メニュー閉じる

リンククロス シル

リンククロス シルロゴ

2019.09.26

【管理栄養士も実践】ダイエットを成功させる、体重測定のポイントとは?


1.体重を測るメリットとは
 ・程よいプレッシャーがGood!
 ・増加をすばやくキャッチして食い止める!
 ・頑張った成果を確認してモチベーションUP!
2.ダイエットを成功させる!体重測定のポイントとは
 ・測る時間は「朝」がおすすめ
 ・毎日測る!
 ・変化を目に見える形で記録しよう!
3.一喜一憂し過ぎないことも大切
4.まとめ

記事画像

ダイエットには欠かせない相棒、それが体重計!日々の体重の変化を把握することは、ダイエット成功のための大切なポイントです。今回は、ダイエット成功への近道となる体重測定のポイントをご紹介していきます。

体重を測るメリットとは

程よいプレッシャーがGood!

記事画像

体重を測るという程よい緊張感が、無意識のうちに気持ちを引き締めてくれて、自然と食べ過ぎを控えたり、少しでも身体を動かそうという行動に繋がったりと、減量を後押ししやすくなります。

増加をすばやくキャッチして食い止める!

記事画像

数か月ぶりに体重計に乗ったら、思った以上に増えていて大ショック…!なんて経験、ありませんか?こまめに体重を測ることで、増え始めをすぐにキャッチして、いち早く改善につなげることができますよ。

頑張った成果を確認してモチベーションUP!

記事画像

食事の工夫や運動などの頑張りの成果が、数値として確認できると嬉しいですよね。頑張った成果を確認することがさらなるモチベーションUPへとつながり、良いサイクルが生まれます。

ダイエットを成功させる!体重測定のポイントとは

測る時間は「朝」がおすすめ

記事画像

体重の測定値は、食べたり飲んだりした量に大きく影響されますので、なるべくお食事の時間帯から遠い朝の時間がおススメ。起床直後にトイレを済ませたタイミングがベストです。

どうしても朝に測るのは難しいという方は、お風呂の前や就寝前など他の時間帯でももちろんOKですが、毎日同じ時間に測るように意識しましょう。服は全部脱いで測るのがベストですが、難しい場合はいつも同じ服で測るようにするとGoodです。

毎日測る!

体重は、なるべく毎日測るのがおすすめ。毎日測ることで、緊張感をしっかりキープできますし、小さな変化もよりキャッチしやすくなります。

変化を目に見える形で記録しよう!

記事画像

測定した体重は、記録をして変化を目に見える形にしてみましょう!体重記録のアプリでも、手書きするのでもOKです。グラフにすると、より長いスパンでの変化がわかりやすくなりますのでおすすめです。

一喜一憂し過ぎないことも大切

記事画像

体重測定の結果に一喜一憂し過ぎないことも大切です。体重は食べたり飲んだりしたものやむくみの有無、お通じの状態や、女性でしたら生理周期等によっても増減します。

毎日同じ条件で測っていても多少の変動は誰にでもありますので、落ち込まないで大丈夫。ジグザグと増えたり減ったりしながらも、長いスパンで見た時にしっかり下がってきていればOKです。

まとめ

いかがでしたか?体重計測はダイエット成功への近道!上手にモチベーションアップにつなげて、ダイエットを頑張る力にしていきましょう。ぜひ、今日から毎日計測してみてくださいね。

著者:谷口 美希 (管理栄養士)

記事画像

食べることと料理が大好きで、大学で栄養学を学ぶ。卒業後は管理栄養士として老人ホームや健診センターに勤務。
現在は、特定保健指導やオンラインでの栄養指導、コラムの執筆などに携わっており、栄養の面からたくさんの方の健康を支えていくことを目指しています。

記事提供:DietPlus(ダイエットプラス)

ダイエットプラスとは、栄養学に基づいた"正しく食べる"を実践できる専門家によるサポートサービスです。無料のダイエット診断や管理栄養士監修のダイエットレシピなども掲載中!

提供元:【管理栄養士も実践】ダイエットを成功させる、体重測定のポイントとは?| DietPlus(ダイエットプラス)

おすすめコンテンツ

関連記事

ダイエットを成功に導くチートデイの考え方

ダイエットを成功に導くチートデイの考え方

一時的に効果はでても...糖質オフ後に陥るダイエットの罠!

一時的に効果はでても...糖質オフ後に陥るダイエットの罠!

おしりを鍛えることは良いことずくめ!この秋は毎日5分のエクササイズで“美尻”を目指そう

おしりを鍛えることは良いことずくめ!この秋は毎日5分のエクササイズで“美尻”を目指そう

【これを知っても続ける?】食べないダイエットの落とし穴と食べてやせるコツ3つ      減量したい理由は?

【これを知っても続ける?】食べないダイエットの落とし穴と食べてやせるコツ3つ 減量したい理由は?

戻る