メニュー閉じる

リンククロス シル

リンククロス シルロゴ

2018.07.13

日本の国菌をご存じですか?和食を支える縁の下の力持ち・麹菌


以前のコラムご長寿国・日本を支える和食のチカラで、和食の「うま味」について触れましたが、実はその風味や味わいを支えるもうひとつの大きな要素として「菌」の存在があります。

ご長寿国・日本を支える和食のチカラ ※外部サイトに遷移します

和食を代表する調味料である味噌や醤油、みりん、酢や、日本の伝統的な酒は、「麹菌」の力を借りて醸造する発酵食品です。このことを踏まえ、日本醸造学会は、2006年「麹菌(学術名:Aspergillus oryzae)」を日本の国菌として指定しました。「麹菌」は穀物を分解する様々酵素を保有する有用菌で、食品の保存性を高めたり、食品が持つ栄養価を高めたりと、機能的な側面はもとより、うま味の元になるアミノ酸を増やしたり、豊かな香りを生み出したりと、よりよい味わいをつくる役目も果たしています。

日本醸造学会 ※外部サイトに遷移します

また食品が発酵する過程で生まれる微生物は、腸内細菌のバランスを整え、便秘予防、LDLコレステロール値の低下、免疫力の向上など、様々な効果があることが近年の研究で分かってきました。和食を基本とした食生活を送ると、必然的に発酵食品を摂取することにつながるので、それが「ご長寿国・日本」を支えているのかもしれませんね。

ただし発酵食品が体内で効果を発揮するのは、摂取から数日間のみと言われています。日々積極的に発酵食品を摂り入れ、健康の底力をつくるよう食生活を心がけましょう。

記事画像

記事提供:サンスター 健康道場

「健康道場」は、株式会社サンスターが運営する、情報サイトです。
もっと健康でもっといきいきとした毎日のために、食事・身体・心の正しいバランスをサポートする「健康道場」。商品情報や健康をサポートするレシピ、ストレッチ、イベント情報などを掲載しています。

【あわせて読みたい】※外部サイトに遷移します

脳を若々しく保つ秘訣は”ぼんやりする”ことってほんと?

LDLコレステロール対策で注目!野菜のチカラ「SMCS」って?

メタボ予防のポイントは、継続できる手軽さ

提供元:日本の国菌をご存じですか?和食を支える縁の下の力持ち・麹菌|サンスター 健康道場

おすすめコンテンツ

関連記事

勉強に効く!受験戦争に負けない健康食事法│甲子園優勝校の食育担当が伝授する「勉強飯」

勉強に効く!受験戦争に負けない健康食事法│甲子園優勝校の食育担当が伝授する「勉強飯」

腸内環境にアプローチ!納豆と銀杏の炊き込みご飯【免疫力を上げるお手軽レシピ】

腸内環境にアプローチ!納豆と銀杏の炊き込みご飯【免疫力を上げるお手軽レシピ】

見た目のインパクトも栄養も満点!スペアリブの炊き込みご飯【10分レシピ#57】

見た目のインパクトも栄養も満点!スペアリブの炊き込みご飯【10分レシピ#57】

日本茶アーティストが伝授!お茶の効果とシーン別活用法

日本茶アーティストが伝授!お茶の効果とシーン別活用法

戻る