メニュー閉じる

リンククロス シル

リンククロス シルロゴ

2019.12.13

寝ても疲れがとれない…!疲れがとれないときのおすすめグッズまとめ


疲労感が抜けない、そんな人は身体のケアを!

季節の変わり目は体調を崩しやすいもの。一度の体調不良で、身体のバランスがなかなか戻らないこともありがちだ。

睡眠グッズ、入浴剤、ヨガボールなど、今回は、疲労感が抜けない時にしっかりとケアできるアイテムを3点ご紹介。ぜひ参考にしてみてほしい。

おすすめのリラックスグッズ(1).「cheero Sleepion3」

記事画像

チーロ(cheero) Sleepion3 標準セット SL-3-WH ※外部サイトに遷移します

¥10,780/チーロ(cheero)

身体に感じる疲労感をしっかり回復させるために、とても重要なのは「睡眠」。

でも、「寝ているはずなのに疲労感が抜けない」というのもよくある話で、それは“睡眠の質”が悪いのが大きな原因。気温差やストレスなどで自律神経のバランスが崩れることで、寝付きが悪くなったり、深い睡眠が取れなくなってしまうのだ。

このcheeroの『Sleepion3』は、音・香・光で人間の3感を刺激し。快適な眠りにいざなう快眠サポートツール。電源を入れるとヒーリングミュージックが360度方向に流れ、ローソクをイメージした揺らぐ光とともに心地良い睡眠環境を作り出してくれる。また、エッセンシャルオイルを閉じ込めたパルプ製のリングが付属しており、好きな香りを選んでセットすることが可能。

よくアロマグッズにありがちな「ボトルからエッセンシャルオイルを適量垂らしてセットする」という作業ではなく、リングは1つ1つパッケージ化されているので封を開けてセットするだけというお手軽さも嬉しい。

寝室の環境にこだわりたい人、睡眠の改善をしたい人におすすめだ。

おすすめのリラックスグッズ(2).「BARTH」

記事画像

BARTH【バース】入浴剤 中性 重炭酸 9錠入り (炭酸泉 無香料 保湿 発汗) ※外部サイトに遷移します

¥10,780/チーロ(cheero)

疲労回復、そして睡眠の質を上げるためにも、もう1つ大切なのは「入浴」。

入浴剤を使うと、よりその効果も高まっていく。この「BIRTH」は、着色料・香料などを一切使用せず、疲労回復に効果がある中性重炭酸泉を再現することを重視した入浴剤。錠剤が溶けた際に発生する炭酸ガスは、瞬間的に重炭酸イオンへと変わり湯中に豊富に溶け込み、かつ長く残るという。

そのため、この入浴剤を入れて入浴するときは、入りやすいぬるめのお湯で長時間浸かることがポイント。メーカーが推奨するのは37~40度のお湯にこの『BIRTH』を溶かし、ゆったり15分間入浴するという方法だ。重炭酸が溶け込んだお湯にしっかりと浸かることで血流が改善し、体温が上昇することで副交感神経が優位になりぐっすりと休憩する準備が整うという。熱いお湯に入るわけではないので、疲労感も少ない。

忙しい毎日だと、つい入浴はシャワーで済ませがち。しかしそれこそが、なんだか取れない疲れの大きな原因かも。こだわり入浴剤で、しっかり血行改善してみよう。

おすすめのリラックスグッズ(3).「Kalinco フォームローラー ヨガポール マッサージボールつき」

記事画像

Kalinco フォームローラー ヨガポール マッサージボールつき トリガーポイント 筋膜リリース 骨盤矯正 グリッド ストレッチローラー トレーニング ダイエット 収納袋付き ※外部サイトに遷移します

¥1,599/Kalinco

冷房による“冷え”から来る血行不良や、自律神経の乱れで引き起こされる症状の1つが、肩こりなどの筋肉のこわばり。日常でもPC作業など「長時間同じ姿勢を取る仕事」が多い人は、痛みや不快感に悩む人も多いのではないだろうか?マッサージや整体に通うのもいいけれど、手軽にできるストレッチグッズでセルフケアをしてみることも考えてみては。

この『フォームローラー』は日常の積み重なる動作のクセで出来た「体のゆがみ」を改善できるエクササイズグッズ。いわゆる「ヨガポール」の小型版で、1日5分、ポールに寝転がってゴロゴロするだけでストレッチができ、体のゆがみ矯正、体幹トレーニングになるという。

例えば背骨と平行になるように床に置き、その上に仰向けに寝転がるだけで、肩から肩甲骨、背中が自分の体重でほぐされていくのがわかるはずだ。最初は痛みを感じるかもしれないが、それは効いている証拠! 

ネットや書籍でこのヨガポールを使ったストレッチ方法が紹介されているので、それに沿って行うとより効果的だ。

ちなみにこの商品はマッサージボールも付いており、こちらも足裏で転がすとツボ押し効果が。コンパクトながら身体のケアができる商品だ。

不調を防ぐには、日常生活を見なおしてこまめなケアを!

疲労回復のためにエナジードリンクやサプリメントに頼る人も多いけど、やはり一番大切なのは「睡眠」「入浴」「運動」という日常生活の中でのケアなのかもしれない。
忙しくなるとついそれらが後回しになり、崩れた体調が悪化したり、疲労が蓄積していくことに。

まずは自宅で気軽に試せるこれらの方法で、寒くなる前に体調を整えていこう!

※この記事は2019年10月10日現在の情報をもとに制作しております。

文=川口 有紀
ライター、編集者。演劇雑誌の編集部員を経てフリーに。 現在は主に演劇、映画、芸能、サブカルチャーの分野で取材・執筆活動中

【あわせて読みたい】※外部サイトに遷移します

部屋を広く見せる!安くておしゃれなおすすめのローテーブル5選

100均すのこで簡単に作れる!野菜ストッカーをDIY

1LDK・2DK・1DKのレイアウト術まとめ!【インテリアコーディネーター直伝】

【2019年版】一人暮らしでも簡単&お得な「ふるさと納税」の方法を「ふるさとチョイス」さんに聞いてみた

提供元:寝ても疲れがとれない…!疲れがとれないときのおすすめグッズまとめ|CHINTAI

おすすめコンテンツ

関連記事

【理想はあるけど…】あなたが目指すべき体型とは?

【理想はあるけど…】あなたが目指すべき体型とは?

仕事のパフォーマンスを上げるランチは3通りで考える

仕事のパフォーマンスを上げるランチは3通りで考える

日々の暮らしに、脳が喜ぶアクセントを

日々の暮らしに、脳が喜ぶアクセントを

小暑(しょうしょ)/夏の始まり。七夕には願いごとを

小暑(しょうしょ)/夏の始まり。七夕には願いごとを

戻る