メニュー閉じる

リンククロス シル

リンククロス シルロゴ

2021.09.15

「医師からの説明」でなぜ患者は不安になるのか|「死亡率10%の手術」と「生存率90%の手術」の差


医師からの説明を聞きながら、副作用などについて不安になったことはありませんか?(写真:【IWJ】Image Works Japan/PIXTA)

医師からの説明を聞きながら、副作用などについて不安になったことはありませんか?(写真:【IWJ】Image Works Japan/PIXTA)

医師からこれから行う治療について説明を受けた際、その説明書や同意書に書かれている治療の副作用が目に留まり、不安になった経験はありませんか?

例えば麻酔薬の使用によるアレルギーなど、数十万人に1人にしか起こらないような、まれな副作用であっても、いざ自身がその治療を受けるとなると自分がその数十万分の1に当てはまるのではないか、と不安になるものです。

「インフォームドコンセント」とは?

このような治療についての説明は、インフォームドコンセントと呼ばれます。和訳は「説明と同意」であり、医師の説明と患者の同意の両方が成立することではじめて意味を持ちます。

記事画像

この連載の一覧はこちら ※外部サイトに遷移します

インフォームドコンセントは近年、医療現場で重要視されるようになっており、その背景としては、医師と患者の関係性の変化が挙げられます。以前はパターナリズム(父権主義)と呼ばれるような、患者はすべて医師の言う通りに従うことが当たり前、という時代でした。しかし現在の医療現場では、これからどのような治療が行われ、その治療は何がリスクなのかを患者側も適切に理解し、疑問点を解消したうえで治療に同意することが、医療の透明性の確保や信頼関係の構築に繋がる、という考え方が主流です。

インフォームドコンセントは、リスクを事前にすべて説明することで訴訟を避けるというような単なる医師の保身ではなく、患者が自分の病状や治療についての「知る権利」を満たし、安心して治療を受けるための大切な方法なのです。

しかし一方で「知る」ことによって、むしろ患者の不安が増すケースがよく見られます。まれな副作用であれば、いっそ知らないほうが余計な心配なく治療を受けられる、という方もいらっしゃいます。安心して治療を受けるために説明を受けているはずなのに、このように不安になってしまうのはなぜなのでしょうか? これは、治療方針や副作用の知識そのものはインフォームドコンセントで得られますが、治療への不安はそれだけでは解消されないからです。

治療の説明を受けるからには「絶対に治るから大丈夫ですよ」と言われて安心感を得たいのに、不安を訴えても安心に足る確定的な返答を医師から貰えない場合もあります。なぜなら、医療行為に絶対はないため、100%トラブルなく病気が治るとはなかなか言えないからです。すると、不安を解消するためにインターネット等で病気の症状や治療方法を検索し、その結果リスクをあおる記事ばかりが目につき、さらに治療への不安が増してしまいます。

ただ患者が安心感・信頼感を得られるような説明や傾聴を行うのは医師の大切な役目のひとつですので、不安があれば納得するまで医師と話してみましょう。ささいな疑問だと思っても、気になったことは遠慮せず、医師に質問してみることが重要です。

そして、不安に思ったらまずはやみくもに検索せず、まずは自分の不安な気持ちと向き合いましょう。ひとりで抱え込まずに、家族や友人に相談するのも効果的です。

「生存率90%の手術」と「死亡率10%の手術」

さらに、自身の気持ちの捉えかたを変えてみるのもひとつの方法です。例えば「生存率90%の手術」と「死亡率10%の手術」があったとき、前者のほうが手術を前向きに受ける気持ちになりませんか? 実際はどちらも同じことを言っているにもかかわらず、このように表現方法を変えるだけで受け取り方がガラリと変わる現象をフレーミング効果といいます。

「まれに起こる副作用」であれば「ほとんど起こらない副作用である」と自分の中で言い換えることで、不安感が軽減されるのではないでしょうか。

また、インフォームドコンセントの中には、治療の内容や起こる可能性のある副作用を医師が淡々と読み上げ、実際の治療方針の決定は「自己決定権」として患者に丸投げするようなものが少なからず存在します。そしてその丸投げとなる選択肢も、医学的知識が必要なため、その場では完全に理解できず、結局、医師に言われるままの選択になりがちです。

ただでさえ病気に対して不安がある中で、複雑で医学的な知識に基づいて重要な決断を迫られるような状況はかなりのストレスです。私も以前に何度かインフォームドコンセントを受けた経験がありますが、ひととおり基本的な医学知識を教科書で学んだ医師という立場であっても、「専門的な部分は知識がないところもたくさんあるし、もう一度家に帰って詳しく勉強してから質問・返事をしたい」と思いました。

説明している医師にとっては何度も話している内容でも、患者にとっては初めて聞くようなことが多く、このギャップを埋めることも重要であると考えます。

結果的にどのような治療方法を選んだとしても、自身が選んだ選択なのだから大丈夫だ、と思えればきっと前向きな気持ちで病気に向き合えるはずです。

そのためにも、医師をはじめとした医療スタッフや、家族・友人とのコミュニケーションを通して少しでも不安な気持ちを解消し、納得したうえで治療を受けていただければと思います。

記事画像

【あわせて読みたい】※外部サイトに遷移します

岩田健太郎「非科学的なコロナ対策が危ない」

新型肺炎を武漢で真っ先に告発した医師の悲運

スクープ!東京女子医大で医師100人超が退職

提供元:「医師からの説明」でなぜ患者は不安になるのか|東洋経済オンライン

おすすめコンテンツ

関連記事

ウィル・スミス問題「脱毛症」当事者はどう見たか|薬の副作用だけでなくさまざまな原因で発症

ウィル・スミス問題「脱毛症」当事者はどう見たか|薬の副作用だけでなくさまざまな原因で発症

「高血圧に気づいていない人」が知らない真実|「生活習慣の改善」とは何をすればいいのか

「高血圧に気づいていない人」が知らない真実|「生活習慣の改善」とは何をすればいいのか

がん患者1700人治療医師がYouTubeで語る真実|「標準治療」にまつわる誤解はなぜ多いのか

がん患者1700人治療医師がYouTubeで語る真実|「標準治療」にまつわる誤解はなぜ多いのか

糖尿病でも舐められる飴はある?〜どうしても食べたい時のおすすめも紹介〜

糖尿病でも舐められる飴はある?〜どうしても食べたい時のおすすめも紹介〜

戻る