メニュー閉じる

リンククロス シル

リンククロス シルロゴ

2022.09.15

休職したのに「うつがよくならない」納得の理由|体も心も「休むこと」に慣れるのに時間がかかる


うつと診断され、休職したにもかかわらず悪化している気さえする。usaoさんが過ごした不安な日々を、解説とあわせて紹介します

うつと診断され、休職したにもかかわらず悪化している気さえする。usaoさんが過ごした不安な日々を、解説とあわせて紹介します

⼩学校教師をしながらSNSにマンガを投稿していたusaoさん。ある⽇、うつと診断され、休職を経て退職することに。しかし、休職をしたにもかかわらず、一向によくなるどころか、むしろ悪化している気さえする。そんな不安な日々について、心療内科医・鈴木裕介先生の解説とあわせてご紹介します(本稿は『今のわたしになるまで〜うつと向き合った1年間の記録』の一部抜粋です)。

『今のわたしになるまで〜うつと向き合った1年間の記録』 クリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします

休んだからといって、すぐによくはならない

記事画像

記事画像

記事画像

休んでいるあいだにすべきこと:心療内科医 鈴木裕介氏より

usaoさんも休職に入ってから、より調子が悪くなったと書かれていましたが、「休むこと」にからだと心が慣れていくまでにも、それなりに時間がかかるものです。とくに、「早くちゃんと回復しなきゃ」という気持ちが強すぎる人ほど、「なかなか治らない自分」を責めてしまい、うつが長引いてしまうことがあります。

お休み中にやるべきことは、「自分のニーズ(要求)を見つけること」だと思います。自分のニーズがわからないと、ずっと他人の要求に応えつづけてしまい、身も心も疲れ果ててしまいます。

だから、同じことを繰り返さないように、ほかの人からの要求がないところで、もう一度自分の中にあるものを見つけ出してあげたいのです。食べたり、ごろ寝したり、遊んだり、そういう動物的な欲求をみつけて、満たしていきます。できれば「誰の役にも立たないこと」のほうがよかったりします。

時にはしっかり休むことが重要

記事画像

『今のわたしになるまで〜うつと向き合った1年間の記録』(大和書房) クリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします

「しんどいなら休むべき」。そういわれても、働く人にとって、休職や退職を選ぶのはハードルが高いことです。しかし、長い人生の中で、時には休むという選択をすることも必要なのかもしれません。

「何もないのに涙が出る」「今まで普通にできていたことができなくなる」「毎日がしんどい」……もしもそう感じることがあったら、自分の心や体が発しているサインに目を向けてみましょう。

記事画像

【あわせて読みたい】※外部サイトに遷移します

自律神経を乱す考え方のクセは引き算で整える

新型コロナの陰で着々と増え続ける「不調」の正体

「ストレスを放置する人」が招く最低最悪の結末

提供元:休職したのに「うつがよくならない」納得の理由|東洋経済オンライン

おすすめコンテンツ

関連記事

統合失調症×うつの夫婦が漫画で描く人生の希望|生きづらさを抱えた2人がどう出会い、結婚したか

統合失調症×うつの夫婦が漫画で描く人生の希望|生きづらさを抱えた2人がどう出会い、結婚したか

メンタル不調な人の「病院選び」間違いのない鉄則|まずは近い所から、口コミや評判はアテにならない

メンタル不調な人の「病院選び」間違いのない鉄則|まずは近い所から、口コミや評判はアテにならない

「生活に支障出るほど感情移入」ふかわさんの苦悩|年を重ねるほど周囲の顔色に敏感になっていく

「生活に支障出るほど感情移入」ふかわさんの苦悩|年を重ねるほど周囲の顔色に敏感になっていく

現代病「自分の本音がわからない」のすごい解決策|自分らしい人生を見つけるための26の方法

現代病「自分の本音がわからない」のすごい解決策|自分らしい人生を見つけるための26の方法

戻る