メニュー閉じる

リンククロス シル

リンククロス シルロゴ

2019.08.11

自宅で出来る日焼け後の美容ケア!体の外側と内側からアプローチして光老化を予防しよう


日焼け後のケアで日焼けのリカバリーができる!?

夏といえば、海、花火、スイカ、マリンスポーツ、川遊び……。イベントも盛りだくさん!外に出かけるのが楽しい季節だ。

しかし一方で、夏は1年の中で紫外線量がもっとも多く、女性の大敵の季節とも言える。そもそも紫外線にはUV-A(紫外線A波)、UV-B(紫外線B波)の2種類があるが、厄介なのがUV-A。

肌の深い部分にある真皮にまで紫外線が到達し、シミ・そばかす・シワ・たるみ、といった「光老化」を引き起こす張本人だ。

うっかり日焼けをしてしまった…と落ち込むことはない。日焼け後のケアをしっかりとすればリカバリーは可能なのだ。そこで今回は、身体の外側・内側の両方から、自宅でできる日焼け後の美容ケアを紹介しよう。

日焼け後はとにかく保湿をして冷やすこと

大切なのは、保湿ケア!

大切なのは、保湿ケア!

日焼けをすると肌の水分が蒸発しやすくなり、乾燥が加速する。そのため、まずは化粧水を使用して水分を補おう。

化粧水を塗布する役割は、角層から蒸発した水分を補うこと。そして、肌を冷やす役割もある。もし肌に火照りや赤みが出ている場合は、冷蔵庫で冷やした化粧水を使い、ローションパックするのも1つの手。

温度の低い化粧水を使うことで、より一層肌を冷やすことができる。また、抗炎症作用、鎮静作用が期待できる化粧水を使用すると、日焼け特有の炎症を抑えることができるので、覚えておこう。シミ・そばかすが気になる方は、ビタミンC誘導体入りのローションを選ぶのも王道だ。

化粧水だけでは乾燥が加速!保湿剤を使用して肌にうるおいを与えよう

肌の保湿は「化粧水だけでいいや」と、なりがちだが、これはNG。化粧水のみだと肌を覆うことができないため、逆に水分が蒸発して乾燥を悪化させることもある。ここで、水分の蒸発を抑え、肌の保湿に役立てるのが「保湿剤」。

保湿剤とは、美容液、乳液、ジェル、クリームといった種類があるが、その中でもおすすめしたいのが美容液とジェルだ。乳液やクリームは油分が多いため肌を完全に覆ってしまい、日焼け後の火照りがこもることもありえる。サッパリした使用感のあるものを使いたい。

一方で美容液とジェルには、ヒアルロン酸、グリセリン、セラミド、コラーゲンなど保湿成分が含まれているものが多く、日焼け後に失われがちな水分を保持する働きがある。テクスチャーも重たくならず、火照りがこもることも少ない。

美容に気をつけたい女性には、化粧水で肌を冷やして角層に水分を与えた後、美容液やジェルを用いて保湿。この一連の流れを心がけてもらいたい。

身体の中から日焼けの炎症を抑えるために摂りたい栄養素

内側からもアプローチを!

内側からもアプローチを!

もちろん身体の内側からのケアも有効的だ。日焼けは火傷と一緒であり、肌はダメージを負っている。回復を促すために、栄養面も重視しよう。

日焼け後のケアに効果的な栄養素1、タンパク質(肉、魚、卵、大豆製品、乳製品)

タンパク質は、肌の材料になる重要な栄養素。肌にしなやかさや弾力を与えている、コラーゲン・エラスチン線維の生成にも役立つ。

日焼け後のケアに効果的な栄養素2、ビタミンC(いちご、キウイ、グレープフルーツなどの柑橘系の果物)

ビタミンCには抗酸化作用があり、肌トラブルの元になる活性酸素の増加を抑えるほか、シミの元になる、メラニン色素の発生を活発化させる「チロシナーゼ」という酵素の働きを抑制する作用がある。

日焼け後のケアに効果的な栄養素3、ビタミンE(アーモンド、かぼちゃ、うなぎ、たらこ)

血行促進作用、強力な抗酸化作用があると認められており「若返りのビタミン」とも称される。血行促進作用で新陳代謝が促され、強力な抗酸化作用には紫外線から身を守る働きもあるため、光老化の予防にも役立つ。

日焼け後のケアに効果的な栄養素4、ビタミンA(人参、かぼちゃ、モロヘイヤ、レバー)

抗酸化作用と肌や粘膜を正常に保つ働きがあるため、美肌作りに欠かせないビタミン。紫外線を浴びてダメージを受けた肌の回復にも役立つ。

日焼け後のケアに効果的な栄養素5、亜鉛(豚肉、牛肉、レバー、カキ、しじみ)

日焼けをすると、肌のハリや弾力を保っている真皮にダメージが加わる。そこで、亜鉛+ビタミンCの組み合わせをオススメしたい。これらを同時に摂取すると、コラーゲンの生成を促すことができる。

日焼けしてもあきらめず、アフターケアを徹底しよう!

夏の日焼けは避けては通れない。しかし、日焼け後も入念にケアしていけば日焼け後のダメージが軽減される可能性がある。
日焼けしたからと言ってあきらめずに、アフターケアをしてダメージを抑えよう。

文=seina (せいな)
Webライター·ブロガー。ベーシックアロマセラピスト/ダイエット検定1級・2級をもち、運営ブログ「美しくなければ生きていけない」では、「美しくなること」をメインテーマに、美容整形、筋トレネタを中心に執筆している

ブログ「美しくなければ生きていけない」 ※外部サイトに遷移します

記事提供:(株)CHINTAI

TVCM放映中。
「じぶんらしく、部屋をさがそう。」
ネットでCHINTAI~♪でおなじみのCHINTAIです。

子育て世帯のみなさんに 子育てCHINTAIアドバイザー ※外部サイトに遷移します

一人暮らしの女性に Woman.CHINTAI ※外部サイトに遷移します

【あわせて読みたい】※外部サイトに遷移します

徹底的に日焼けを防ぎたいなら要チェック! 紫外線対策グッズの選び方・使い方

【助けてカリスマ美容師!】サラツヤのモテ髪になりた~い!家でできるヘアケアを実践!

子供の日焼け対策は大丈夫?デリケートな肌を紫外線から守る方法

いま話題の「カラーバター」で染めた髪を長く保つためのアフターケアのコツ

提供元:自宅で出来る日焼け後の美容ケア!体の外側と内側からアプローチして光老化を予防しよう│CHINTAI

おすすめコンテンツ

関連記事

「肌荒れ・くすみ」女性を輝かせる甲状腺ホルモン

「肌荒れ・くすみ」女性を輝かせる甲状腺ホルモン

フェイスマスク「ルルルン」シリーズがリニューアルしてパワーアップ!

フェイスマスク「ルルルン」シリーズがリニューアルしてパワーアップ!

おサボリムジンで東京タワーへ! サボリーノの夜用パックも試してきた

おサボリムジンで東京タワーへ! サボリーノの夜用パックも試してきた

ヘアカラー、ネイル、脱毛……女性の美容サロンデビューは何歳?

ヘアカラー、ネイル、脱毛……女性の美容サロンデビューは何歳?

戻る