メニュー閉じる

リンククロス シル

リンククロス シルロゴ

2023.12.08

やばい、忘れてた!年末の駆け込み「ふるさと納税」はココに注意!


【画像出典元】「mialapi- shutterstock.com/」

【画像出典元】「mialapi- shutterstock.com/」

目次

・ふるさと納税、12月に集中するのはなぜ?
・注意点1.申込期限や申請締切日を確認しておこう
・注意点2.申込後の入金日に気をつけよう
・注意点3.ワンストップ特例制度申請の締切を過ぎたら確定申告を
・注意点4.返礼品の発送日をチェック!
・注意点5.人気の返礼品はなくなることも...

「ふるさと納税、12月末までにやらなくちゃ!」と思っている人もいるのではないでしょうか?しかし、駆け込み利用時には、注意しなければならないポイントもあります。そこで今回は、これから今年分のふるさと納税をする人のために、注意点をまとめてみました。

ふるさと納税、12月に集中するのはなぜ?

【画像出典元】「eamesBot - shutterstock.com/」

【画像出典元】「eamesBot - shutterstock.com/」

ふるさと納税が12月に集中する理由は、その年の1月1日~12月31日までの間に支払った寄附額が所得税・住民税の還付や控除の対象となるためです。こういった理由から、その一年の年収がある程度把握できるタイミングである12月にかけて、駆け込み利用が増える傾向にあります。

さらに、ふるさと納税で頼んだ返礼品は、早いものなら2週間程度で届くものも。そのため、クリスマスや年末年始に備えて、肉類や海産物などをオーダーする人が多くなるようです。それでは次に、注意点を見ていきましょう。

注意点1.申込期限や申請締切日を確認しておこう

【画像出典元】「RoseRodionovat - shutterstock.com/」

【画像出典元】「RoseRodionovat - shutterstock.com/」

寄附申込と控除申請はどちらも期限があります。控除申請は、確定申告をするケースと、確定申告をしなくても寄附金控除が受けられる「ワンストップ特例制度」の2つがあります。給与所得者で、1年間のふるさと納税の寄附先が5自治体以内の方は、「ワンストップ特例制度」がおすすめです。それぞれの期日は以下の通りです。

・寄附申込締切:12/31

・ワンストップ特例制度控除申請:翌年1/10

・確定申告控除申請:翌年2/16~3/15

注意点2.申込後の入金日に気をつけよう

【画像出典元】「Photo AC

【画像出典元】「Photo AC

もし12/31に寄附申込を完了できても、入金が1月にずれ込むと翌年分の寄附となってしまいます。クレジットカード払いにすれば、12/31でも問題はないのですが、注意しなければならないのは、銀行振込やコンビニ払いなどを選択した場合です。

また、ふるさと納税サイトによっては、銀行振込の締切日を12/30など独自に設定しているところもあるので、特に月末はしっかり確認してから申し込んでください。

注意点3.ワンストップ特例制度申請の締切を過ぎたら確定申告を

【画像出典元】「umaruchan4678 - shutterstock.com/」

【画像出典元】「umaruchan4678 - shutterstock.com/」

「ワンストップ特例制度」の締切は、翌年1/10までです。そのため、12月末に申込をすると、締切までに10日ほどしかありません。ふるさと納税サイトで「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」をダウンロードできるので、必要事項を記入し、書類を揃え、期日に間に合うように郵送しましょう。

もし記入漏れや書類が揃っていない場合、確認に時間がかかり、ワンストップ特例制度申請に間に合わないこともあります。その場合、少し面倒ですが忘れずに確定申告をしてください。

注意点4.返礼品の発送日をチェック!

【画像出典元】「Monkey Business Images - shutterstock.com/」

【画像出典元】「Monkey Business Images - shutterstock.com/」

12月中に返礼品を受け取りたい場合、その返礼品が年内受け取り可能かの確認が必要です。各ふるさと納税サイトには、発送日について明記してあるので、よく確認し、「年内発送可能」な返礼品を選びましょう。サイトによっては、年内発送が可能な返礼品の特集を行っているところもあります。

注意点5.人気の返礼品はなくなることも...

【画像出典元】「Antonio Guillem- shutterstock.com/」

【画像出典元】「Antonio Guillem- shutterstock.com/」

年末に慌ててふるさと納税のサイトをのぞいてみると、欲しかった返礼品はすでに人気でなくなっていた、ということも少なくありません。そんなときは、ポイント制の返礼品を選択するという方法もあります。

ポイント制の返礼品とは、先に決めた自治体に寄附だけを行い、その金額をポイントとして貯めておくもの。後日そのポイントを使って返礼品を選ぶことができます。時間のあるときに好きなものを選べるので、忙しい人におすすめ!ポイント制の返礼品なら、とりあえず申し込んでおいて、お正月に家族みんなでゆっくり選ぶなんてことも可能です。

年末になって焦ってふるさと納税の手続きを行うと、うっかりミスをしたり、期日に間に合わなかったりということがあるかもしれません。ふるさと納税の申込期限や申請書締切など、しっかりスケジュールを確認してから行いましょう。

記事提供:ウェブマガジン「mymo」


記事画像


毎日お金とポジティブにつきあうための情報を提供しています。

夢や目標を実現するためにお金ともっと仲良くなりませんか?

【あわせて読みたい】※外部サイトに遷移します

ふるさと納税、還付金はいつ戻る?所得税や住民税の還付や控除のされ方も解説

ふるさと納税をしても確定申告不要の方法とは?

共働き夫婦がそれぞれふるさと納税する時に注意することは?

提供元:やばい、忘れてた!年末の駆け込み「ふるさと納税」はココに注意!|mymo

おすすめコンテンツ

関連記事

ふるさと納税で国内旅行に出かけよう!寄附から旅行の流れを解説

ふるさと納税で国内旅行に出かけよう!寄附から旅行の流れを解説

エアコン掃除は自分でできる!こまめなお手入れで冷房代が〇%安く

エアコン掃除は自分でできる!こまめなお手入れで冷房代が〇%安く

「エアコン買い替え」で補助2万円分以上って本当?|知らなければ損、申請しなければもらえない

「エアコン買い替え」で補助2万円分以上って本当?|知らなければ損、申請しなければもらえない

ボーナス支給が始めるチャンス!ズボラ女子でもできる節約&貯金術

ボーナス支給が始めるチャンス!ズボラ女子でもできる節約&貯金術

戻る