メニュー閉じる

リンククロス シル

リンククロス シルロゴ

2022.02.16

コロナ禍「メンタル弱り気味」その予想外な理由|不調を感じるのはネガティブだからではない


コロナ禍でメンタルが弱り気味という人は少なくないでしょう。が、それは「ネガティブな性格なせい」では必ずしもありません(写真:jessie/PIXTA)

コロナ禍でメンタルが弱り気味という人は少なくないでしょう。が、それは「ネガティブな性格なせい」では必ずしもありません(写真:jessie/PIXTA)

コロナうつが増えていると言われて久しい昨今、先が見えない状況下で私たちはどのように自分のメンタルケアをしていけばいいのでしょうか? 『しんどい心によく効く1日1分みぞおちもみ』の著者で人気整体師の永井峻さんは「カギは呼吸にある」と言います。本記事では同書籍の中から、浅い呼吸の人が増えている背景と自分でできるケアをご紹介します。

『しんどい心によく効く1日1分みぞおちもみ』 クリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします

メンタル不調は性格のせいではない

長引くコロナ禍でメンタルの不調を訴える人が増えています。ですがそれを自分の性格のせいだと考えてしまう人が、たくさんいます。あなたは、どうでしょうか? たとえば、メンタルが落ち込んだり、気力がわかなかったりするときに「これは私のクヨクヨする性格のせいだ」「もっとポジティブにならなければ」「細かいことなんて気にしちゃダメだ」と自分を責めていないでしょうか?

これは本当によくある勘違いです。 

実際に、心の不調を抱えた人たちの中には、ポジティブな傾向の人もネガティブな傾向の人もいらっしゃいます。細かいことを気にするタイプもいれば、その逆だっています。ただ共通しているのは、体が一定以上に弱っているために、ポジティブな発想や行動を選びにくい状態になっていた、という点です。 

何より、心の不調を克服した人たちに何千例と立ち会ってきましたが、みなさん、別に性格が変わったわけではありません。

変わったのは性格ではなく、体調です。体調の改善によって、体力や気力が回復したのです。つまり「バッテリーを充電したような状態」になるので、自然にやる気や行動力といったエネルギーが戻ってくるのです。さて、それでは、心の調子をいちばん左右する体調とは、何でしょうか? それは呼吸です。

職場の待遇に大きな不満はなく、上司や同僚の中には苦手な人もいるにはいるけれど、悩むほどではない。それなのに、漠然とした不安にモヤモヤしたり、なかなか眠れずに疲れが抜けなかったり、起き上がるのもつらいほどやる気が出なかったりする。この症状は、自律神経失調症とか、うつかもしれない、どうしたらいいかわからない……。そういった悩みを抱える人が驚くほど多くなっていました。

そういったお客さんを診ていくうちにある共通点に気づきました。それは「呼吸が浅い」ということです。なんと心の不調を抱える人の9割以上が、浅い呼吸のクセを持っていたのです。「気力が出ない」のも当然、要は、体の中で働くべき「空気の力」……つまり酸素が足りなかったのです。

では、どうして「酸素が足りない」という状況になっているのでしょうか。原因は大きく2つあります。

1つめは生活習慣。そのなかでも代表的なのが、「座っている時間が長すぎること」と「運動不足」です。長時間座っていると、頭がうつむき、猫背の姿勢になりがちです。猫背でいると胸もつぶされて狭くなるため、大きく息を吸えない体勢になり、呼吸が浅くなってしまうのです。

2つめがマスクです。呼吸が制限される息苦しさは、心身に無視できない負担を強いています。最も深刻なのは、着用時だけではなく「浅い呼吸がクセになる」という点です。

マスクをしていると口元で物理的に「空気の入り口」がブロックされてしまうため、呼吸はどうしても小さなものになります。それを日常的にくり返すせいで、肺や呼吸の筋肉まで固まってしまいます。自宅でマスクをはずしているときでさえ、無意識に呼吸が浅くなるのです。それは「どこにいても息苦しい」生活です。こんなに大きなストレスはありません。

マスク生活が定着してから急増している「症状」

ちなみに、マスク生活が定着した頃から、目立って急増した症状があります。

記事画像

『しんどい心によく効く1日1分みぞおちもみ』(大和書房) クリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします

それは、無気力感、うつっぽさ、頭痛、ふらつき、めまい、猫背、首肩のこり、慢性疲労、不安感、動悸・息切れ、不眠といったものです。おそらくあなたの周りにも、こういった症状が「出始めた」人が少なくないでしょう。

実は、これらすべての症状が、浅い呼吸によって発症しうるものなのです。簡単に言ってしまえば、隠れ酸欠のために心身が疲れやすく、血液がドロドロに重くなり、心肺機能が落ちていて、自律神経まで弱っている状態です。

では、マスク生活が終わるまでずっと、こんな悩みと付き合うしかないのでしょうか? いえ、そんなことはありませんので、ご安心ください。呼吸系を助ける筋肉たちをこまめにケアしていけば、マスクに負けない呼吸の力を取り戻すことができます。

記事画像

【あわせて読みたい】※外部サイトに遷移します

「夜の過ごし方が下手な人」が誘惑に打ち勝つ方法

体が不調な人に伝えたい「内臓を整える」重要性

「姿勢が悪い人」が知らない呼吸という根本問題

提供元:コロナ禍「メンタル弱り気味」その予想外な理由|東洋経済オンライン

おすすめコンテンツ

関連記事

統合失調症×うつの夫婦が漫画で描く人生の希望|生きづらさを抱えた2人がどう出会い、結婚したか

統合失調症×うつの夫婦が漫画で描く人生の希望|生きづらさを抱えた2人がどう出会い、結婚したか

メンタル不調な人の「病院選び」間違いのない鉄則|まずは近い所から、口コミや評判はアテにならない

メンタル不調な人の「病院選び」間違いのない鉄則|まずは近い所から、口コミや評判はアテにならない

「生活に支障出るほど感情移入」ふかわさんの苦悩|年を重ねるほど周囲の顔色に敏感になっていく

「生活に支障出るほど感情移入」ふかわさんの苦悩|年を重ねるほど周囲の顔色に敏感になっていく

現代病「自分の本音がわからない」のすごい解決策|自分らしい人生を見つけるための26の方法

現代病「自分の本音がわからない」のすごい解決策|自分らしい人生を見つけるための26の方法

戻る