メニュー閉じる

リンククロス シル

リンククロス シルロゴ

2021.04.28

「肌の五月病」って知ってる?肌トラブルを防ぐスキンケアのポイントとは


記事画像

目次

1. 環境の変化によるストレス
2. 5月は皮脂の分泌が一気に増加する季節
3. 5月に急激に強くなる太陽光
4. 5月から使いたい日焼け止め

なんとなく体調や気分が優れなくなる「五月病」。実は肌もこの時季、敏感に傾いたり吹き出物ができるなど、調子を崩しがちです。その理由とケア法を皮膚科医の三宅真紀先生に聞きました。

取材先プロフィール

三宅真紀(みやけ まき)
表参道美容皮膚科 原宿本院 副院長。日本抗加齢医学会専門医。丁寧できめ細やかなカウンセリングとレーザー治療の高い技術に定評がある。美容やスキンケア全般に豊富な知識をもち、テレビや雑誌などにも多数出演。

https://omotesando.info/ ※外部サイトに遷移します

環境の変化によるストレス

なんとなく肌の不調を感じてしまう5月。「肌の五月病」という言葉もあるようです。

「4月は、心身ともにストレスがかかり、疲れやすい季節。その影響は時間差で、5月の肌に出ることが多いのです」と三宅先生。

ストレスがかかると自律神経のバランスが崩れ、血行が悪くなったり、肌のターンオーバー(生まれ変わり)が乱れがちになります。

「肌荒れを感じたら基本に立ち返り、いつも以上に「バランスの良い食事」、「質の良い睡眠」、「規則正しい生活」を心がけましょう。肌のターンオーバー(生まれ変わり)を促すため、刺激の少ない洗顔料でやさしく洗うことも大切です」

記事画像

5月は皮脂の分泌が一気に増加する季節

実際、どういったトラブルが多いのでしょうか。

「クリニックで5月にぐんと増えるのが、吹き出物の相談。乾燥した空気と気温の上昇により、皮脂の分泌量が増え、ニキビの原因菌が繁殖しやすくなるためです」

肌のターンオーバー(生まれ変わり)の乱れなども、吹き出物ができる原因のひとつ。

「肌表面の層(角質層)が厚くなっていることが多いので、毎日のクレンジングや洗顔をしっかりしましょう。洗顔料をよく泡立て、包み込むようにして洗うのがポイントです。また、肌の水分不足は皮脂分泌を過剰にしてしまうので、保湿も大切。さっぱりしたスキンケアアイテムで潤いをプラスしてください」

5月に急激に強くなる太陽光

さらに気を付けたいのが太陽光。この時期はぐんと強くなりますが、まだ真夏じゃないからと油断してうっかり日焼けをしてしまいがち。

「メラニンの過剰生成によってシミやそばかすができてしまったり、肌の奥(真皮層)のコラーゲンがダメージを受けてハリや弾力が低下してしまうなどのリスクがあります」

UVインデックスとは、紫外線が人体に及ぼす影響の度合いをわかりやすく示すために、紫外線の強さを指標化したもの。出典:気象庁 日最大UVインデックス(観測値) 2019つくば

UVインデックスとは、紫外線が人体に及ぼす影響の度合いをわかりやすく示すために、紫外線の強さを指標化したもの。出典:気象庁 日最大UVインデックス(観測値) 2019つくば

太陽光には、シワやたるみを引き起こすUV-A、肌の炎症やシミ・そばかすの原因となるUV-B、シミやくすみの原因となるブルーライト、真皮にダメージを与える近赤外線などが含まれます。

「太陽光を防ぐには曇りの日でも油断せず、しっかりと日焼け止めを塗ること。食事では抗酸化作用の強い、ビタミンA・C・Eを積極的に摂りましょう。肌老化の原因の約8割は、光老化によるものといわれています。5月からの日焼け止めを習慣にして、若く健康な肌を保ちましょう」

5月から使いたい日焼け止め

エクイタンス 光プロテクション 30g 5,000円(税込5,500円)

記事画像

紫外線だけでなく、ブルーライトや近赤外線もカットする高機能日焼け止めクリーム。PM2.5など、環境汚染物質の付着を防ぎ、空気中の汚れからも肌を守る。スーパーヒアルロン酸(※1)、ビルベリー葉エキス、パンクラチウムエキスなどの保湿成分配合で、キメが整った明るい印象に導く。SPF50・PA++++。

※1 アセチルヒアルロン酸Na

取材・記事 古屋美枝
撮影 石原敦志

サンスターの研究力を、あなたの肌に届けてみませんか?

エクイタンスは、厳選した素材と成分、細胞レベルまで追求した技術で生体機能を整え、自分らしく成長し続ける女性の内なる美しさを引き出します。

光プロテクションの購入はこちら ※外部サイトに遷移します

更新日:2020年11月2日

記事提供:クラブサンスター

クラブサンスターは、株式会社サンスターが運営するお口とカラダの健康に関する情報サイトです。

【あわせて読みたい】※外部サイトに遷移します

今後の肌を大きく左右する!?《日焼け止め選びQ&A》

意外と知らない?トクホと機能性表示食品の違いを徹底解説

第6回:夏のべたべた肌。ゴシゴシ拭くのはやりすぎ?

提供元:「肌の五月病」って知ってる?肌トラブルを防ぐスキンケアのポイントとは|クラブサンスター

おすすめコンテンツ

関連記事

美しい肌に欠かせないコラーゲン。生成を助ける3大栄養素を摂ってシワ対策

美しい肌に欠かせないコラーゲン。生成を助ける3大栄養素を摂ってシワ対策

【3COINS(スリーコインズ)スタッフおすすめ】メイクブラシなど話題の最新コスメ・美容グッズ3選

【3COINS(スリーコインズ)スタッフおすすめ】メイクブラシなど話題の最新コスメ・美容グッズ3選

ドライヤー「高ければいい」と信じる人の落とし穴|「家庭用ドライヤー」選ぶときの最重要ポイント

ドライヤー「高ければいい」と信じる人の落とし穴|「家庭用ドライヤー」選ぶときの最重要ポイント

【内側のケアから!】紫外線にも負けない食事作りとは?

【内側のケアから!】紫外線にも負けない食事作りとは?

戻る