メニュー閉じる

リンククロス シル

リンククロス シルロゴ

2019.10.01

漢方薬剤師・堀江昭佳さんが血流のために実践していること<前編>


記事画像

出雲大社参道で90年以上続く老舗漢方薬局の4代目として、また『血流がすべて解決する』の著者としても知られる堀江昭佳さん。血流について尋ねると、「食う寝る遊ぶ、これに尽きます!」と即答。血流にいい食べ方、寝方、遊び方とは。実際に堀江さんが実践されていることをじっくりと教えていただきます。

キャパオーバーにならないよう調整する

「自分ができる以上のことはしない」。ぼくが仕事をするうえで大切にしていることです。もちろん最初からできていたわけではなく、試行錯誤、ときにはキャパオーバーしてしまって失敗した経験もあります。でも、仕事でもなんでも許容を超えた量をこなそうとすれば、気分も不安定になったりイライラしたり、その状態が続けば当然ストレスもたまります。ストレスは、血流にとっては大敵。だからといって、たまったストレスを解消するためにあれこれ策を練るのも本末転倒ですよね。ストレスをどう解消するかの前に、どうしたらストレスをためずにいられるか、キャパオーバーにならない仕事の仕方を考え直しました。

負荷がかかりすぎる前に仕事量を調整することは、自分だけでなく、スタッフにも気をつけています。結局しんどい気持ちを抱えて仕事をしていると、うまく回らなかったり、ミスが出たり、仕事のクオリティが落ちてしまいますから。仕事でもプライベートでも気分よく余裕をもつことを心がけています。

記事画像

からだが陽から陰に切り替わる0時までには眠る

血流を考えるときに無視できないのは「睡眠」です。というのも、血は夜の眠っている間に作られるからです。漢方には万物を陰と陽に分け、このバランスを取ることが重要だとする基本的な考え方がありますが、1日の時間帯も陰陽にわかれます。活動的な昼間を「陽」とし、夜の静かな時間は「陰」。その陰陽が入れ替わるのが、0時を挟んだ前後2時間くらいです。そして、入れ替わり後の深夜2時あたりが、血のつくられる時間だとされています。質のいい血をつくるためにも、陰陽の入れ替わりの時間に眠っていたい。理想は11時ですが、遅くとも0時までには寝るようにしています。

目覚ましをかけずに朝日で自然に起きる

血流に欠かせない良質な睡眠。そのためには、朝が大事です。カーテンを閉めずに眠りにつき、太陽の光で目覚めることを習慣にしています。朝日を浴びるとおよそ16時間後には睡眠のホルモンが出るのがからだの仕組みなので、光で目覚めると、夜のちょうどいい時間に自然に眠たくなり、睡眠の質も高まり、また翌日もすっきりと起きられるといういい循環が生まれるのです。

記事画像

血液の巡りをよくするために、深く呼吸をする

心臓の働きによって足先まで送り出された血液は、静脈を伝わって筋肉の力によっておなかまで戻ってきます。そして、最後おなかから心臓まで戻すのは"呼吸の力"なんです。仕事中、PCをしていると「息するの忘れた」なんて人も多いですが、その状態は血の流れも滞らせています。深く、ゆったりとした呼吸は、血流のためにとてもいいもの。ぼくは週に何度か朝ヨガを行っていますが、呼吸を意識したポーズをするうちに、全身に血が巡り、力がみなぎり、からだも軽やかに、気分もすっきりとします。

ランや筋トレ、ヨガなど、運動はなるべく朝に行う

筋肉の収縮によって血流は促されますから、適度な運動習慣はとても大切です。また、からだを目覚めさせるという意味でも運動はなるべく朝行うように心がけています。実家は出雲の表参道沿いなので、普段は出雲大社のまわりがランニングコース。ぐるっと走ってだいたい3km、歩いて参拝をして帰ってくるのが日課です。東京にいるときは、トレーナーについてもらいジムで筋トレをしていますが、だいたい朝7時くらいに予約していますね。女性にはシコを踏むエクササイズがおすすめですよ。股関節が硬くなると骨盤まわりの血流が悪くなり、生理痛はじめさまざまな不調が生じてしまいます。最初はあまりに足が上がらないことに驚かれるかもしれませんが(笑)、ぜひ続けてください。

股関節 ※外部サイトに遷移します

堀江昭佳(ほりえ あきよし)

「堀江薬局」代表、漢方薬剤師、不妊カウンセラー、一般社団法人日本漢方薬膳協会代表理事。出雲大社参道で90年以上続く老舗漢方薬局の4代目。 薬学部を卒業後、薬剤師となったのち対症療法中心の西洋医学とは違う、東洋医学・漢方の根本療法に魅力を感じ、方向転換する。血流を中心にすえた西洋医学、漢方医学、心理学の3つの視点からの総合的なアプローチは評判を呼ぶ。地元島根はもとより全国、海外からも相談があり1か月先まで予約がいっぱいの状態が続いている。著書「血流がすべて解決する」も大好評。

HP http://www.funin-kanpo.com/about-akiyoshi-horie/ ※外部サイトに遷移します

Twitter https://twitter.com/akiyoshihorie?lang=ja ※外部サイトに遷移します

語り/堀江昭佳さん(漢方薬剤師)
取材・文/大庭典子
撮影/高木亜麗

※この記事の内容について、株式会社ワコールは監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の判断と責任において行なってください。

【あわせて読みたい】※外部サイトに遷移します

【特集/ストレスと女性のからだ】 マインドフルネス瞑想講師・吉田マサオさんの実践法<前編>

【特集/正しく知りたい肌のこと】 植物療法士・森田敦子さんの肌習慣<前編>

【特集/呼吸で自分を変える!】 ヨガインストラクター吉川めいさんの呼吸美人10の秘訣<前編>

【特集/眠りの真実】 睡眠コンサルタント友野なおさんの快眠生活<後編>

提供元:漢方薬剤師・堀江昭佳さんが血流のために実践していること<前編>|ワコール ボディブック

おすすめコンテンツ

関連記事

立冬(りっとう)/おなか・骨盤を温めて冬のトラブル回避

立冬(りっとう)/おなか・骨盤を温めて冬のトラブル回避

不眠症(11)怒り「6秒待つ」でやり過ごす

不眠症(11)怒り「6秒待つ」でやり過ごす

気温が下がりはじめる秋に向けて冷えない体づくりをスタートしよう。毎日取り入れたい3つの“温め習慣”

気温が下がりはじめる秋に向けて冷えない体づくりをスタートしよう。毎日取り入れたい3つの“温め習慣”

ご存知ですか?毎年11月14日は「世界糖尿病デー」

ご存知ですか?毎年11月14日は「世界糖尿病デー」

戻る