグの影響はすさまじい」

「やせたり太ったり」糖尿病の彼が苦しんだループ|医師「マイルドドラッグの影響はすさまじい」

絵本作家の塚本やすしさんは、肝臓の数値や血糖値、中性脂肪の数値が悪く、糖尿病の教育入院(治療や検査…

2024.07.11

排便後「お尻の拭き方」で差!膀胱炎の"新常識"|「きっかけはおむつ替え」医師が調べた結果とは

排便後「お尻の拭き方」で差!膀胱炎の"新常識"|「きっかけはおむつ替え」医師が調べた結果とは

なんらかの病原体が尿道から入り込み、膀胱や腎臓で炎症を起こして、痛みや不快感を引き起こす「尿路感染…

2024.07.04

「朝起きたら足が…」女性を襲った恐怖の"感染症"|経験から悟った「病気から身を守る方法」とは?

「朝起きたら足が…」女性を襲った恐怖の"感染症"|経験から悟った「病気から身を守る方法」とは?

自営業の47歳の女性は、「溶連菌感染症」がニュースで取り上げられるたび、10年前、自分の身に起きた…

2024.06.26

救急車「不適正利用」解決に"利用料"徴収はありか|「入院しない軽症者の搬送7700円」始めた地域も

救急車「不適正利用」解決に"利用料"徴収はありか|「入院しない軽症者の搬送7700円」始めた地域も

総務省消防庁によると、2023年の救急出動件数(速報値)は前年に比べ5.6%増の763万7967件…

2024.06.14

認知症「一歩手前」の特徴と予防のためにできる事|そのもの忘れは「病的な健忘」か「加齢現象」か

認知症「一歩手前」の特徴と予防のためにできる事|そのもの忘れは「病的な健忘」か「加齢現象」か

30~40代を過ぎると、とっさに人や物の名前が出てこなくなって「あの人」とか「あれあれ」などという…

2024.06.06

薬代は年間300万、アルツハイマー「新薬」の値打ち|発売から半年、薬が使えるのは患者の「2割弱」

薬代は年間300万、アルツハイマー「新薬」の値打ち|発売から半年、薬が使えるのは患者の「2割弱」

2023年9月、アルツハイマー病の治療薬「レカネマブ(商品名:レケンビ®点滴静注)」が承認され、1…

2024.06.05

子ども望む男女の「はしかワクチン接種」の重要性|免疫がない人の感染リスクは思った以上に高い

子ども望む男女の「はしかワクチン接種」の重要性|免疫がない人の感染リスクは思った以上に高い

麻疹(はしか)の流行が収束したらしい。 だからといって安心はできない。なぜなら根本的な問題が解決…

2024.06.03

「サウナに入っただけ」男性に生じたまさかの悲劇|気になる症状があったらすぐに病院に行こう

「サウナに入っただけ」男性に生じたまさかの悲劇|気になる症状があったらすぐに病院に行こう

マスコミ関係で働く30代の男性の趣味はサウナ。週5回のペースで通い続けていたある日、肌にこれまで経…

2024.05.30

白目にシミ、黒目が欠ける「目の日焼け」の問題点|侮ってはいけない紫外線で「蓄積する」ダメージ

白目にシミ、黒目が欠ける「目の日焼け」の問題点|侮ってはいけない紫外線で「蓄積する」ダメージ

日に日に日差しが強くなるこの時期。実は紫外線の量は5月ぐらいから増え始め、対策が必要になってくる。…

2024.05.29

「突き抜けた目標」を持つからこそ見える境地|世界が注目する「内視鏡AI」創業者の行動哲学

「突き抜けた目標」を持つからこそ見える境地|世界が注目する「内視鏡AI」創業者の行動哲学

今、日本発の技術である「内視鏡AI(人口知能)」が、世界から熱い注目を浴びている。 開発したのは…

2024.05.23

男性の7人に1人「尿路結石」一度かかると厄介な訳|体外に自然に出る結石の大きさは「5mm以下」

男性の7人に1人「尿路結石」一度かかると厄介な訳|体外に自然に出る結石の大きさは「5mm以下」

尿の通り道に結石ができ、のたうち回るような激しい痛みを起こす尿路結石。日本尿路結石症学会が実施した…

2024.05.16

「食べてすぐ寝る」人は尿路結石に注意したい理由|コーヒー・紅茶も実はリスク、上手な摂り方とは

「食べてすぐ寝る」人は尿路結石に注意したい理由|コーヒー・紅茶も実はリスク、上手な摂り方とは

男性は40代から、女性は50代から注意が必要な尿路結石。食生活の欧米化などのため、50年ほど前と比…

2024.05.15

介護費を兄が工面、脳出血になった独居弟の苦悩|「体は資本」老後まで使い続けるなら過信は禁物

介護費を兄が工面、脳出血になった独居弟の苦悩|「体は資本」老後まで使い続けるなら過信は禁物

まさか自分がこんなことになるとは――。自身の健康を過信し、長年、健診に行かず不摂生を続けていた男性…

2024.05.14

高額化するがん治療「高額療養費」でいくら戻る?|知らないと損「公的制度と民間がん保険」活用法

高額化するがん治療「高額療養費」でいくら戻る?|知らないと損「公的制度と民間がん保険」活用法

医療技術の進歩とともに高額化するがん治療だが、日本には治療にかかる負担を軽くする社会保障制度がある…

2024.05.09

「医療費120万円」がん患う母が嘆く"負担の重さ"|かかる前に知っておきたい「がんとお金」の話

「医療費120万円」がん患う母が嘆く"負担の重さ"|かかる前に知っておきたい「がんとお金」の話

「がんイコール死ぬ病気」だったのは過去の話。今は有効な治療法が相次いで登場し、多くは「治る病気」「…

2024.05.08

「キーが打てない」30代男性を襲った"まさかの病"|体験者「安易な自己診断と思い込みには注意を」

「キーが打てない」30代男性を襲った"まさかの病"|体験者「安易な自己診断と思い込みには注意を」

フリー編集者の男性(30代)は、ある日、手の指がしびれ、曲がらなくなった。 「このままでは、仕事…

2024.05.01

38歳でがん罹患「激務の母」が迷走経て掴んだ人生|東大院卒、外資系コンサルタントの大転換

38歳でがん罹患「激務の母」が迷走経て掴んだ人生|東大院卒、外資系コンサルタントの大転換

働き盛りでがんになる――。あなたは想像したことがあるだろうか。だが、治療と仕事を両立する人の声を聞…

2024.04.27

家族が認知症?"円満に"検査を促す「誘い方」|「病院になんて行きたくない」と言われたら?

家族が認知症?"円満に"検査を促す「誘い方」|「病院になんて行きたくない」と言われたら?

高齢化が進むにつれ、増えているのが「認知症」。2025年には高齢者の5人に1人が認知症になる、とい…

2024.04.23

血圧が上がる原因は塩分?運動不足?~高血圧を防ぐ具体策もご紹介~

血圧が上がる原因は塩分?運動不足?~高血圧を防ぐ具体策もご紹介~

昔から「塩辛いものは血圧を上げる」といわれていますが、血圧を上げる原因は塩分だけとは限りません。 …

2024.04.21

わずか3~4年「検診受けなかった」彼に起きた悲劇|40代で死を意識した医師が後輩に遺した「言葉」

わずか3~4年「検診受けなかった」彼に起きた悲劇|40代で死を意識した医師が後輩に遺した「言葉」

「親としてやり残したことがたくさんあるのに」「自分が死んだら意味がないよ」。わずか3〜4年、がん検…

2024.04.18

「甘いもので体の疲れはとれない」少し残念な真実|体に負担をかけるNG飲食「休養学」博士が解説

「甘いもので体の疲れはとれない」少し残念な真実|体に負担をかけるNG飲食「休養学」博士が解説

世間一般では「疲れたときには甘いものを食べるといい」と言われています。 しかし、日本リカバリー協…

2024.04.13

「地位も名誉も失っても」ギャンブル依存症の怖さ|「意志の問題」ではなく「病気」という認識を持つ

「地位も名誉も失っても」ギャンブル依存症の怖さ|「意志の問題」ではなく「病気」という認識を持つ

アメリカ大リーグ・ドジャースの大谷翔平選手の元通訳、水原一平氏が関与したとされる違法ギャンブル問題…

2024.04.12

「糖尿病と肥満」実は同じ一つの疾患という真実|かつて言われた「脂質は体に悪い」に根拠はなかった

「糖尿病と肥満」実は同じ一つの疾患という真実|かつて言われた「脂質は体に悪い」に根拠はなかった

予備軍も含めると日本人の5〜6人に1人が糖尿病にかかっている(厚生労働省調べ)。この病気と密接にか…

2024.04.11

若くても「脳ドック」"受けたほうがいい人"の特徴|「どんな病気がわかる?」「費用は?」医師が解説

若くても「脳ドック」"受けたほうがいい人"の特徴|「どんな病気がわかる?」「費用は?」医師が解説

認知症に脳梗塞、そしてくも膜下出血の原因となる未破裂脳動脈瘤――。 こうした病気があるかどうかを…

2024.04.11

「頭痛を甘く見るな」危ない"警告頭痛"の4大特徴|致死率は40%「くも膜下出血」の前触れとは?

「頭痛を甘く見るな」危ない"警告頭痛"の4大特徴|致死率は40%「くも膜下出血」の前触れとは?

音楽グループglobeのボーカルKEIKOさんも患った「くも膜下出血」。致死率40%の怖い病気だ。…

2024.04.09

罹患者数でみる「前立腺がん」都道府県ランキング|3月22日公表、最新版「全国がん登録」データから

罹患者数でみる「前立腺がん」都道府県ランキング|3月22日公表、最新版「全国がん登録」データから

前立腺がんは近年、男性が最もかかりやすいがんの1つだ。特に50歳以上の男性に多く見られるが、“生存…

2024.04.05

たらスパの爆食で高校生を襲ったまさかの"激痛"|近所の医者が彼に下した「意外な病気」の正体

たらスパの爆食で高校生を襲ったまさかの"激痛"|近所の医者が彼に下した「意外な病気」の正体

出版社に勤務する33歳の男性は、高校1年生のときに発症した「まさかの病気」がきっかけとなり、今でも…

2024.04.04

紅麹問題で注目される「腎臓」が持つ重要な働き|腎臓専門医が指摘する「カビ毒」の危険性とは

紅麹問題で注目される「腎臓」が持つ重要な働き|腎臓専門医が指摘する「カビ毒」の危険性とは

「紅麹」サプリの健康被害が、予想以上の広がりを見せています。 なぜ、ここまで深刻な被害を生んだの…

2024.04.03

医師が推奨「がん患者の緩和ケア」なぜ大事なのか|緩和ケアには延命効果が、家族も対象に

医師が推奨「がん患者の緩和ケア」なぜ大事なのか|緩和ケアには延命効果が、家族も対象に

日本人が一生のうちにがんと診断される確率は2人に1人。「国民病」と言われながら、その特徴や治療法に…

2024.04.02

「薬の飲み忘れに悩む人」に教えたい"解決方法"|処方された薬の種類や回数が多いことも要因

「薬の飲み忘れに悩む人」に教えたい"解決方法"|処方された薬の種類や回数が多いことも要因

誰もが一度は経験しているであろう、処方された薬の飲み忘れ。加齢による認知症や身体障害によるものだけ…

2024.04.01