メニュー閉じる

リンククロス シル

リンククロス シルロゴ

2021.11.25

デスクワークでかたまった内転筋は「筋膜リリース」で痛みや可動域のケアを


記事画像

Twitterに載せているエクササイズ動画が人気のコンディショニングトレーナー・りこさん。解剖学&運動学を熟知した彼女が、今週は「内転筋群」の筋膜リリースを紹介します。

フォームローラーやストレッチポールを買ったはいいけど使いこなせていないという方は、まずこちらを試してみませんか?

内転筋群リリース

(1)床にうつ伏せになり、左ひざを90度に曲げます。

(2)ローラーをあてて左右に転がします。 反対側の脚も同様におこなってください。

デスクワークなどで座ることが多く、骨盤が後傾気味の人は「内転筋」がかたくなっている可能性があります。

筋膜をリリースすることで、かたまっていた筋膜がゆるんで血流がよくなり、凝りや痛みの軽減や関節の可動域が広がるなどのメリットがあります。かたいなと感じたら、多めに転がしてみてくださいね。

内転筋は股関節とつながっており、骨盤を安定させる縁の下の力持ち。意識してケアしましょう。

「動画で簡単! Twitterバズトレ」をもっと読む ※外部サイトに遷移します

バランス系エクササイズで体幹と腹筋を強化。体がぐらぐらしないように注意して ※外部サイトに遷移します

猫背の人がたるみやすい上腕三頭筋。夏までに引き締めたい二の腕トレーニング ※外部サイトに遷移します

トレーナー/りこ

記事画像

Reebok認定登録トレーナー/LesMILLSインストラクター。大手スポーツクラブでのインストラクター経験を経てフリーのトレーナーに。解剖学や運動学を独学で学び、コンディショニングトレーナーとして活動。「動けるカラダ」をテーマにTwitterではケアトレ動画を中心に発信中。

Twitter ※外部サイトに遷移します

記事提供:ウェブメディア「MYLOHAS」

記事画像

ヘルスコンシャスな女性たちにむけて、「カラダ・食・マインドを整える」記事を厳選してお届けします。

【あわせて読みたい】※外部サイトに遷移します

あまり使わない内ももの「内転筋」を鍛えて、スラリとした脚を目指す

どうにもならない肩こりは「菱形筋」をほぐしてみて。頭痛も解消されるかも

心理的要素を利用して食欲をコントロール。簡単にできる3つのこと

提供元:デスクワークでかたまった内転筋は「筋膜リリース」で痛みや可動域のケアを|MYLOHAS(マイロハス)

おすすめコンテンツ

関連記事

正月太りのぽっこりお腹撃退!簡単エクササイズ|キツい運動せず、キレイに解消するコツを紹介

正月太りのぽっこりお腹撃退!簡単エクササイズ|キツい運動せず、キレイに解消するコツを紹介

【姿勢美人を目指そう!】健康的な体づくりに欠かせない「正しい立ち方」

【姿勢美人を目指そう!】健康的な体づくりに欠かせない「正しい立ち方」

垂れ尻を食い止め、桃尻をつくるトレーニング。プリっとしたお尻に!

垂れ尻を食い止め、桃尻をつくるトレーニング。プリっとしたお尻に!

10分でOK!家でもできる生活習慣病対策

10分でOK!家でもできる生活習慣病対策

戻る