病気

生活習慣病・インフルエンザ・歯科/眼科系疾患から肩こり腰痛まで、身近な健康情報はコチラ。健康診断やお薬手帳の活用法もご紹介します。

記事一覧

知らぬ間に持ち込んでない!?インフルエンザウイルスは家の中に潜む

知らぬ間に持ち込んでない!?インフルエンザウイルスは家の中に潜む

流行が本格化してきたインフルエンザ。マスクをしたり、手洗いうがいをしたりして、外出先での感染を防ぐ…

2018.01.22

あごがカクっとする「顎関節症」の原因はストレス?|知っておきたい対処法

あごがカクっとする「顎関節症」の原因はストレス?|知っておきたい対処法

あごが痛かったり、口がうまく開かなかったりして、違和感を覚える…。そんな症状が続く場合は、顎関節症…

2018.01.22

疲れ目の原因となる目の酷使と乾燥への対策とは?

疲れ目の原因となる目の酷使と乾燥への対策とは?

参天製薬はこのほど、「疲れ目」に関する意識・実態調査の結果を明らかにした。同調査は2017年12月…

2018.01.19

副鼻腔炎の治療法は?手術が必要になる確率やかかる費用を解説

副鼻腔炎の治療法は?手術が必要になる確率やかかる費用を解説

鼻づまりが治らないなどと感じながらも、「ただの風邪だから」と放置している人はいないだろうか。もしも…

2018.01.17

蓄膿症の症状や原因を医師が解説-ストレスやタバコにも注意

蓄膿症の症状や原因を医師が解説-ストレスやタバコにも注意

風邪を引いたとき、黄色い鼻水が出た経験がある人もいるのではないだろうか。実はあの黄色い鼻水は蓄膿症…

2018.01.16

薬を飲む知恵・飲まぬ知恵 第12回│風邪薬の選び方のポイントとは

薬を飲む知恵・飲まぬ知恵 第12回│風邪薬の選び方のポイントとは

薬剤師として30年以上のキャリアを誇るフリードリヒ2世さんが、日常のさまざまなシーンでお世話になっ…

2018.01.16

定期検診こそ完治のカギ!子宮頸がんってどんな病気?

定期検診こそ完治のカギ!子宮頸がんってどんな病気?

30~40代の女性を中心に罹患することが多いと言われている子宮頸がん。早期に発見することで、子宮を…

2018.01.15

乳がん検診を受けない理由、1位は?

乳がん検診を受けない理由、1位は?

KDDIはこのほど、「女性の将来への備えに関する調査」の結果を明らかにした。同調査は2017年11…

2018.01.15

「失った乳房」はここまでキレイに再建できる│乳がんの手術と同時に再建することも

「失った乳房」はここまでキレイに再建できる│乳がんの手術と同時に再建することも

乳がんの発覚後、がんの進行状況によって、あるいは、再発を防ぐために乳房を全摘出する人は少なくないが…

2018.01.12

がん検診最初の一歩~がん検診の基礎がわかるコラム集~

がん検診最初の一歩~がん検診の基礎がわかるコラム集~

年間30万人以上が罹患し、3人に1人の死因と言われている「がん」。 もはや国民病とも言われるほど…

2018.01.11

女性の更年期、まずは医師に相談|更年期障害の対処法

女性の更年期、まずは医師に相談|更年期障害の対処法

体がほてる、だるいなど、閉経前後に始まる更年期の症状。これは卵巣の寿命による女性ホルモン分泌の低下…

2018.01.11

「治療可能な認知症」と称される脳の病気を医師が解説

「治療可能な認知症」と称される脳の病気を医師が解説

誰しもが自分の人生を健康なまま謳歌したいと考えているはずだ。だが、加齢に伴い体が弱まっていくのは避…

2018.01.10

「乳房と別れを告げた女性」が選んだ生き方│幸せを手に入れた矢先の「乳がん宣告」

「乳房と別れを告げた女性」が選んだ生き方│幸せを手に入れた矢先の「乳がん宣告」

もし、乳がんになって乳房を摘出することになったら――。今や女性の12人に1人が乳がんになるといわれ…

2017.12.29

がんが再発・転移したとき、患者やその家族はどうするべきか?

がんが再発・転移したとき、患者やその家族はどうするべきか?

中央法規出版はこのほど、「がんが再発・転移した時、あなたは? ―『末期がん』と共に生きる知恵」(1…

2017.12.28

弁護士が語る「危ない病院や医者の見抜き方」とは

弁護士が語る「危ない病院や医者の見抜き方」とは

扶桑社はこのほど、『医療事故に「遭わない」「負けない」「諦めない」』(820円・税別)を発売した。…

2017.12.27

薬の値段はどう決まるのかを薬剤師に聞く

薬の値段はどう決まるのかを薬剤師に聞く

薬剤師として30年以上のキャリアを誇るフリードリヒ2世さんが、日常のさまざまなシーンでお世話になっ…

2017.12.26

のどの奥の違和感が続くのはなぜ? 鼻水が流れ込む「後鼻漏(こうびろう)」とは

のどの奥の違和感が続くのはなぜ? 鼻水が流れ込む「後鼻漏(こうびろう)」とは

後鼻漏(こうびろう)は、のどの奥へ鼻水が流れ込んでくる症状です。平常時は意識せず鼻水を飲み込んでい…

2017.12.25

脳萎縮が招く認知症、その症状と予防法を医師に聞いた

脳萎縮が招く認知症、その症状と予防法を医師に聞いた

認知症と言えば、「記憶がなくなる」に代表されるように、認知機能に何らかの障害が出現することは広く知…

2017.12.21

教えて!ドクター!!第2回│四十肩は全員がなるの?-原因と併せて医師に聞く

教えて!ドクター!!第2回│四十肩は全員がなるの?-原因と併せて医師に聞く

読者の健康や美容にまつわる悩みを、さまざまな分野の専門医の力を借りて解消していく連載「教えて! ド…

2017.12.20

アトピーの完治は可能?対処法とあわせて医師に聞く

アトピーの完治は可能?対処法とあわせて医師に聞く

かつては子どもの頃に発症しても、自然治癒していくと言われていたアトピー性皮膚炎。だが、今は大人にな…

2017.12.15

医療におけるエビデンスが意味するもの│薬を飲む知恵・飲まぬ知恵

医療におけるエビデンスが意味するもの│薬を飲む知恵・飲まぬ知恵

薬剤師として30年以上のキャリアを誇るフリードリヒ2世さんが、日常のさまざまなシーンでお世話になっ…

2017.12.12

認知症を寄せつけない脳と体をつくるトレーニングを紹介したムック発売

認知症を寄せつけない脳と体をつくるトレーニングを紹介したムック発売

オレンジページはこのほど、50代以上向けの健康情報誌『おとなの健康』特別編集ムックとして、『脳と体…

2017.12.04

「妊娠を阻む病気」は、加齢でこれだけ増える│「晩産化」リスクは卵子の老化だけではない

「妊娠を阻む病気」は、加齢でこれだけ増える│「晩産化」リスクは卵子の老化だけではない

女性の高学歴化や社会進出がめざましい今、平均出産年齢の高年齢化、いわゆる「晩産化」も同時に進んでい…

2017.12.04

「医師とメディア人」二足のわらじを履く理由│あの英誌「ネイチャー」が選んだ日本人女医

「医師とメディア人」二足のわらじを履く理由│あの英誌「ネイチャー」が選んだ日本人女医

世界屈指の科学論文誌、英『ネイチャー』などが主宰する「ジョン・マドックス賞」。2017年の受賞者が…

2017.12.01

お医者さんが使っている「ノロウイルス看病セット」の作り方

お医者さんが使っている「ノロウイルス看病セット」の作り方

肌寒くなる秋から冬の時期はノロウイルスなど感染力の高い病気が流行し始めます。子どもが突然嘔吐を始め…

2017.11.29

日本人のがんの年間死亡者数1位の肺がんに特化したムックが発売

日本人のがんの年間死亡者数1位の肺がんに特化したムックが発売

朝日新聞出版は11月28日、週刊朝日ムック「よくわかる!がん最新治療シリーズ」の第4弾『肺がんと診…

2017.11.29

「隠れ誤嚥」にご用心!眠っている間に進行する「誤嚥性(ごえんせい)肺炎」とは?

「隠れ誤嚥」にご用心!眠っている間に進行する「誤嚥性(ごえんせい)肺炎」とは?

日本人の死因として多く挙げられていたのはがんや心疾患でしたが、2011年以降急増しているのが「肺炎…

2017.11.27

ノロウイルスに「アルコール除菌」は効かない│効果的な除菌方法で、ウイルスから身を守れ

ノロウイルスに「アルコール除菌」は効かない│効果的な除菌方法で、ウイルスから身を守れ

ノロウイルス対策はアルコール除菌で万全だと思っていませんか? ウイルスの構造上、次亜塩素酸ナトリウ…

2017.11.20

咳が2週間以上続いたらキケン!長引く咳の対処法

咳が2週間以上続いたらキケン!長引く咳の対処法

咳が続くと、体力を消耗し眠れないこともあるため、心身ともに疲弊し、とてもつらく感じます。重大な病気…

2017.11.17

インフルエンザ予防接種、「毎年受けない」と回答した人の割合は?

インフルエンザ予防接種、「毎年受けない」と回答した人の割合は?

おかめ「納豆サイエンスラボ」はこのほど、「冬の感染症予防と納豆の健康効果」についての調査結果を明ら…

2017.11.17