メニュー閉じる

リンククロス シル

リンククロス シルロゴ

2020.05.18

【週刊シル×3分クイズ】腸活に大活躍な「納豆」の知られざる正体とは


記事画像

今、私たちの健康・美容の重要なカギを握るといわれている“腸”。良い腸内環境をつくる“腸活”が注目されています。

そこで今回、そんな腸活にいも大活躍する食材でもある「納豆」に関するクイズ(3問)をお届けします!さて、全問正解となるでしょうか…ぜひチャレンジしてみてください♪

(1)納豆の保存で、適していないのはどれ?

記事画像

A.常温
B.冷蔵庫
C.冷凍庫

★答え★

A.常温

納豆は、要冷蔵商品です。常温で保存すると、納豆菌が繁殖し過ぎて、アンモニア臭が強くなり風味が損なわれます。もしも、賞味期限内に食べきれない場合は、買ったパックのまま冷凍庫に保存して、食べる前日に冷蔵庫に移して解凍がおすすめです。

(2)納豆に含まれる酵素「ナットウキナーゼ」。この働きが失われるのは、どれ?

記事画像

A.空気に触れること
B.加熱すること
C.光に当てること

★答え★

B.加熱すること

血栓溶解酵素の「ナットウキナーゼ」は、加熱によってその働きが失われます。煮込んだり炒めたり、揚げたりしないで、そのままで食べるのが一番おすすめです。また、血栓予防には、血栓が生成されやすい明け方の前、つまり夕食に食べるのがおすすめです。

(3)納豆は、次のどれの仲間?

記事画像

A.主食
B.主菜
C.副菜

★答え★

B.主菜

納豆は、大豆から作られるので主菜の仲間になります。小鉢などに入っていて野菜のおかずと思われがちですが、肉や魚と同じたんぱく質の多い主菜なのです。「大豆は畑のお肉」と呼ばれているので同じと覚えてくださいね。

記事画像

さて、あなたは何問答えることができましたか?
食材のことを学び、いつもの腸活がもっと楽しくなりますように♪

おすすめコンテンツ

関連記事

技あり☆余りがちな食材でアレンジレシピ

技あり☆余りがちな食材でアレンジレシピ

【食べて疲労回復☆旬のヘルシー時短レシピ】蒸し鶏とキャベツと三つ葉の和風炒め[146kcal/10分]

【食べて疲労回復☆旬のヘルシー時短レシピ】蒸し鶏とキャベツと三つ葉の和風炒め[146kcal/10分]

【美味しくて可愛い!】話題の「台湾スイーツ」の魅力とは?

【美味しくて可愛い!】話題の「台湾スイーツ」の魅力とは?

【食べて疲労回復☆旬のヘルシー時短レシピ】そら豆の茶巾絞り[68kcal/20分]

【食べて疲労回復☆旬のヘルシー時短レシピ】そら豆の茶巾絞り[68kcal/20分]

戻る