メニュー閉じる

リンククロス シル

リンククロス シルロゴ

2020.12.21

高齢者の入浴を襲う「ヒートショック」の対策法|浴室での事故は12月と1月に多く発生している


入浴時の急死者数は交通事故死を上回っている(写真:freeangle/ PIXTA)

入浴時の急死者数は交通事故死を上回っている(写真:freeangle/ PIXTA)

本格的な冬の訪れで気を付けたいのが、高齢者の入浴中の事故だ。消費者庁は、冬に多発する高齢者の入浴中の事故について、注意を呼びかけている。

高齢者の「不慮の溺死及び溺水」による死亡者数は、年間に7000人程度発生している。「不慮の溺死及び溺水」のうち、家や居住施設の浴槽での死亡者数、つまり入浴中の急死者数が7割を占めており、2011年(平成23年)以降、交通事故による死亡者数を上回っている(下図参照)。(外部配信先ではグラフや図表を全部閲覧できない場合があります。その際は東洋経済オンライン内でお読みください)。

出典:消費者庁の注意喚起のリリースより転載

出典:消費者庁の注意喚起のリリースより転載

拡大画像はこちら ※外部サイトに遷移します

発生月がわかっている高齢者の入浴中の急死者数を見ると、11月から4月が多い(下図参照)。12月と1月が最も多い時期なので、特に注意が必要だ。

出典:消費者庁の注意喚起のリリースより転載

出典:消費者庁の注意喚起のリリースより転載

拡大画像はこちら ※外部サイトに遷移します

高齢者の入浴事故を予防するために、消費者庁では、次の6点を呼びかけている。

(1)入浴前に脱衣室や浴室を暖めましょう。
(2)湯温は41度以下、湯につかる時間は10分までを目安にしましょう。
(3)浴槽から急に立ち上がらないようにしましょう。
(4)食後すぐの入浴、またアルコールが抜けていない状態の入浴は控えましょう。
(5)精神安定剤、睡眠薬などの服用後の入浴は危険ですので注意しましょう。
(6)入浴する前に同居者に一声かけて、見回ってもらいましょう。

主な原因はヒートショック、同居家族の見守りも

入浴中の事故死が気温の低い冬場に急増する主な原因は「ヒートショック」だ。ヒートショックとは、温度の急激な変化が身体に与えるショックのこと。急激な寒暖差で血圧が乱高下することによって、脳出血や失神などの症状が発症しやすくなるといわれている。

特に冬の入浴時には、暖房をしていない脱衣室や浴室は室温が低く、そこで衣服を脱いで全身を露出すると、急速に体表面から体温が奪われて血管が収縮し、血圧が急激に上がる。温かい湯船につかると今度は血管が拡張して、急上昇した血圧が一気に下がり、失神を起こして浴槽で溺れて亡くなるということが起こる。

なかでも高齢者は、血圧の変動が大きくなる一方で、寒さを感じにくい傾向があり、入浴前に浴室や脱衣室を暖めることが推奨されるという。

高齢者と同居している家族は、浴室や脱衣室の室温が寒くないか確認したり、入浴時間が長いと感じたら声をかけたりなど、手助けをすることをおススメする。日本気象協会の「ヒートショック予報」をチェックして、注意を促すというのも1つの方法だ。

他方、東京ガス都市生活研究所 の「都市生活レポート」によると、高齢者の住まいの7割が持ち家一戸建てで、そのうち半分(平成25年住宅・土地統計調査)が1980年以前に建築された、断熱性の現行基準を満たさない住宅だという。

住宅の断熱性は、浴室と脱衣室の室温にも影響する。断熱性が低いほど、浴室や脱衣室が外の気温の影響を受けて、室温が低くなると考えられる。都市生活研究所の調査では、築年数が経過している住宅ほど、浴室や脱衣室を寒いと感じている人が多い。加えて、築年数が経過している住宅ほど、浴室に暖房器具が設置されていない場合が多い(下図参照)。

出典:東京ガス都市生活研究所「都市生活レポート “暖かい”入浴のすすめ」より転載

出典:東京ガス都市生活研究所「都市生活レポート “暖かい”入浴のすすめ」より転載

拡大画像はこちら ※外部サイトに遷移します

東京ガス都市生活研究所の調査では、浴室の室温が低いと浴槽の湯の温度を高くする傾向があるという。浴室の室温と湯温の温度差が大きいほど、ヒートショックのリスクは高まる。やはり住まいの断熱性の向上は、入浴中の事故予防の根本的な解決策となるだろう。

家全体の断熱リフォームをすることが最も効果的だが、予算的に難しいという場合は、浴室に暖房設備を設置するなど、支払える予算で可能なリフォームは何があるか検討してほしい。

断熱リフォームには、減税や補助金の優遇制度が利用できる場合がある。あらかじめ利用できる制度がないかを調べておくのがよいだろう。

まだまだある、危険な高齢者の冬の事故

高齢者にとって冬に危険なことは、入浴中だけではない。
消費者庁では、3大事故として、次の3つを挙げている。

・転倒や転落

・誤嚥等の不慮の窒息

・不慮の溺死や溺水

家庭内の転倒や転落の予防は、住まいの段差などをなくしてバリアフリーにすることが基本だ。しかし、冬は、こたつやホットカーペットを出す高齢者も多い。電源コードに足をかけたり、端の部分につまずいたりすることも多いので、注意が必要だ。

また、正月になると餅を食べる機会が増える。餅をのどに詰まらせる窒息事故も多くなるので、餅を小さく切って調理したり、食べるときには先に汁物を飲むように勧めたりして、正月を楽しく過ごすようにしたいものだ。

記事画像

【あわせて読みたい】※外部サイトに遷移します

「14時頃に眠くなる人」が知らない睡魔の正体

若いのに"老人歩き"する人が全身不調になる訳

「代謝が悪い人」がやっている残念すぎる習慣

提供元:高齢者の入浴を襲う「ヒートショック」の対策法|東洋経済オンライン

おすすめコンテンツ

関連記事

「白髪予防」にワカメを食べる人が知らない真実|なりやすい人「遺伝、ベジタリアン、飲酒、喫煙」

「白髪予防」にワカメを食べる人が知らない真実|なりやすい人「遺伝、ベジタリアン、飲酒、喫煙」

「花粉で鼻がつまる人」がコロナにやられる訳|「鼻うがい」と「足あたため」の意外な効果

「花粉で鼻がつまる人」がコロナにやられる訳|「鼻うがい」と「足あたため」の意外な効果

目の疲れ「1時間に1回3分の休息」で劇的に変わる|スマホを見続ける人が知らない「目」への大影響

目の疲れ「1時間に1回3分の休息」で劇的に変わる|スマホを見続ける人が知らない「目」への大影響

「腰痛になりやすい人」がやりがちな"マズい習慣"|習慣を変えれば、今日から腰がラクになる

「腰痛になりやすい人」がやりがちな"マズい習慣"|習慣を変えれば、今日から腰がラクになる

戻る