メニュー閉じる

リンククロス シル

リンククロス シルロゴ

2020.05.19

アメリカで話題「高脂肪食ダイエット」、女性が気をつけることは...?


記事画像

脂肪といえばダイエットの敵。...という考え方が王道でしたが、アメリカで火がついた「高脂肪食ダイエット」は真逆の発想。今日本でも話題になっています。

3大栄養素といえば糖質・脂質・タンパク質ですが、糖質とタンパク質は1gあたり4kcal、脂質は1gあたり9kcalあります。脂質はカロリーが高いので、ダイエット中でカロリーを気にするなら避けるべきもの、と考えるのが普通でした。でも糖質制限ダイエットが流行し「糖質こそ太る原因」で、「カロリーは関係ない」という考え方が浸透。そこで気になってくるのが、脂肪やカロリーを気にしない「高脂肪食ダイエット」です。

糖質 ※外部サイトに遷移します

糖質制限ダイエット ※外部サイトに遷移します

「高脂肪食ダイエット」では、脂肪は気にしなくても、糖質は徹底的にカットするのが特徴です。糖質が多く含まれるごはんやパン・麺類・スイーツはもちろんダメ。野菜でも芋類やかぼちゃ、さつまいもなどの根菜類は糖質量が多いためNG。野菜の種類によっては葉物系も少量の糖質が含まれているため、この方法を徹底するならば、野菜も一切食べないということになります。

その代わり、摂取できない栄養素のビタミン、鉄、マグネシウム、ナイアシンなどはサプリメントで補うのが大きな特徴。バターや生クリーム、チーズ、オリーブオイルなどもいくらとっても大丈夫だといいます。体重が落ちる理由は、「糖質を取らないと、からだのエネルギー源が『糖』から『脂』に切り替わり、からだが『脂質代謝』になる。そうすると、脂をとることで体脂肪が燃えて体重が落ちていく」ということらしいです。

日本では「金森式ダイエット」と呼ばれ、ダイエット成功法としても語られています。体重は確かに落ちるかもしれません。が、高脂血症や肌荒れが心配ともいえます。特に女性は男性より高脂血症になりやすいので、この方法を続けて体重が減り始めたら、血液検査をしてみることをおすすめします。脂質代謝の数値が以前より高くなっていたら、要注意です。

堀知佐子(ほり・ちさこ)

記事画像

管理栄養士・食生活アドバイザー・アンチエイジング料理スペシャリスト。レストラン「Le Rire(ル・リール)」シェフ。京都の調理師学校で教鞭をとった後、京料亭「菊乃井」の物販事業部責任者を経て、2010年株式会社「菊の井」常務就任。2008年アンチエイジングをコンセプトとしたレストランを開業。料理教室の開催、地方自治体アドバイザー、講演など、食と健康をテーマに幅広く活動。著書に『みそと野菜でアンチエイジング』『100歳まで錆びない栄養レシピ』など多数。

※この記事の内容について、株式会社ワコールは監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の判断と責任において行なってください。

【あわせて読みたい】※外部サイトに遷移します

正しく知ろう、糖質制限

寒さを味方に!冬はダイエットのチャンスです

間違いダイエットは危険がいっぱい

疲れの原因は、ダイエットのせいではありませんか?

提供元:アメリカで話題「高脂肪食ダイエット」、女性が気をつけることは...?|ワコール 糖質ボディブック

おすすめコンテンツ

関連記事

【むくみ対策にも】夏のダイエットにおすすめな食材って?

【むくみ対策にも】夏のダイエットにおすすめな食材って?

【パパっとできる!】めんつゆを使ったダイエットレシピ7選

【パパっとできる!】めんつゆを使ったダイエットレシピ7選

【週刊シル×3分クイズ】ダイエットに必須な食事のキソ知識とは?~調理力でダイエット!(その1)

【週刊シル×3分クイズ】ダイエットに必須な食事のキソ知識とは?~調理力でダイエット!(その1)

【食物繊維たっぷり♪】もずくの基礎知識とアレンジダイエットレシピ

【食物繊維たっぷり♪】もずくの基礎知識とアレンジダイエットレシピ

戻る