メニュー閉じる

リンククロス シル

リンククロス シルロゴ

2020.09.10

認知機能の健康を認識・把握する大きな第一歩となるアプリ「ニューロトラック 脳ケア」


「ニューロトラック 脳ケア」は、科学的な観点で認知機能低下の早期発見から改善までをトータルで支援するアプリです。
このアプリを利用していただくことで、認知機能の健康維持をサポートいたします。

Neurotrack Technologies, Inc.(ニューロトラック社)の今までの歩みと現在の取組み

2012 年に CEO のエリー・キャプランおよびスチュアート・ゾラ博士、エリザベス・バッファロー博士、セシリア・マンサナレス博士をはじめとする一線級の脳神経科学者と研究者が共同で米国シリコンバレーにNeurotrack Technologies, Inc.を設立しました。

スマートフォンを使った5分ほどのテストで、認知機能の状態を確認できるアプリケーションを開発しており、2020年1月よりSOMPOひまわり生命保険と共同でスマートフォンアプリ「ニューロトラック 脳ケア」を提供しています。現在(※)はSOMPOひまわり生命保険のご契約者の方は無料でアプリの利用が可能です。※2020年9月時点。

記事画像

共同創業者兼CEOのエリー・キャプランは2012 年にNeurotrack Technologies, Inc.を立ち上げるまで、ホワイトハウス、国務省、財務省やゴールドマンサックス等でキャリアを積んできました。Neurotrack Technologies, Inc.を起業したきっかけは、エリーの父方、母方の祖父母がアルツハイマー病で亡くなったことでした。2人の祖父母との別れを経験し、認知症の問題に臨む決意をしました。そこから研究や開発を続け、2020年に科学的な観点で早期発見から改善までをトータルで支援するアプリ「ニューロトラック 脳ケア」をリリースしました。

現在の認知症治療・予防を取り巻く環境

日本では2012年時点で65歳以上の認知症患者数は約460万人(7人に1人)、2025年には700万人(5人に1人)になると見込まれています。(※1)

また、認知症の原因疾患を根本的に治療する薬はまだ開発されていない状況です。一方で近年、脳の健康科学の研究が進んでおり、MCI(軽度認知障害)段階などでの早期発見による適切な対応をすることで進行予防や回復することが分かってきています。

認知機能は加齢とともに徐々に低下していきますが、認知機能の低下するスピードが加速する前の段階で、自身の認知機能を知り適切な対策を行うことが重要です。

FINGER研究(※2)によると脳の健康維持には、生活習慣の改善が役立つことが明らかになっており、認知機能を維持することができます。

(※1)出典:内閣府 平成28年版高齢社会白書 3 高齢者の健康・福祉

https://www8.cao.go.jp/kourei/whitepaper/w-2016/html/gaiyou/s1_2_3.html ※外部サイトに遷移します

(※2)FINGER研究…2009-2011年にフィンランドで行われた「高齢者の生活習慣への介入による、認知機能障害予防の研究

記事画像

出典:MCI早期発見の重要性 ※外部サイトに遷移します

「ニューロトラック 脳ケア」でできること

認知機能テスト、生活習慣テストで自身の状態をチェックしてみましょう

「ニューロトラック 脳ケア」では認知機能テスト、生活習慣テストの2種類のテストを受けることができます。両方のテストを受けることで認知機能に関する総合的なテスト結果が確認できるようになります。

認知機能テストの中に複数のテストがあり、認知機能の各要素を計測しています。画像ペアテストは高度な視線追跡技術を利用し、画面上での眼球運動を追跡するテストになっています。

生活習慣テストは、認知機能に影響する6つの生活習慣である「食生活」「運動」「睡眠」「リラックス」「脳トレ」「交友関係」で構成されており、テスト結果から認知機能を改善するための課題を提案します。

定期的にテストを受けることで認知機能と生活習慣の変化を確認でき、認知機能の改善、維持を実感することができます。

こちらでは画像ペアテストについてご紹介いたします。
テストの所要時間は約10分(※)です。このテストは、ニューロトラック独自のアイトラッキングを使い、「認識記憶力」と「連想記憶力」を測定し、現在の状態を把握できます。※2020年9月時点のものです。
「認識記憶」とは以前に会ったことのある人の顔や訪れたことのある場所などを記憶する能力のことで、「連想記憶」とは情報と情報を結びつけて記憶する能力のことです。
これらは、ある香りを嗅ぐと祖母を思い出したり、香水のブランドを思い出したりする時に使われる能力です。

記事画像

スコアを確認して生活習慣の改善で脳の健康を維持しましょう!

すべての認知機能テストを受けることで、以下のように総得点および各要素の得点が表示され、認知機能の基準値が確認できます。

記事画像

生活習慣テストも同様に各要素の得点と各要素の得点が表示されます。

記事画像

さらに「ニューロトラック 脳ケア」では認知機能テスト、生活習慣テストの結果を元にニューロトラック 脳ケアプログラムに取り組むことで脳の健康維持をサポートします。

認知機能低下の予防に効果のある生活習慣(運動、食事、脳トレ、睡眠、ストレス管理)をチェックし、その結果に基づいた改善すべき生活習慣の課題を提案しています。

すべての生活習慣テストを受けると、2種類のおすすめ課題が表示されます。
改善したい生活習慣の課題を利用者が選択するとその領域に関する生活習慣のアドバイスが毎日表示されます。

まとめ

認知機能に関して、普段から意識している方は少ないと思います。ただし、認知症になってからでは手遅れになってしまいます。できるだけ早いうちにご自身の状況を把握し、今できることから始めてみてはいかがでしょうか?

「ニューロトラック 脳ケア」はスマートフォンがあれば手軽に始められます。以下のウェブサイトから登録が可能です。ご興味がある方はチェックしてみてください。

「ニューロトラック 脳ケア」の登録はこちら

記事画像

「ニューロトラック 脳ケア」 ※外部サイトに遷移します

※掲載している画面のデザインや仕様が変更になる場合もございます。そのため掲載のデザインや操作方法等が一部変更になる場合がございますのであらかじめご了承ください。

記事監修:Neurotrack Technologies,Inc.

HP:https://neurotrack.com/jp/home ※外部サイトに遷移します

おすすめコンテンツ

関連記事

ウィル・スミス問題「脱毛症」当事者はどう見たか|薬の副作用だけでなくさまざまな原因で発症

ウィル・スミス問題「脱毛症」当事者はどう見たか|薬の副作用だけでなくさまざまな原因で発症

「高血圧に気づいていない人」が知らない真実|「生活習慣の改善」とは何をすればいいのか

「高血圧に気づいていない人」が知らない真実|「生活習慣の改善」とは何をすればいいのか

がん患者1700人治療医師がYouTubeで語る真実|「標準治療」にまつわる誤解はなぜ多いのか

がん患者1700人治療医師がYouTubeで語る真実|「標準治療」にまつわる誤解はなぜ多いのか

糖尿病でも舐められる飴はある?〜どうしても食べたい時のおすすめも紹介〜

糖尿病でも舐められる飴はある?〜どうしても食べたい時のおすすめも紹介〜

戻る