メニュー閉じる

リンククロス シル

リンククロス シルロゴ

2019.05.22

痛風の症状や原因、食べてはダメな食事内容を専門医に聞いた


インデックス

・痛風の症状
・痛⾵の原因
・痛風時に避けたい食品
・痛風発作の治療
・痛風予防のために気をつけるべき点

風が当たるだけで痛いといわれる「痛風」。ビール好きで、ぜいたくな食事ばかりしている中年男性がなる病気というのが一般的なイメージだろう。

公益財団法人痛風財団の平成28年度事業報告書によると、痛風の通院患者数は年々増え続けて現在約100万人と推定されている。従来は中高年男性に多かった痛風だが、近年は食生活の変化に伴って20~30歳代の若い男性にも発病が目立ってきているという。

そこで今回、内分泌代謝専門医の山本咲医師に痛風の症状や原因、予防法などについてうかがった。

痛風は成人男性に増えている

痛風は成人男性に増えている

痛風の症状

痛風の症状といえば、急に足の親指の付け根などの関節が赤く腫れて痛みだすことがよく知られているが、山本医師によると、この痛風発作が起こる前に実は予兆があるという。

「よく患者さんが訴える予兆としては関節のムズムズ感があります。急激に発症し、24時間以内にピークに達することが多く、変が起こりやすい好発部位は足の親指の付け根や足関節ですが、そのほか肘関節、手首や手指、膝の関節などに起こることもあります。また関節の腫れ、熱感、発赤を伴います」

痛風発作は一般的に、骨折よりも強く我慢できない激痛を伴う。痛みのために2、3日は歩けなくなるのが普通だという。

痛⾵の原因

痛風発作の原因は尿酸が関節に蓄積すること。そもそも尿酸は「プリン体」という物質が体内で分解されてできる産物で、血液の中にある一定量は存在している。尿酸値が7㎎/dlを超えると高尿酸血症であり、8mg/dl以上だといつ痛風発作を発症してもおかしくない状況だ。

「口からプリン体として摂取され、エネルギー合成の産物として尿酸が体内で作られ、一時的に体内に保たれた後に尿や便などで体外に排泄されます。ところが、何らかの原因により体内で尿酸が過剰になると、余分な尿酸がナトリウムと結合し塩を作り尿酸塩になり、さまざまな臓器に付着します」

尿酸塩が関節滑膜にたまると痛風発作になるが、たまる場所によって発病する病気が異なる。

痛風結節

……皮膚の下に結節ができることを痛風結節と呼ぶ。痛風結節はまれには脊髄にたまり、神経症状の原因になるケースもある。

尿路結石

……腎臓で作られた尿の通り道である腎盂腎杯や尿管、膀胱、尿道などに石ができること。尿路結石は、石ができる場所や大きさによって「腎結石」(鈍い痛み)や「尿管結石」(石がある側のわき腹や背中、お腹に激しい痛みが生じる)などに分類され、その症状も異なる。

痛風時に避けたい食品

痛風の人が避けるべきなのは、プリン体の多い食事。尿酸はプリン体の分解産物のため、食べ物からプリン体を過剰に摂取すると尿酸が増える。プリン体の多い食品にはレバー類(210~320mg/100g)、白子(300mg/100g)、エビ、イワシ、カツオ(210~270mg/100g)などの一部の魚介類があり、これらを食べすぎないように注意する必要がある。

「高尿酸血症の患者さんは過食や高脂肪、高たんぱく食、果糖の過剰摂取、過剰飲酒、運動不足などの生活習慣の乱れを伴い、メタボリックシンドロームを合併しているケースも多いです。まず、摂取カロリーの適正化を心がけましょう。通常、総カロリーが50%減ると、プリン体摂取も同時に50%になります」

また、アルコール飲料自体に含まれるプリン体量はあまり多くないものの、アルコールの作用が加わって尿酸値が上昇する。ビール(12~25mg/350ml)や紹興酒(21mg/180ml)は、アルコール飲料の中でも比較的プリン体が多く、ビールを1缶毎日飲む人では、6年間に血清尿酸値が0.5~1.0mg/dl上昇すると報告されている。

「バランスのよい食生活を心がけて節酒し、果糖の摂り過ぎも控えましょう。また、脱水になると尿酸値も上昇し、痛風や尿管結石などを起こしやすくなります。これから汗をかく日も増えてきますので、しっかり水分補給するようにして脱水に注意してください」

痛風発作の治療

痛風の治療は、前述したような食生活の改善に加えて、薬物療法を行う。

「痛風発作時は、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDS)が有効であり、無効時は副腎皮質ステロイドホルモン剤を用いることがあります。また、前兆期の発作予防にコルヒチンという薬剤を用います。初期症状である違和感、ムズムズ感があるうちに治療を開始すれば、痛風発作を未然に防ぐことが可能です。また、痛風発作を起こさないためには、普段から血中尿酸値を基準値内に収めておく必要があり、生活習慣の見直しで改善がない場合は、尿酸降下薬を定期的に内服することも必要でしょう」

高尿酸血症は、痛風発作以外にも動脈硬化による大血管障害(狭心症、心筋梗塞、脳梗塞)の危険因子としても知られているため、きちんと管理しておくことが重要だ。

痛風予防のために気をつけるべき点

「痛風にならないようにするには『肥満の是正』『十分な水分摂取』『プリン体の多い食品を控える』『アルコールを控える』『適度な運動の実践』が大切となります」と山本医師は話す。

毎日デスクワークが中心で、仕事終わりに一杯ひっかけてから帰宅するようなビジネスパーソンにとってはなかなかハードルが高い予防策かもしれない。ただ、「骨折以上の激痛」と「ライフスタイルの改善」のどちらがいいかと問われたら、後者を選ぶ人の方が多いはず。つらい痛風を避けるため、できることから始めていくのがいいだろう。

※写真と本文は関係ありません

取材協力: 山本咲(ヤマモト・サキ)

都内の大学病院で初期臨床研修後、同病院の糖尿病代謝内分泌内科医局に入局。糖尿病専門医、内分泌代謝専門医を取得。現在は神奈川県内の大学病院にて糖尿病代謝内分泌分野を中心とした内科診療に携わっている。En女医会所属。

En女医会とは

En女医会は150人以上の女性医師(医科・歯科)が参加している会。さまざまな形でボランティア活動を行うことによって、女性の意識の向上と社会貢献の実現を目指している。会員が持つ医療知識や経験を活かして商品開発を行い、利益の一部を社会貢献に使用。また、健康や美容についてより良い情報を発信し、医療分野での啓発活動を積極的に行う。

En女医会 ※外部サイトに遷移します

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

【あわせて読みたい】※外部サイトに遷移します

ダイエットに有効な食事を内科医に聞く

秋元才加がはまっているダイエット

ヘルシーで太りにくいラーメンの食べ方とは

提供元:痛風の症状や原因、食べてはダメな食事内容を専門医に聞いた|マイナビニュース

おすすめコンテンツ

関連記事

医師が解説 - 予防接種が社会人の常識である理由 第1回 麻疹が世界中で「はやる」のはなぜ?

医師が解説 - 予防接種が社会人の常識である理由 第1回 麻疹が世界中で「はやる」のはなぜ?

腸内細菌と大腸がんの気になる関係

腸内細菌と大腸がんの気になる関係

がんになってより強く生きる -「キャンサーペアレンツ」西口洋平さんに聞く

がんになってより強く生きる -「キャンサーペアレンツ」西口洋平さんに聞く

【メタボ健診】腹囲を測定するだけ!メタボチェックしてみませんか?

【メタボ健診】腹囲を測定するだけ!メタボチェックしてみませんか?

戻る