メニュー閉じる

リンククロス シル

リンククロス シルロゴ

2020.11.30

爪が白いときに疑われる病気や症状を皮膚科医が解説!


目次

・爪半月とは
・白い爪で疑われる病気
・白い爪が病気由来かどうかを判断する基準

私たちの手足にある爪の色や形状は、人によって異なる。特に女性はネイルが映える爪に憧れを抱いていることが少なくないため、こまめに他人の爪をチェックしている人もいることだろう。そんな爪の「色」が、実は何らかの病気のサインとなっているかもしれないのはご存じだろうか。

本記事では、美容皮膚科医のやながわ厚子医師の解説のもと、爪の根元にある白い部分の正体や、爪が白いときに疑われる病気などについて紹介していく。

爪が白いときに疑われる病気や症状を皮膚科医が解説します

爪が白いときに疑われる病気や症状を皮膚科医が解説します

爪半月とは

まずは爪の構造をきちんと理解しておこう。

普段、私たちが爪切りで切っている硬い部分を「爪甲(そうこう)」と呼ぶが、これは皮膚の一部なのだ。皮膚の表面の角質が厚くなったものが爪甲で、たんぱく質の一種である「ケラチン」でできている。

この爪甲は「爪母(そうぼ)」と呼ばれる部分でつくられており、この爪母の付け根の部分にある白い(乳白色)部分が「爪半月(そうはんげつ)」となる。爪半月は完全に角質化されていないため、色が乳白色になっていると考えられている。

「爪半月はある人もない人もいますが、爪半月が見えるか見えないかは甘皮の位置で決まります」とやながわ医師は話す。「爪半月の大きさがその人の健康面に関係している」という話を見聞きした人もいるかもしれないが、医学的根拠はなく、基本的に関連性はないとのことだ。

白い爪で疑われる病気

爪半月の大小は健康面に影響はないものの、爪半月ではなく爪そのものが白い場合はその裏に病気が潜んでいる可能性があるので要注意だ。以下に白い爪で疑われる病気をまとめた。

(1)爪白癬

爪白癬(そうはくせん)は俗にいう水虫のことを指す。カビの一種・白癬菌が足の皮膚から爪の中に侵入することで、爪が濁って見えたり、爪自体がぶ厚くなってきたりするのが特徴。靴の中が蒸れる夏場に発症するイメージがあるかもしれないが、これからの季節は女性はブーツを履く機会が増えるだろうから、指先を念入りにケアするようにしたい。完治するまでに時間がかかり、再発率が高い点も厄介と言えよう。

(2)爪甲白斑

爪甲白斑(そうこうはくはん)も爪全体、あるいは一部が線状、点状に白くなる疾患として知られている。爪の外傷が原因の場合もあるが、線状の白斑が時間の経過とともに爪先に移動するようならば、全身疾患の可能性がある。

(3)爪甲剥離症

爪甲が先の方で浮き上がり、白く見えるようになる状態は、爪甲剥離症(そうこうはくりしょう)と呼ばれる。かぶれやカビの一種であるカンジダ感染が原因とされており、日本皮膚科学会によると、圧倒的に女性に多いとのこと。

(4)スプーン爪

スプーンのように爪が反り返ってしまうスプーン爪は、鉄欠乏性貧血が原因として挙げられる。爪は血液の健康状態に影響されやすく、赤血球やヘモグロビンの不足によって爪が白く見えることがある。

「そのほかでは全身状態に関するものとして、線状の白い部分が時間が経っても移動せずに残る場合は『全身のむくみ』『低アルブミン血症』『肝硬変』『腎機能障害』『栄養不良』などの可能性が考えられます」

白い爪が病気由来かどうかを判断する基準

一般的な白い爪の中に潜む「病気が原因の白い爪」を見極めるにはどうしたらよいのだろうか。その基準は「白い爪+αがあると要注意」と覚えておくとよい。

「爪が白くなる状態に他の皮膚症状を伴う場合や爪が剥がれそうになっている場合、まずは皮膚科に相談してください。爪の症状のほかに、全身倦怠感や身体の症状を伴うようならば、内科を受診するようにしましょう。また、病気ではなく、指先の冷えによって爪が白くなるケースもあります。レイノー症状と言って冷えで血流が悪くなり皮膚が白っぽく変化するためです。この場合は、しっかりと冷え対策を行いましょう。温めても爪が白いままであれば、一度病院で診てもらうことをお勧めします」

爪をこまめにチェックしよう

爪の色は爪甲の透明度などに左右され、淡い光沢のあるピンク色で透明感とつやがあるのが正常な爪とされている。爪半月の大小は健康面に関係ないが、爪半月以外の白い部分は何らかの疾患が原因となっている可能性がある。

手は毎日眺める機会があるパーツだけに、毎日こまめに自身の爪をチェックし、場合によっては医療機関で受診しよう。

監修者:やながわ厚子(やながわあつこ)

記事画像

美容皮膚科・美容外科・形成外科。En女医会所属。

美容皮膚科クリニック ヤナガワクリニックの院長を務める美容のエキスパート。美容医療や化粧品やに詳しく新しい美肌治療や化粧品や食事やサプリメントもふくめてカラダの中からも美肌を目指す。二児の母でもある。
En女医会とは
150人以上の女性医師(医科・歯科)が参加している会。さまざまな形でボランティア活動を行うことによって、女性の意識の向上と社会貢献の実現を目指している。会員が持つ医療知識や経験を活かして商品開発を行い、利益の一部を社会貢献に使用。また、健康や美容についてより良い情報を発信し、医療分野での啓発活動を積極的に行う。En女医会HPはこちら。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

【あわせて読みたい】※外部サイトに遷移します

爪水虫、完治まで約1年! 治療法と費用を医師が解説

巻き爪や爪白癬……身近な爪トラブルの予防と対策を知る

夏場の靴の中は水虫菌のパラダイス! 簡単な水虫予防法3つを伝授

提供元:爪が白いときに疑われる病気や症状を皮膚科医が解説!|マイナビニュース

おすすめコンテンツ

関連記事

「ストレスを放置する人」が招く最低最悪の結末|いくら体が丈夫でも「異常行動」に走るケースも

「ストレスを放置する人」が招く最低最悪の結末|いくら体が丈夫でも「異常行動」に走るケースも

「3日坊主の人」が劇的に変わるたった1つのコツ|年始に立てたプランを実践するための秘訣

「3日坊主の人」が劇的に変わるたった1つのコツ|年始に立てたプランを実践するための秘訣

「今年こそ」を実現するほんの少しの取り組み|自分を好きになり、叶う目標を掲げるポイント

「今年こそ」を実現するほんの少しの取り組み|自分を好きになり、叶う目標を掲げるポイント

「過労死ライン」を越えていませんか? 注意したい“働きすぎ”

「過労死ライン」を越えていませんか? 注意したい“働きすぎ”

戻る