メニュー閉じる

リンククロス シル

リンククロス シルロゴ

2020.02.28

【連載】専門家が教える!絶対役立つダイエット基本のき 第1回 「正しいダイエット」の減量効果


記事画像

2月も終盤になり、正月太りが落ち着いた頃でしょうか?「もう少し体重を落としたいなぁ」と思っている方はかなり多いはず。今回からは、ダイエットの基本を身に付けるために、“正しいダイエット”をテーマにした記事をお届けします。

正しく痩せるためには正しい知識が必要

初回となる今回は、わたしが過去に報告した研究論文の内容を紹介します[1]。この研究は、茨城県で実施された減量介入研究で、40~64歳の肥満男女188人を対象にしました。この研究では、以下の3つのグループを設定し、研究対象者をそれぞれのグループにランダムに分けて、6ヵ月後の体重の変化を比較しました。

(1)1回の講義を提供する群(対照群)
(2)1回の講義に加えて、教材(テキスト、ノート、歩数計)を提供する群(弱介入群)
(3)1回の講義と教材提供に加えて、月1回程度の集団型減量支援を提供する群(強介入群)

研究参加者を3つのグループにランダムに分けて比較するため、ランダム化比較試験と呼ばれます。この手法は、因果関係に言及できる最も優れた研究手法だと言われています。

図1に6ヵ月間の介入結果を示します。対照群(講義のみ)で2.9 kg、弱介入群(講義+教材)で4.7 kg、強介入群(講義+教材+集団支援)で7.7 kg、体重が減少しました。このことから、講義に教材を提供する効果が約1.8 kg、さらに集団型減量支援を加える効果が約3 kgあることが証明されました。

Nakata Y. et al.:Obesity Facts. 2011;4(3):222-228.より作成

Nakata Y. et al.:Obesity Facts. 2011;4(3):222-228.より作成

手厚く指導すればするほど、減量効果が高まるという、考えてみれば当たり前の結果ですが、ランダム化比較試験という検証レベルの高い方法で実施したことに意義があると思います。

リバウンドしにくいダイエットのポイントは“自己管理”

この研究には続きがあって、その後2年間、リバウンド調査を実施しています[2]。1回の講義しか聞けなかった対照群には、倫理的配慮として、6ヵ月間の介入期間終了後に、サービスで減量支援を実施したため、弱介入群(講義+教材)と強介入群(講義+教材+集団支援)を調査対象としています。

図2に30ヵ月間の観察結果を示します。6ヵ月目で3.0 kgあった強介入群の有効性は、18ヵ月目で半減し(1.5 kg)、30ヵ月目で完全に消失しました(0.0 kg)。両群とも、減量開始時と比較して3.3 kg少ない体重を維持していましたので、完全にリバウンドしたわけではありませんが、集団型減量支援を受けた強介入群の方が、大きくリバウンドする結果になりました。

Nakata Y. et al.:Obesity Facts. 2014;7(6):376-387.より作成

Nakata Y. et al.:Obesity Facts. 2014;7(6):376-387.より作成

強介入群でリバウンドが大きかったのは、6ヵ月間の集団型減量支援の中で、指導者と参加者の間に信頼関係が生まれたことが理由として考えられます。この期間において、参加者は、「先生のおかげで痩せられた」という感覚が生まれやすくなります。逆に、その後の追跡期間では、「先生がいないから継続できない」という感覚が生まれ、リバウンドが大きくなったと考えられます。

一方、弱介入群はもともと自己管理型で減量に取り組んでいますので、「先生のおかげ」という感覚は生まれにくいです。その分、追跡期間中のリバウンドが小さくなったと考えられます。

というわけで、正しい知識に基づき、しっかり取り組めば、直接指導を受けなくても、5 kg程度のダイエットには成功し、その後も大きなリバウンドは生じません。では、講義で何を話し、教材をどのように活用し、ダイエットに取り組んだのか、その実際の内容について、次回からさらに詳しく紹介していきます。

【文献】
[1]Nakata Y. et al.:Obesity Facts. 2011;4(3):222-228.
  https://www.karger.com/Article/Pdf/329619 (2020年2月7日閲覧)
[2]Nakata Y. et al.:Obesity Facts. 2014;7(6):376-387.
  https://www.karger.com/Article/PDF/369913 (2020年2月7日閲覧)

【連載】専門家が教える 絶対役立つダイエット基本のき

【第1回】「正しいダイエット」の減量効果

【第2回】「正しいダイエット」の前に必要な動機づけ

【第3回】いま、気を付けるべき生活習慣

【第4回】とっても簡単!ダイエットのキソ理論

【第5回】1ヵ月で2kg減!ポイントは食事と運動の“負”のバランスにあり

【第6回】 無理なく続けるダイエットのコツ<その1>

【第7回】無理なく続けるダイエットのコツ<その2>

【第8回】停滞期を乗り切るコツ<食事編>

【第9回】停滞期を乗り切るコツ<運動編:その1>

【第10回】停滞期を乗り切るコツ<運動編:その2>

【第11回】リバウンドを予防するコツ

【第12回】適正体重の維持を目指して

【連載】手軽にできる運動のススメ(全7回)

【第1回】1日何歩あるきますか?たった「+10分」でも効果的!

【第2回】やらなきゃ損!「+10分」で得られる健康利益

【第3回】いつでもどこでも「+10分」!

【第4回】運動せずに歩数を稼ぐコツ

【第5回】日常のちょっとした活動で健康に

【第6回】持久力向上を目指して

【第7回】筋力向上で得られるさまざまな健康利益

著者:中田由夫 (筑波大学体育系 准教授 博士 体育科学)

記事画像

2004年3月筑波大学大学院博士課程体育科学専攻修了。筑波大学大学院人間総合科学研究科助手、助教、筑波大学医学医療系助教、准教授を経て現職。食事と運動を中心とした行動変容が生活習慣病の予防および改善に及ぼす影響を明らかにする研究を進めている。

【主な論文】
Nakata Y et al. Web-based intervention to promote weight-loss maintenance using anactivity monitor: A randomized controlled trial. Preventive Medicine Reports 14:100839, 2019.

【主な書籍】
江口泰正, 中田由夫(編著). 産業保健スタッフ必携 職場における身体活動・運動指導の進め方. 大修館書店, 東京, 2018.

【主な所属学会】
日本運動疫学会(理事・編集委員長)、日本健康支援学会(理事長)、日本体力医学会(評議員・編集委員)、日本疫学会(代議員)など。

記事提供:リンクアンドコミュニケーション

リンクアンドコミュニケーションは、最新の健康情報の発信や健康課題を解決するサービスを提供します。最新の健康情報を医療・健康分野の専門家が評価し、コメント付きで紹介するサービス「HEALTH NUDGE」もチェックしてみてください。

おすすめコンテンツ

関連記事

【自宅でできる!】部分やせに効く筋肉トレーニングをご紹介!

【自宅でできる!】部分やせに効く筋肉トレーニングをご紹介!

【ノースリーブが着たい!】ペットボトルを使った「二の腕」筋トレ3選

【ノースリーブが着たい!】ペットボトルを使った「二の腕」筋トレ3選

第12回:おうち筋トレ、それ無理しすぎですよ!

第12回:おうち筋トレ、それ無理しすぎですよ!

【ポッコリお腹解消!】寝る前にちょこっと!お腹やせエクササイズ3選

【ポッコリお腹解消!】寝る前にちょこっと!お腹やせエクササイズ3選

戻る