メニュー閉じる

リンククロス シル

リンククロス シルロゴ

2022.04.15

主婦からトレイルランのアスリートに!毎日屋外に出る生活での健康法と肌ケアとは?


目次

1. 主婦からアスリートになり、体調も劇的に改善
2. 現在は毎日屋外で活動。睡眠や入浴、朝ごはんに気を使って
3. 紫外線だけでなく、近赤外線やブルーライトにも注意
4. 過去を振り返らずにいろいろなことにチャレンジしたい

39歳でフルマラソンにトライしたのをきっかけに、現在はトレイルランニング(以下、トレイルラン)のインストラクターとして活躍している植木香さん。意外にも、30代の頃はカラダの不調が続いていたそうです。今では毎日、日の光を浴びながら活動する中で、生き生きと過ごす秘訣は何なのでしょう。健康法や美容法についてもお伺いしました!

監修者プロフィール

植木香(うえき かおり)

TRACK TOKYOランニングクラブのインストラクター。インストラクター歴6年。2児の母であり、家事・育児と仕事をこなしながら、自身もフルマラソンやトレイルランニングレースにも出場。料理好きなところも活かして、おいしい山ごはん教室も開催。現在はUTMB(フランスで開催されるトレイルランの大会)出場を目指してトレーニング中。

主婦からアスリートになり、体調も劇的に改善

20代に結婚、出産を経験した植木さんは、ずっとカラダの不調を感じていたそうです。風邪などもひきやすく1~2ヶ月に1度は病院に行くほど。40代を前にカラダへの危機感を感じ、ジムでのランニングをはじめたそうです。そこから飛躍したきっかけは、東京マラソンに当選したことでした。

「友人から『40歳を迎える記念に』と誘いを受けて5~6人でエントリーしたのですが、私だけが当選して、運命的なものと同時に、大きなチャンスをもらったと思いました」

東京マラソンの後も、ウェイトトレーニングやランニングを継続。走力が上がり、次のマラソンにもチャレンジしながら、タイムの更新が楽しくなっていったそう。

その後、自然の山間部を走るトレイルランに出会い、講習会からスタートして生徒に、そして、スカウトされてインストラクターとしてはたらくようになります。もともと運動が得意だったと思いきや、「走るのも得意じゃないし、体育はだいたい3でした」というから驚きです。少しずつ楽しみながら続けることで、ステップアップしていったのですね。

現在は毎日屋外で活動。睡眠や入浴、朝ごはんに気を使って

記事画像

現在は、毎日のように屋外で活動し、週に3回は山へ入っているそう。体調管理に気を抜けない仕事です。

「走りはじめて、体調はとてもよくなりました。35度台だった体温が、現在は36度台に。風邪もひかなくなりましたね。特に気を付けているのは食事と睡眠。必ず7~8時間、多い時には10時間くらい寝ることもあります。『お母さん』なので、家族の中で一番健康で笑っていたいなと思って」

食事は、どんなことを大切にしているのでしょう。

「朝の食事が大事です。起きてすぐ白湯を飲んだ後に甘酒を飲むと、内臓が起きてきて食欲が出てきます。朝ごはんはパンではなく、必ずお米。お米は基礎代謝が上がり、腹持ちもいいんですね。朝ごはんをパンにすると、私の場合は活動中に体温が下がって寒くなってしまうんです。お昼ご飯も、定食などを選んでお米を食べるようにしています」

代謝をよくするのが大事なのですね。ほかに、健康法はあるのでしょうか。

「お風呂は長く入りすぎると疲れるので、10分入って5分出て、また10分入る…と長風呂しないようにしています。入浴剤はいくつか使い分けていて、本当に疲れた時には値段の高い炭酸風呂にしています。汗をたくさんかきますし、出てからもカラダが温かいんです」

毎日のルーティーンが、カラダ作りに大切なのですね。

紫外線だけでなく、近赤外線やブルーライトにも注意

植木さんが毎日浴びている太陽の光。その熱エネルギーは、紫外線以外が10%、目に見える光と近赤外線が90%を占めています。

記事画像

目に見える光に含まれるブルーライトや近赤外線は紫外線よりも波長が長く、ダメージが肌の深部まで到達し、シワやたるみの原因になることが明らかになってきました。

植木さんのような内側からのケアに加え、日焼け止めクリームなどで紫外線や近赤外線、ブルーライトをブロックするのが有効です。

サンスターのエクイタンス光プロテクションなら、高い紫外線ブロック効果に加え、近赤外線を効果的にブロックする「光プロテクトシールド」を配合。化粧下地としても使えます。

睡眠や食事などでカラダを整えつつ、外側からも太陽光をブロックして、健やかなお肌を保ちたいですね。

過去を振り返らずにいろいろなことにチャレンジしたい

記事画像

「これからの人生で今が一番若い」と、年齢をポジティブに考えている植木さん。楽しむことに前向きなので、過去は振り返らないといいます。

「笑いジワが増えたな~とか、老化を感じることはあります。でも、若い頃に思い描いていた40代と全然違って、心もカラダも健康だし、年を重ねるのは楽しい。子どもが成長してしまうのを寂しいという方もいますが、その分自分の時間が増えるのだから、やりたいことにたくさんチャレンジできると楽しみです」

出場したいレースもあり、ランニングや山、食に関わる勉強や資格取得もしたい…。新しい世界をどんどん広げている植木さんは、その好奇心や活力が美しさの秘訣なのかもしれません。

取材・記事 栃尾江美
写真提供 植木香さん

記事提供:クラブサンスター

クラブサンスターは、株式会社サンスターが運営するお口とカラダの健康に関する情報サイトです。

【あわせて読みたい】※外部サイトに遷移します

新登場!ガム・ウェルプラスデンタルブラシの注目すべき3つのポイント【GUMブランド担当者に聞いてみた】

整理収納コンサルタントの森山尚美さんに聞いた、冬物をしまう前にやるべきおしゃれ着洗いのコツ

【動画で解説】歯周病予防・対策のための歯のみがき方

提供元:主婦からトレイルランのアスリートに!毎日屋外に出る生活での健康法と肌ケアとは?|クラブサンスター

おすすめコンテンツ

関連記事

【見た目年齢に影響!】美しい髪をつくる食材とは?

【見た目年齢に影響!】美しい髪をつくる食材とは?

【またマスク荒れ…】肌トラブル対策で心がけたい食生活とは?

【またマスク荒れ…】肌トラブル対策で心がけたい食生活とは?

<自分らしく輝く女性>第1回 マインドフルネス瞑想講師・金田絵美さん

<自分らしく輝く女性>第1回 マインドフルネス瞑想講師・金田絵美さん

ぺたんこ原因は霧の重さ?!“大人のふんわりボリューム”をキープする秘訣とは

ぺたんこ原因は霧の重さ?!“大人のふんわりボリューム”をキープする秘訣とは

戻る