メニュー閉じる

リンククロス シル

リンククロス シルロゴ

2022.01.27

身近な人への「察して欲しい」は相手への暴力だ|「ちょっとぐらい手伝ってほしい」は言葉足らず


相手のことを配慮しつつ、自分の意思を伝えるコツをご紹介します(写真:KazuA/PIXTA)

相手のことを配慮しつつ、自分の意思を伝えるコツをご紹介します(写真:KazuA/PIXTA)

こんにちは。生きやすい人間関係を創る「メンタルアップマネージャ®」の大野萌子です。

記事画像

この連載の記事一覧はこちら ※外部サイトに遷移します

忖度(そんたく)という言葉が、頻繁に使われた時期もあり、日本では、「多くを言わず、慮るのが美徳」とされる文化があります。

しかし、いくら配慮しても相手の本心が正確にわかるということは残念ながらほぼありません。それゆえに、勘違いやすれ違いが起こり、人間関係がギクシャクする原因になります。だからといって、何でもかんでも言葉に出していうのも角が立ちます。今回は、相手のことを配慮しつつ、自分の意思を相手に伝えるコツをお伝えします。

まずは自分がどうしたいのかを自覚する

まずは、自分の意思を自覚することです。私たちは、自分の気持ちを把握できているようでいて、実は、自分のことをよくわかっていないことのほうが多いのです。それは、自分以外の人を優先する教育を受けてきたことも影響しています。

「人に迷惑をかけてはいけない」「わがままになってはダメ」という思いが根本にあり、自分がどうしたいかよりも、他人からどう見られているかということに気持ちが向きがちです。それゆえに、自分はこの場所でどのようにふるまうべきかが優先され、自分の本当の気持ちを自分で押し込めたり、ないがしろにしたり、見ないようにしてしまうのです。

それを繰り返しているうちに、自分の気持ちがつかみづらくなります。
ですから、まず自分がどう感じ、どうしたいのかを自覚することが必要なのです。

というのも、当たり前ですが、自分の中で明確でないことは伝えられないからです。その中でも、難しいのは「怒り」です。感情の中で、「怒り」はほかのものと違い、2次感情です。どういうことかというと、怒りには、必ず、もとになる1次感情が存在するのです。

例えば、連絡がなく帰宅が遅い子どものことを「心配」するという気持ちから、帰宅した瞬間に「こんな時間まで何してたの!」と怒鳴りつけて「怒り」をぶつけてしまう。また、信じていた人に裏切られて「悲しい」という気持ちが、相手を責めるという「怒り」としてあらわれるといったこともあります。単純に「怒り」をぶつけても、相手は受け取りづらく、真意も伝わりづらいです。ですから、1次感情に目を向け、自らがそれを認識したうえで、相手に伝えることが必要になります。

いずれにせよ、自分の中で把握できていない気持ちを伝えるのは至難の業です。自分が何を相手に伝えたいのかを明確にしましょう。

次に、過度に遠慮しないということです。

「こんなこと言って嫌われないかな」「相手に悪いかな」という気持ちがあると、伝え方が曖昧になります。遠回しな言いかたになったり、回りくどく話すことにもなりがちです。なかなか本題にたどり着かずに、結局何が言いたかったのか相手に伝わらないということも起こりえます。

「ちょっとぐらい手伝ってほしいのだけど」と家族に伝えても、何をどうしていいのかわかりません。「部屋の掃除をしたいから、1時間、子どもを公園に連れていって」「月曜日の燃えるゴミの日には、玄関にゴミをまとめておくから、集積所まで持ってでてね」など、できるだけ具体的に細かく伝えることが大切です。自分が相手に要求すること、どこまで何をしてほしいのかを明確にして率直に伝えましょう。

例えば、「トイレットペーパー買ってきて」と夫に頼んだら、普段買わないような高級なものを買ってきて文句を言ったらケンカになったという話を聞きました。普段使っているものぐらいわからないのかと思うかもしれませんが、人は自分の興味のあること以外は、身近なものでも意外と認識できていないのです。おそらく、気にならない人は、トイレットペーパーがダブルでもシングルでもまったく問題ないのではないでしょうか。ですから、そこまで具体的に伝えることが必要なのです。伝わらなかったと嘆く前に、自分の意向をはっきりと伝えましょう。

伝える内容と「表情や態度」を一致させる

そして、「このぐらい察してくれればいいのに」という気持ちを手放すことです。私は、こんなに頑張っているんだから理解してと相手にゆだね、わかってもらえなかったからといって、怒りをぶつけるのは暴力です。誰にでもわかる表現で具体的に伝えていないにもかかわらず、文句を言うのは筋違いです。

そして、伝える内容と表情や態度を一致させることです。あまり強く言うのもどうかなと遠慮して、笑顔で指摘しても、大したことだと思われません。反対に、無表情でお礼を言ったり、褒めても嫌みに聞こえてしまうこともあるでしょう。視覚情報は、コミュニケーションの中でも優位なので、伝えたい内容とずれがあると、相手は混乱します。

また、感情的になりすぎると、そちらに注意が向いてしまい、本質が伝わらないこともあります。自分でも制御できないほど感情が高ぶっているときは、あえて「伝えない」ことも大切です。

身近な人とは、特に何も言わなくてもわかるだろうという「以心伝心」を理想とされるかもしれませんが、幻想です。自分の意思表示をわかりやすく伝えることはもちろんのこと、身近な人間関係だからこそ、こうだろうと勝手に思い込まずに相手の意見に耳を傾けることで、よりわかり合える関係性を築いていくことができます。自分の意思をはっきりと認識し、ちょっとした手間を惜しまずに、具体的に伝えることで、行き違いのないスムーズな意思疎通を目指してください。

記事画像

【あわせて読みたい】※外部サイトに遷移します

自己肯定感に悩む人を多く生む現在が世知辛い訳

「ミスに厳しい職場ほどミスが多い」のはなぜか

メンタル崩壊から復活した30代男性が語る「教訓」

提供元:身近な人への「察して欲しい」は相手への暴力だ|東洋経済オンライン

おすすめコンテンツ

関連記事

最近「取り残された感」覚える人が注意すべきこと|元通りに戻りゆく生活につらさを感じる人へ

最近「取り残された感」覚える人が注意すべきこと|元通りに戻りゆく生活につらさを感じる人へ

「理不尽に怒る人」がこじらす"残念な感情"の正体|とにかく「同じリングに立たない」が最善の対処

「理不尽に怒る人」がこじらす"残念な感情"の正体|とにかく「同じリングに立たない」が最善の対処

IKKOさん「他人と比較するのは無意味」と考える訳|ほかの誰かの価値観の中で生きていていいの?

IKKOさん「他人と比較するのは無意味」と考える訳|ほかの誰かの価値観の中で生きていていいの?

「人への嫉妬」で自分が燃えそうなときの対処4つ|悶々とした気持ちを切り替えるための救急箱

「人への嫉妬」で自分が燃えそうなときの対処4つ|悶々とした気持ちを切り替えるための救急箱

戻る