メニュー閉じる

リンククロス シル

リンククロス シルロゴ

2021.11.27

転びやすい人は、足ではなく「体幹」を鍛えて。体幹強化のショルダータッチ


記事画像

Twitterに載せているエクササイズ動画が人気のコンディショニングトレーナー・りこさん。解剖学&運動学を熟知した彼女が、今週は体幹を強化する「ショルダータッチ」を紹介します。

体幹を強化するショルダータッチ

(1)床に手をつき、腕立て伏せの姿勢になります。足は肩幅に開いてもOK。

(2)体幹を安定させ、左手を右の肩にタッチ。元に戻り、反対も同様にタッチ。この動きをリズミカルに繰り返します。

バランスを取ろうとしておしりが浮かないように、体がまっすぐになるように意識。体がねじれないように気をつけながら、20回を目標にがんばってみましょう。

よく「体幹を鍛えよう」と言われますが、あまりピンときませんよね。体幹とは頭と体の四肢(両手足)以外の部分。もっと深く言えば、内臓のある部分を囲む筋肉のことを指します。

どんなに手足の筋肉を鍛えていても、体幹が弱いと転びやすくなったり、スポーツのパフォーマンスが上がらなかったり、猫背になったりとさまざま弊害が出やすくなります。

体幹を鍛えると身のこなしも美しくなるので、日ごろから意識して鍛えておきましょう。

トレーナー/りこ

記事画像

Reebok認定登録トレーナー/LesMILLSインストラクター。大手スポーツクラブでのインストラクター経験を経てフリーのトレーナーに。解剖学や運動学を独学で学び、コンディショニングトレーナーとして活動。「動けるカラダ」をテーマにTwitterではケアトレ動画を中心に発信中。

Twitter ※外部サイトに遷移します

記事提供:ウェブメディア「MYLOHAS」

ヘルスコンシャスな女性たちにむけて、「カラダ・食・マインドを整える」記事を厳選してお届けします。

提供元:転びやすい人は、足ではなく「体幹」を鍛えて。体幹強化のショルダータッチ|MYLOHAS(マイロハス)

おすすめコンテンツ

関連記事

糖尿病の運動にヨガを取り入れよう〜効果・ポーズ・やり方をカンタン紹介〜

糖尿病の運動にヨガを取り入れよう〜効果・ポーズ・やり方をカンタン紹介〜

【デスクワークが多い方、必見!】リフレッシュにはストレッチがオススメ

【デスクワークが多い方、必見!】リフレッシュにはストレッチがオススメ

【健康とスポーツを科学する】肩凝りについて

【健康とスポーツを科学する】肩凝りについて

米Google社員が夢中になる「エクササイズ」の全容|脂肪を燃焼させ、インナーマッスルを鍛える!

米Google社員が夢中になる「エクササイズ」の全容|脂肪を燃焼させ、インナーマッスルを鍛える!

戻る