メニュー閉じる

リンククロス シル

リンククロス シルロゴ

2019.10.11

ハーブティーを自宅で楽しもう!基本の淹れ方と秋冬にぴったりのおすすめハーブを紹介


ハーブティーって自宅で簡単に楽しめる?

ハーブティーを自宅で簡単に楽しみたい!

ハーブティーを自宅で簡単に楽しみたい!

秋の気配も近づき、あたたかい飲みものをおうちでゆっくりといただくリラックスタイムが楽しみなこれからの季節。

コーヒーや紅茶もいいけれど、カラダに嬉しいさまざまな効能で毎日の健康維持に役立つハーブティーでおうちカフェはいかが?今回はハーブティーの基本の淹れ方と、寒い季節にぴったりのおすすめハーブを紹介する。

自宅で楽しむ!ハーブティーの基本の淹れ方

まずは、ハーブティーの淹れ方の基本を押さえておこう!

まずは、ハーブティーの淹れ方の基本を押さえておこう!

用意するもの

・蓋付きのティーポット(または急須)
・茶こし
・ティーカップ
・お湯
・ハーブ

ハーブは既にブレンドされたドライの茶葉や、ティーバッグタイプのものも販売されているので、手軽に楽しみたい方にはこれらがおすすめだ。

ハーブティーのおいしい淹れ方の手順

(1)お湯を沸かす

(2)ティーポット(急須)と人数分のティーカップにお湯を注ぎ、あたためておく

(3) ティーポットのお湯を捨て、ハーブを入れる。ドライの茶葉の場合、1カップ分(150~180ml)でティースプーン山盛り1杯ほどが目安

(4)しっかり沸騰させたお湯(95℃以上)をティーポットに注ぎ入れ、蓋をして3~5分蒸らす
  ※適した蒸らし時間はハーブの種類により異なる

(5) ティーポットを静かに回し、中のお茶の濃さを均一にする

(6)カップをあたためておいたお湯を捨て、濃さが均一になるように少しずつ順に人数分のカップに注ぎ入れる。甘めがお好きな方はお好みでハチミツを加えても◎

ポイントはハーブの成分をしっかり抽出するために沸騰したお湯を注ぐことと、ハーブの成分が飛ばないようきちんと蓋をして蒸らすこと。

フレッシュハーブならば、摘みたてのハーブをそのまま入れ同じように沸騰したお湯を注ぐ。耐熱ガラス製のティーポットだと見た目にも美しく、ティータイムがより素敵に大変身。

ポットの代わりに鍋に直接沸かし蓋をして蒸らしてもOK。鍋の素材はホーローか耐熱ガラスがおすすめだ。その場合、葉や花のハーブは煮出しすぎると成分が壊れてしまう恐れもあるので注意しよう。

キッチンに数種類のハーブを常備してその日の気分に合わせてブレンドしてみるなど、気軽にハーブティーを楽しんでいくのが日々の暮らしに取り入れるコツ。

いろいろに組み合わせているうちにお気に入りのオリジナルブレンドが見つかるかも!?

お花の入ったハーブも可愛い!

お花の入ったハーブも可愛い!

ドライのハーブがお湯の中で花開くのも楽しみのひとつ。
※ハーブティーはノンカフェインなので妊婦さんも楽しめるが、なかには妊娠中は禁忌となるハーブの種類もあるのでご注意を

秋冬にぴったりのおすすめハーブ

ローズヒップ

美しい赤色のお茶は、見たことある人も多いのでは?

美しい赤色のお茶は、見たことある人も多いのでは?

ころんとした赤い実が可愛らしいローズヒップのハーブティーは、透明であざやかな赤色が美しく、美肌効果、抗酸化作用、アンチエイジング、腸内環境改善など女性に嬉しいたくさんの効能が。味は独特の酸味があるので、飲みづらい場合はハチミツを加えるとまろやかな味わいに。

ジンジャー

身近な生姜でも淹れてみよう

身近な生姜でも淹れてみよう

冷蔵庫に常備しているお宅も多いであろう生姜も、お湯で煮出せば冷えたカラダを芯から温めてくれるハーブティーに。冷え性の改善、美肌効果、ダイエット効果、消化の促進、むくみや便秘の改善、PMS(月経前症候群)の改善などの効果が期待できる。お好みでハチミツやレモン、ミルク、シナモンやクローブなどのスパイスを加えて。

リコリス

優しい甘みで、お子さんと一緒にも楽しめる

優しい甘みで、お子さんと一緒にも楽しめる

砂糖の代わりの甘味料としても用いられ、古くから洋の東西を問わず薬用植物として親しまれてきたリコリス(甘草)の根の部分を使ったハーブティーは、子どもでも飲みやすいやさしい甘みと独特の香りが特徴。

優れた抗炎症作用があり、喉の痛みや咳、痰、喘息などの喉の諸症状、花粉症などのアレルギー性疾患の緩和、また解熱作用もあるので風邪の初期症状にも非常に効果的といわれている。

エルダーフラワー

あまり聞き覚えはないが、可愛らしいハーブだ

あまり聞き覚えはないが、可愛らしいハーブだ

ヨーロッパで古くより「万能の薬箱」の愛称でさまざまな民間療法に使われ、今日の欧米では「インフルエンザの特効薬」としても知られるエルダー(西洋ニワトコ)。愛らしい白い小花でマスカットのような甘い香りのエルダーフラワーのハーブティーには、利尿作用や発汗作用により体内に溜まった毒素を排出してくれるデトックス効果が期待でき、風邪の初期症状の改善やアレルギー性鼻炎、花粉症の緩和に効果を発揮するとされている。

ネトル

様々なけが、病気への効能も期待できる、まさに万能薬

様々なけが、病気への効能も期待できる、まさに万能薬

ヨーロッパ原産のハーブで世界各地に自生するネトル(西洋イラクサ)。葉や茎が細かい棘におおわれており触れると針で刺されたような痛みがあることから「スティンギング・ネトル」と呼ばれているが、ドライの茶葉には痛みはないのでご安心を。

血行促進、けがの早期回復、リウマチ、痛風、関節炎、貧血予防、浄血、喘息や花粉症などのアレルギー症状をやわらげる効果が。また消毒作用や強壮作用もあり、風邪やインフルエンザの予防も期待できる。代謝が落ちる秋冬に溜め込みやすい老廃物を排出してくれるデトックス効果も高いのでこれからの季節にオススメだ。

草の香りがする緑茶のような風味で飲みやすいが、緑茶やほうじ茶などお好みの日本茶とブレンドするとよりまろやかに。

ハーブティーを毎日の暮らしに取り入れてカラダのケアを

ハーブの種類は様々。自分の好みを見つけよう!

ハーブの種類は様々。自分の好みを見つけよう!

香りや種類も豊富でさまざまに楽しめるハーブティー。自宅で簡単にできるので、この秋冬はゆっくりとあたたかいハーブティーを淹れて、ご自愛してみては。

文=板屋 美里
カナダのヒッピータウンに居住した学びから、世界各地に古くから伝わる智慧や自然の神秘と共にある自由でナチュラルな生き方を探究中

ブログ:地球おこし Hoshiokoshi ※外部サイトに遷移します

記事提供:(株)CHINTAI

TVCM放映中。
「じぶんらしく、部屋をさがそう。」
ネットでCHINTAI~♪でおなじみのCHINTAIです。

子育て世帯のみなさんに 子育てCHINTAIアドバイザー ※外部サイトに遷移します

一人暮らしの女性に Woman.CHINTAI ※外部サイトに遷移します

【あわせて読みたい】※外部サイトに遷移します

自宅で簡単にできる! おいしい紅茶の入れ方のコツ

日本茶アーティストが伝授!お茶の効果とシーン別活用法

日本茶アーティストが伝授! 誰かと一緒に飲みたくなる簡単なお茶の楽しみ方

【5分で作れる!】ゴースト、マミー、スパイダー!簡単&激カワ「ハロウィン」トーストのレシピ4選

提供元:ハーブティーを自宅で楽しもう!基本の淹れ方と秋冬にぴったりのおすすめハーブを紹介|CHINTAI

おすすめコンテンツ

関連記事

作り方カンタン!おいしく便利!かわいい「味噌玉」で冷えを撃退しよう

作り方カンタン!おいしく便利!かわいい「味噌玉」で冷えを撃退しよう

【週刊シル×旬のヘルシーレシピ】ごぼうと牛肉のオイスターソース炒め[210kcal以下]

【週刊シル×旬のヘルシーレシピ】ごぼうと牛肉のオイスターソース炒め[210kcal以下]

【きょうの健康レシピ】“なめたけ”うどん

【きょうの健康レシピ】“なめたけ”うどん

絆を深めるレシピ【特集】

絆を深めるレシピ【特集】

戻る