メニュー閉じる

リンククロス シル

リンククロス シルロゴ

2019.07.12

徹底的に日焼けを防ぎたいなら要チェック! 紫外線対策グッズの選び方・使い方


今年は日差しが強いので、日焼け対策必須!

日焼けを防ぐには、たくさんのアイテムが必要だ

日焼けを防ぐには、たくさんのアイテムが必要だ

紫外線対策グッズとして一般的なものといえば、日傘、サングラス、日焼け止め。実は、選び方や使い方にちょっとしたポイントがあるのをご存じだろうか?

これらの紫外線対策グッズは、ものによって紫外線カット効果が異なる。また、効果的な使い方もあるのだ。これを機会に、より効果の高い紫外線対策をしてみよう。

日焼け対策1、日傘は「遮光100%」、「黒」を基準に選ぶ

可愛いから!と好きな色の日傘を選ぶと後悔することも

可愛いから!と好きな色の日傘を選ぶと後悔することも

日傘を選ぶ基準として、白がいいのか、黒がいいのか。まず、日傘の色で悩む方も多いだろう。しかし、重要なのは日傘の色ではない。

日傘を選ぶ大前提として、「遮光100%」と表記されたものを選ぶことをおすすめしたい。そもそも”遮光”とは、太陽光線(紫外線、赤外線、可視光線)を遮る効果がある。

つまり、紫外線を含めた”光”を徹底的にカットできるのが、「遮光100%」の働きだ。遮光100%の日傘は少々値段が張るものの、紫外線を効果的にカットできるため、色のチョイスに制限はない。

より紫外線カット効果を高めたいのであれば「黒」を選ぼう。黒は光を吸収し、顔に紫外線を乱反射させるのを防ぐことができるため、地面からの照り返しにも安心できる。

日焼け対策2、サングラスで目から入る紫外線を防御

サングラスも真夏のマストアイテム

サングラスも真夏のマストアイテム

紫外線は目からも侵入する。よく日焼けをした人の目が赤くなるのは、紫外線によって目の細胞を傷つけられたことが原因だ。

また、目から紫外線が侵入すると目が傷つくだけではなく、身体を守ろうと脳がメラニンを作り出す。そのため、身体全体のメラニン色素が増え、同時に肌のシミ・そばかすが増える要因にもなるのだ。

しかし、目から侵入する紫外線を防ぐ方法はとても簡単で、紫外線カット効果のあるサングラスを利用すれば解決できる。

ただし、サングラスの選び方にもポイントがある。サングラスは色が濃いほど紫外線カット効果が高いと思われがちだが、実はそうではない。

「紫外線透過率1.0%以下」、「紫外線カット率99%」と表記のあるものであれば、たとえ色が薄くても紫外線をカットすることができる。しっかり紫外線カット効果があるか、表記されているかを確認してから購入しよう。

日焼け対策3、日焼け止めは「重ね塗り」と「塗り直し」で紫外線から身を守ろう

日焼け止めは、一回塗ればいいというものではない!

日焼け止めは、一回塗ればいいというものではない!

紫外線対策としてもっともポピュラーなのが「日焼け止め」。日焼けをしたくないからと、紫外線カット効果の高い「SPF50PA++++」などの日焼け止めを選ぶことが多いはず。

そもそもSPFとは、Sun Protection Factorの略語で、UV-Bの防止効果を示した数値のこと。PAとはProtection grade of UVAの略語であり、UV-Aの防止効果を示した値だ。

数値が高くなるほど紫外線カット効果は高いが、その反面、肌への負担は大きい。肌荒れや毛穴詰まりの原因になることもある。日常生活なら「SPF30PA++」程度の日焼け止めでも、充分紫外線対策になるだろう。

また、紫外線カット効果の高い「SPF50PA++++」を使っているからといって、100%安全とはいない。日光を浴びていると、徐々に紫外線カット効果が薄れてくるのだ。

また、薄くしか塗り広げないのも同様に、うまく紫外線カット効果が発揮できないこともある。日焼け止めを塗る際は、二度塗りをして厚塗りをする。汗をかいたら塗り直す。外出時は2〜3時間に1回のペースで塗り直しをすると、より紫外線予防の効果を持続することができるので実践してみよう。

紫外線対策グッズでしっかり日焼け対策を!

日焼けによる肌のシミ・そばかすが気になる…という人は、今回紹介した紫外線対策グッズの選び方や効果的な使い方をぜひ実践してみてほしい。

まだまだ日差しが強いこの時期。紫外線対策グッズを効果的に活用して、美しい肌を目指そう!

文=seina (せいな)
Webライター·ブロガー。ベーシックアロマセラピスト/ダイエット検定1級・2級をもち、運営ブログ「美しくなければ生きていけない」では、「美しくなること」をメインテーマに、美容整形、筋トレネタを中心に執筆している

記事提供:(株)CHINTAI

TVCM放映中。
「じぶんらしく、部屋をさがそう。」
ネットでCHINTAI~♪でおなじみのCHINTAIです。

子育て世帯のみなさんに 子育てCHINTAIアドバイザー ※外部サイトに遷移します

一人暮らしの女性に Woman.CHINTAI ※外部サイトに遷移します

【あわせて読みたい】※外部サイトに遷移します

いまからでも間に合う!自宅で簡単にできる男性のスキンケア

【助けてカリスマ美容師!】クセ毛をコントロールした~い!ブローの基本をプロに学ぼう!

自宅で出来る日焼け後の美容ケア!体の外側と内側からアプローチして光老化を予防しよう

その手があったか! 焼くだけなのに美味しすぎる「バスク風北海道チーズ蒸しケーキ」レシピ

提供元:徹底的に日焼けを防ぎたいなら要チェック! 紫外線対策グッズの選び方・使い方│CHINTAI

おすすめコンテンツ

関連記事

ヘアスタイルに合わせた整髪剤の選び方とは?髪型別のポイントとおすすめのスタイリング剤を伝授!

ヘアスタイルに合わせた整髪剤の選び方とは?髪型別のポイントとおすすめのスタイリング剤を伝授!

美肌作り&美味しく喉を潤す夏のデトックスウォーターレシピ

美肌作り&美味しく喉を潤す夏のデトックスウォーターレシピ

自宅で出来る日焼け後の美容ケア!体の外側と内側からアプローチして光老化を予防しよう

自宅で出来る日焼け後の美容ケア!体の外側と内側からアプローチして光老化を予防しよう

敏感肌のアラサー女子が肌マネジメントにかける月額費用は?

敏感肌のアラサー女子が肌マネジメントにかける月額費用は?

戻る