メニュー閉じる

リンククロス シル

リンククロス シルロゴ

2022.01.14

「人生100年時代、年齢は操れる」提唱者が語る真意|長く生産的で健康な生活を送る3つの行動戦略


人生100年時代を生きるための新しい行動戦略とは?(デザイン:杉山未記)

人生100年時代を生きるための新しい行動戦略とは?(デザイン:杉山未記)

人が100年を生きるのはもはや珍しくなくなった。人生が長くなると、個人や社会にどんな変化が起きるのか。働き方や学び方はどう変わるのか。その未来像を大胆に、かつ説得力のある内容で提示したのが、『ライフシフト』だ。2016年に刊行された「1」の邦訳は42万部を超すベストセラーとなり、昨年10月に出版された「2」の邦訳もすでに14万部に達している。

21世紀を生きる私たちは、長寿化の進行により、100年ライフを過ごすこととなる。『ライフシフト』では、これまで「教育」「仕事」「引退」というステージを順に送る人生が当たり前だったが、これからは3つのステージが時に入れ替わり、仕事も途中で変わる「マルチステージの人生」が当たり前になると指摘する。

『週刊東洋経済』1月11日発売号は「ライフシフト超入門 100年時代の人生&行動戦略」を特集。マンガや図解、データや実例で、ライフシフトが描く世界と生き方を徹底解説した。

長い人生にどう備えればよいのか。『ライフシフト』の著者であり、世界有数のビジネス思想家でもあるイギリスのロンドン・ビジネススクールのリンダ・グラットン教授は、個人の積極的な行動が重要と説く。

「多くの日本人にとってのよい人生とは、よい大学に進み一流企業に入ることだったが、こうした決まったレールは人生100年時代には当てはまらない。働き方や人生そのものはもっと柔軟になる」と語るグラットン教授のインタビューをお届けする。

「ライフシフト超入門 100年時代の人生&行動戦略」 クリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします

「選択し決断する」という行動や思考が年齢を決める

ライフシフト「1」では、100歳まで生きることがどのような意味を持つのかを描いた。しかし、人々がどのように対応すべきかについて、もっと多くのことを語らなければならないと考えた。

『週刊東洋経済』1月11日発売号の特集は「ライフシフト超入門 100年時代の人生&行動戦略」です。

『週刊東洋経済』1月11日発売号の特集は「ライフシフト超入門 100年時代の人生&行動戦略」です。

週刊東洋経済 2022年1/15号[雑誌](ライフシフト超入門) クリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします

長い人生に備えるために個人がどのような行動を起こすべきか、また個人が長く生産的で健康な生活を送るために各組織がどうすべきかを論じたいと考えた。

著者として今回の「2」で最も伝えたかったことは、人生100年時代を生きるための新しい行動戦略だ。

1つ目は、「1」で示した「マルチステージ」だ。多くのステージを予期し、さらに新しいステージを出現させるというものだ。この考え方は人生の柔軟性について考えるうえで重要だ。

2つ目は、「年齢を自由に操れる」だ。生まれてからという生物的な年齢ではなく、選択し決断するという行動や思考こそが、年齢を決める要因となる。

3つ目は、人々や社会が直面する制度的な課題への対処法だ。その中には、マインドセットや固定観念も含まれる。

例えば、60歳以上の人は働けない、社会で重要な役割を果たせない、新しい技術を習得できない、起業できないといった思い込みだ。

また、高齢者が生産性を維持できるよう再教育の機会を確保すること、長く幸せな人生を送るために人とのつながりを保てるよう支援することも社会の重要な課題だ。

高等教育を受けた多くの日本人にとってこれまでのよい人生とは、よい大学に進み一流企業に入ることだった。だが、このような決まったレールは人生100年時代には当てはまらない。

リンダ・グラットン(Lynda Gratton)/ロンドン・ビジネススクール経営学教授。人材論、組織論の世界的権威で、英タイムズ紙「世界のトップ15ビジネス思想家」などに選出。2018年に安倍晋三政権の「人生100年時代構想会議」のメンバーに任命された。

リンダ・グラットン(Lynda Gratton)/ロンドン・ビジネススクール経営学教授。人材論、組織論の世界的権威で、英タイムズ紙「世界のトップ15ビジネス思想家」などに選出。2018年に安倍晋三政権の「人生100年時代構想会議」のメンバーに任命された。

今回の新型コロナウイルスも、人生や働き方を見直すきっかけとなっている。パンデミック以前、社員は長時間通勤し、職場で何時間も働いてから家に帰るというのが当たり前だった。そのため、新しいことに挑戦したり、健康を維持したり、家族や友人と強い絆を築いたりという時間がほとんどなかった。

しかし、今回のパンデミックで多くの人が自宅で仕事をするようになると、たとえ自宅で仕事をしても社員が生産的になれると一部の経営者は理解した。そのような経営者の間では、より柔軟な働き方を試みる動きも出ている。

こうした企業変革は非常によいニュース。人々がマルチステージの人生を構築し70代まで働くために不可欠な、働き方の柔軟性を生み出すからだ。

自分がどうなりたいかを想像して思考する

また個人がより積極的に動くためには、「ありうる自己像」という考え方を挙げたい。「ありうる自己像」とは、自分がどうなりたいかを想像し、何が可能かについてより創造的かつ実験的になれるよう、新たな人生に思考を巡らすきっかけとなるものだ。

例えば、自分がなりたい姿に近い人たちと一緒に過ごしてみてはどうだろうか。彼らは新しい働き方や生き方のロールモデルとなる人たちだ。

自らの中に、起業家として「ありうる自己像」が存在するかもしれない。その場合、起業家とのネットワークをつくり、彼らがどのように時間を過ごし、どのような動機で行動しているのかを理解することに意味がある。そうすることが、変化に向けたヒントを多くもたらしてくれる。

長生きのための計画を立てることも勧めたい。50代に入ったらすぐに、いや、もっと早くから、どうすれば年を取っても生産的なキャリアを送れるかを考えるべきだ。

そうすれば、ネットワークを広げ、新しいことに挑戦し、80、90代にどのような人生を送りたいかを考え始めるきっかけになる。

『週刊東洋経済』1月15日号(1月11日発売)の特集は「ライフシフト超入門 100年時代の人生&行動戦略」です。 ※外部サイトに遷移します

記事画像

記事画像

【あわせて読みたい】※外部サイトに遷移します

マンガ!「うっかり会社を辞めた」30代の苦悩

「コロナ後の生き方」に鈍感すぎる日本人の大問題

日本人に大災害より確実に「人生大転機」が来る訳

提供元:「人生100年時代、年齢は操れる」提唱者が語る真意|東洋経済オンライン

おすすめコンテンツ

関連記事

日本人は何時間以上元気な活力が維持できると「幸福」を感じる?

日本人は何時間以上元気な活力が維持できると「幸福」を感じる?

インフレ時代到来?「安物買い」を見直すべき理由|貴金属やブランド品の買い取り店も増加?

インフレ時代到来?「安物買い」を見直すべき理由|貴金属やブランド品の買い取り店も増加?

60歳、SAMさんのダンスが今も「キレッキレ」な理由|40代で気付いた体の衰えを乗り越え今も現役

60歳、SAMさんのダンスが今も「キレッキレ」な理由|40代で気付いた体の衰えを乗り越え今も現役

高い買い物ほど「直感で」決めたほうがいい理由|逆に安い買い物は熟慮し買うほうが後悔しない

高い買い物ほど「直感で」決めたほうがいい理由|逆に安い買い物は熟慮し買うほうが後悔しない

戻る