メニュー閉じる

リンククロス シル

リンククロス シルロゴ

2020.05.25

【週刊シル×3分クイズ】ストレスに負けない体作り<基礎編>


記事画像

自分の知らないうちにストレスを溜めて、心や体に不調を来していませんか?
今回は、ストレスについて学びましょう。
<基礎編>では、ストレスの基礎知識についてお伺いします。

(1)ストレスの原因になるものは?

記事画像

A. 暑さ、寒さなど
B. 栄養不足、薬物など
C. 怒り、不安など
D. 病気や怪我など
E. A~Dのすべて当てはまる

★答え★

E. A~Dのすべて当てはまる

ストレスの原因にはさまざまなものがあります。
ストレスの原因をストレッサーといい、気温の変化など物理的なもの、栄養不足など化学的なもの、病気などの生物的なもの、不安などの心理的なものに分けられます。
過剰なストレスを受けると、からだはバランスをくずしてしまいます。自分のストレスの原因を知って、上手に対応していきましょう。

(2)ストレスはすべて悪者。○か×か?

記事画像

A ○
B ×

★答え★

B ×

何かと悪者にされがちなストレスですが、実は適度なストレスは作業の効率をあげてくれます。
例えば、作業環境に見合ったノルマをもって仕事をすると、まったくノルマのない状態より、仕事の能率は上がるそう。また、スポーツをするときなども、適度なプレッシャーがあったほうが良い成績を残せることが多くありますね。
ストレスは全てシャットアウト!よりも、適度なストレスと上手に付き合うのがよいのかもしれません。

(3)過剰なストレスは中性脂肪やコレステロールの合成を促してしまう。○か×か?

記事画像

A ○
B ×

★答え★

A ○

ストレスが生活習慣病によくないといわれるひとつに、過剰なストレスが中性脂肪やコレステロールの合成を促してしまうことがあります。
ストレスを受けたときに分泌されるホルモンが、血液中の脂質を増やし、この脂質が肝臓で中性脂肪やコレステロールの合成されてしまうのです。また、睡眠不足も、同じように中性脂肪の合成がすすんでしまうそう。
ストレスで食べすぎてしまうことだけが生活習慣病の原因ではないのですね。

(4)ストレス解消に有効なのは?

記事画像

A. 仕事や用事を優先して、食事は後回しにする
B. 食事は楽しく味わって食べる
C. 外食は絶対に避ける
D. 好きなものを好きなだけ食べる

★答え★

B. 食事は楽しく味わって食べる

食環境を整えることも、ストレス対策には有効です。
まずは1日3食、なるべく決まった時間に食べるようにしましょう。ストレスによって失われた栄養素を補い、規則正しい生活への第一歩にもなります。食事はゆっくり落ち着いて、味わって食べることも大切ですよ。たまには気分を変えて、外食するのもよいですね。
好きなものを好きなだけ…はたまにはよいですが、続いてしまうと栄養のバランスが崩れ、さらに疲労やストレスを招く原因にも。なるべくバランスのとれた食事をするようにしましょう。

記事画像

以上、ストレスの基礎知識について学びました。
次回<対策編>では、ストレスとかかわりの深い栄養素についてご紹介します。
お楽しみに♪

記事提供:リンクアンドコミュニケーション

リンクアンドコミュニケーションは、最新の健康情報の発信や健康課題を解決するサービスを提供します。最新の健康情報を医療・健康分野の専門家が評価し、コメント付きで紹介するサービス「HEALTH NUDGE」もチェックしてみてください。

おすすめコンテンツ

関連記事

今年の熱中症対策は「汗不足」 解消がカギ! - 「熱中症対策に関する意識調査」

今年の熱中症対策は「汗不足」 解消がカギ! - 「熱中症対策に関する意識調査」

【よくわかる!糖尿病講座(3)】糖尿病予備軍も意識したい!血糖値スパイクって知ってる?

【よくわかる!糖尿病講座(3)】糖尿病予備軍も意識したい!血糖値スパイクって知ってる?

血圧が高いと指摘されたが、医療機関へ受診していない理由は?

血圧が高いと指摘されたが、医療機関へ受診していない理由は?

【5月病かな?と感じたら】管理栄養士が教える「ホルモンバランス」の整え方

【5月病かな?と感じたら】管理栄養士が教える「ホルモンバランス」の整え方

戻る