メニュー閉じる

リンククロス シル

リンククロス シルロゴ

2019.06.04

人生100年時代、老後貧乏を防ぐ60歳からはじめる貯金テクニック


記事画像

目次

・Tさんの相談「60歳目前。老後に向けて今からできる貯金方法って?」
・介護費用なら平均500万。まずは自身の目標額を決めることから
・将来必要な費用を逆算して、働き方、貯蓄額を決めていく
・あなたの「FPに聞きたいお金のコト」教えてください

こんにちは。FP(ファイナンシャルプランナー)の白浜仁子(しらはまともこ)です。
Wallet+ユーザーさまからいただいた「FPに聞きたいお金のこと」に、FPの白浜がお答えします。

今回は、3人の子どもを育て上げ、今はシングルをエンジョイしているという58歳女性からのご質問です。人生100年時代に入り、これからまだ続く人生を考えると、60歳からでも老後のためにどう貯金をしていくかを考えることは大事ですね。それでは早速、見ていきましょう。

Tさんの相談「60歳目前。老後に向けて今からできる貯金方法って?」

<58歳女性Tさんからの相談>
「子どもたち3人は自立し、現在私はワンルームマンションで1人暮らしをエンジョイしています。60歳を前に20年後を考えて今からでもまとまった貯金ができないものかと思っています。老後に備えてどうしたらいいですか?」

介護費用なら平均500万。まずは自身の目標額を決めることから

【画像出典元】「iStock.com/SolStock」

【画像出典元】「iStock.com/SolStock」

3人の子どもが自立され、今度はご自身の老後資金の積み上げをご検討とのこと。Tさんの20年後というと80歳が見えてくるときです。まとまった資金がいくらくらいか分からないので、今回は、80代になると増えてくる「介護」への備えを目標額とし、老後の必要資金の考え方や準備の方法をご紹介し、回答とさせていただきます。

まずは介護費用に見当をつけるため統計値を使用します。生命保険文化センター「平成30年度 生命保険に関する全国実態調査」によると介護費用の月額負担額は平均7.8万円です。介護期間の平均が約5年なので、準備したい費用は468万円になります。その他に介護ベッドの購入や住宅改造などの一時的な費用は平均69万円であることを加えると、5年間で合計500万円程度が必要ということが分かります。

平成30年度 生命保険に関する全国実態調査 ※外部サイトに遷移します

将来必要な費用を逆算して、働き方、貯蓄額を決めていく

【画像出典元】「iStock.com/TommL」

【画像出典元】「iStock.com/TommL」

これを踏まえて貯蓄をあといくら上乗せする必要があるのかを考えます。そのためには、今後の収入と支出を整理していくことから始めましょう。

●収入と支出を考え、不足額を知る

今後の収入は、給与や退職金などと65歳からの公的年金が考えられます。
一方支出は、生活費全般と介護費用です。女性の平均余命からいえば90歳~95歳くらいを見据え試算した方がいいでしょう。
重い介護状態となり施設への入居が必要となればそれだけ費用がかさみますが、現状の生活費に介護費用を加算しているので、500万円の目安は十分な見積もりではないかと思われます。

このように今後の収入と今ある貯蓄の合計額から支出合計を差し引けば、不足分が分かります。この不足額が今後積み立てていきたい目標金額ということになります。

●定年以降も65歳の年金支給時期まで働くことや、投資という選択肢も

一般的には定年が60歳という企業が大半ですので、年金が支給される65歳までは無収入の時期です。もし不足額が大きく老後の生活費の準備だけでも大変という場合は、「元気なうちは働く」など先々の働き方を見直すことも必要です。

●20年後のために「つみたてNISA」を活用した資産運用もおすすめ

20年後に使う資金なら、つみたてNISA制度を活用しながら資産運用を検討してもいいと思います。投資なので必ず増えるわけではない、というリスクはありますが、長期的にコツコツ積み立てると預貯金より増やすことが期待できます。
つみたてNISAは、金融庁が個人の資産形成を後押しするために設けた利益が非課税になる制度です。運用コストもかなり抑えられる仕組みになっているのでおすすめです。

20年後に使う予定の介護費用を貯蓄することを念頭に、老後資金の計画や考え方などを記させていただきました。生活費には趣味などの費用も盛り込んでおくと将来がさらに楽しいものとなるでしょう。筆者は子育て現在進行形の身です。先輩ママであるTさんの「今エンジョイしている」という言葉に胸が躍ります。この回答が少しでもお役に立ちますと幸いです。

▼関連記事

【30代女性の家計簿診断】「家計が苦しい」手取り28万で家族5人生活、貯金は… ※外部サイトに遷移します

貯金ほとんどゼロ!独身40代後半の女性が将来を相談…老後のお金が不安 ※外部サイトに遷移します

50代主婦。子どもの結婚や教育費で貯金がゼロに! ※外部サイトに遷移します

fpフェアリンク株式会社 代表取締役 白浜 仁子

資格

ファイナンシャル・プランナーCFP®

経歴

・2018年10月~ fpフェアリンク株式会社 代表取締役
・2017年11月~ 西日本新聞社マネー情報紙「Oh! Yen!オーエン」 専属ファイナンシャルプランナー
・2016年4月 FPオフィス フェアリンク開設
・2014年4月~2018年3月 日本FP協会福岡支部 副支部長
・2010年4月~2014年3月 日本FP協会福岡支部 幹事
・2008年7月 内山FP総合事務所株式会社 専務取締役
・1990年4月 地元の銀行に入行

専門分野

資産運用、住宅ローン、生命保険、相続、家計管理などライフプラン全般について多方面からサポートできるのが強み。
主婦として、母として、起業家としての経験を生かし専門知識とともにアドバイスを行う。
相談業務以外には、講演、企業研修、執筆などにも従事する。

HP

http://fairlink-fp.com/ ※外部サイトに遷移します

記事提供:ウェブマガジン「mymo」

記事画像

毎日お金とポジティブにつきあうための情報を提供しています。
夢や目標を実現するためにお金ともっと仲良くなりませんか?

【あわせて読みたい】※外部サイトに遷移します

自分で用意する年金「イデコ」に入ると得な人、損な人

老後貧乏にならない!今から知っておきたい退職金のこと

貧乏社会人にならないために、社会人1年目がやるべき貯金の方法は?

【FPへ相談!】老後資金はどれくらい必要? 毎月の貯金をどれくらいしておくべき?

提供元:人生100年時代、老後貧乏を防ぐ60歳からはじめる貯金テクニック|mymo

おすすめコンテンツ

関連記事

ヘッドホン一つでどこでも読書♪オーディオブックおすすめ3選

ヘッドホン一つでどこでも読書♪オーディオブックおすすめ3選

思わず注目!おしゃれな電動自転車シーン別おすすめ9選

思わず注目!おしゃれな電動自転車シーン別おすすめ9選

えっ!?そんなことが仕事になるの?意外に稼げる面白い仕事

えっ!?そんなことが仕事になるの?意外に稼げる面白い仕事

マイナポイントの申込み方法を分かりやすく、プラスαのおトク情報も!

マイナポイントの申込み方法を分かりやすく、プラスαのおトク情報も!

戻る