メニュー閉じる

リンククロス シル

リンククロス シルロゴ

2018.04.23

45歳未満は注目、「第2の人生」のお得な始め方|学びながら失業手当がもらえる制度とは?


学びながら、失業手当をもらい続けることのできる制度があります(写真:CORA / PIXTA)

学びながら、失業手当をもらい続けることのできる制度があります(写真:CORA / PIXTA)

転職先が決まらないまま退職する場合、「当面は失業手当を頼りに生活を……」と考える方は多いことでしょう。このとき、学びながらおカネをもらえる制度があるとするなら、ぜひ利用してみたいと思いませんか。

記事画像

この連載の一覧はこちら ※外部サイトに遷移します

意外と知られていない「教育訓練支援給付金」

退職を機に、スキルアップを図るために新たな技術を習得したり、難関な資格を取得してキャリアチェンジをしたいと思われる方はいらっしゃることでしょう。そうしたときに、ぜひ知っているとお得な制度が2つあります。いずれも、学びながら失業手当(正式名称は、雇用保険の「基本手当」といいます)がもらい続けられるというもので、要件を満たす方であれば、トライしてみる価値は大いにあるでしょう。

まずご紹介したいのが「専門実践教育訓練給付金」。これは、2018年1月に改正があり、さらに給付額がアップされました。雇用保険の支給要件期間が3年(初めて教育訓練給付金を受ける場合は2年)以上ある場合などの要件はありますが、受講者が支払った教育訓練経費の50%が6カ月ごとに支給されます。支給上限額は年間40万円(資格取得等をした場合は56万円)です。

専門実践教育訓練給付は、中長期的なキャリア形成を支援し、雇用の安定と再就職の促進を図ることを目的とする、雇用保険の給付制度。訓練期間は原則1~3年以内で、看護師など「業務独占資格」や、介護福祉士や社会福祉士など「名称独占資格」の取得を訓練目標とする講座や専門学校の職業実践専門課程、専門職大学院など厚生労働大臣が指定した多数のコースが取りそろえられています。

ただ給付金制度があるとはいえ、コース受講後に申請をするため、いったんはご自身で費用を負担しなければなりません。働いているときであれば給与がありますが、退職後に受講を開始するならば、学費もあらかじめ準備しておく必要はあるでしょう。

しかし、こうした学費を上回るメリットがあります。自己都合で仕事を辞める場合、勤続10年未満であれば、失業手当がもらえる日数はわずか90日です。ところが、45歳未満の方で、昼間通学制の専門実践教育訓練を受講するなど一定の要件を満たした場合に、受講が終わるまで「教育訓練支援給付金」をもらい続けることができるのです。これは2022年3月末までの時限措置として設けられており、もらえる額は、失業手当の日額の80%に相当する額です(2017年12月31日以前に受講開始した専門実践教育訓練の場合は50%)。

ご自分の失業給手当をもらえる期間は、通常の失業手当をもらい、その後引き続き専門実践教育訓練を受ける場合は、教育訓練支援給付金としてその教育訓練が終了するまでもらうことができます。専門実践教育訓練給付は1年~3年と長期間におよぶので、こうした支援を受けながら学べることは、実にありがたい制度と言えるでしょう。

さらに、専門実践教育訓練の受講を修了した後、あらかじめ定められた資格等を取得し、受講修了日の翌日から1年以内に被保険者として雇用された方またはすでに雇用されている方に対しては、教育訓練経費の20%に相当する額が追加して支給されるのです。

つまり、すでに給付を受けた額と合わせると、70%に相当する額が支給されることになります(訓練期間が3年の場合、最大で168万円)。実際に利用される場合は、細かい受給要件などについて、事前にハローワークでご確認ください。

ハロートレーニングを活用する方法

専門実践教育訓練を受ける以外の方法としては、ハロートレーニングを活用する方法があります。ハロートレーニングとは、職業に必要な知識や技能を習得させる能力向上のための公共職業訓練で、離職した人や在職者を対象としたものなど種類が分かれています。ここでは、失業手当の受給者を対象とする離職者訓練を取り上げます。

受講するためには、ハローワークに求職申し込みをした後、ハロートレーニングを実施する施設が行う面接等の選考に合格し、ハローワークにおいて受講あっせんを受ける必要があります。受講あっせんについては、ハローワークでの職業相談を通じて、訓練を受講することが適職に就くために必要であると認められ、かつ、訓練を受けるために必要な能力等を有するとハローワークが判断した場合となります。必ずしも年齢制限があるわけではありません。

職業訓練の場合、そのほとんどは3カ月から6カ月の短期訓練が中心です。内容は機械、電気、金属加工、建築設備などの現場系の技能習得コースから、事務職に向けたパソコン・IT(WebデザインやCADなど)スキル系、医療・介護福祉系等、多数のコースが取りそろえられています。費用は原則として無料(テキスト代などは自己負担)で、1年以上の訓練になると有料となりますが、年間10~20万円程度です。

職業訓練を受けるメリットとしては、訓練を受けている期間は失業手当をもらえる(期間がまるまる延長される)ということです。さらに、受講手当として職業訓練を受講した日ごとに500円が支給されます(最大40日分)。また、通所手当という名称で、1カ月最大4万2500円まで交通費の支給を受けることができます。ほとんどおカネをかけずに訓練を受講でき、その間の生活保障として失業手当がもらい続けられるというのは魅力と言えるでしょう。

人生100年時代と言われる中で、絶えずその先の一手を考えて、自らスキルアップを図っていくことは、これからますます重要になっていきます。一度身に付けたスキルも、時間が経てば陳腐化してしまうリスクにさらされています。

退職という節目において、こうした制度をフル活用してみるというのも、これからキャリアを構築するうえでひとつの方法といえるかもしれません。

記事画像

【あわせて読みたい】 ※外部サイトに遷移します

最大168万!会社員がもらえる給付金とは?

非正規は「5年働けば正社員化」という大誤解

「働いても幸せになれない日本」に生きる若者

提供元:45歳未満は注目、「第2の人生」のお得な始め方|東洋経済オンライン

おすすめコンテンツ

関連記事

50代転職「年収維持」にこだわらないのが幸せな訳|50代で新しいことを始めても「一流」になれる

50代転職「年収維持」にこだわらないのが幸せな訳|50代で新しいことを始めても「一流」になれる

還元率50%超も!?食品だけじゃない、ふるさと納税の家電返礼品9選

還元率50%超も!?食品だけじゃない、ふるさと納税の家電返礼品9選

動き始めるなら今!2月は引っ越しが安い?より安くする裏技とは

動き始めるなら今!2月は引っ越しが安い?より安くする裏技とは

"お金に心が乱されている"中年男性の残念な思考|あくまでも選択肢の1つ、人生の目的ではない

"お金に心が乱されている"中年男性の残念な思考|あくまでも選択肢の1つ、人生の目的ではない

戻る