メニュー閉じる

リンククロス シル

リンククロス シルロゴ

2019.05.19

自炊で節約できるのは本当?食費を安く抑える効果的な方法まとめ


記事画像

一人暮らしは、実家暮らしとは違って様々な出費がかさんできます。中でも食費は、毎日お金がかかるため、少しでも節約したいと考えている人もいるのではないでしょうか?

そこで今回は、できるだけ食費を節約したいと考えている女性に向けて節約に関する情報を紹介!自炊による節約のコツや自炊・中食・外食をうまく使い分けて節約するためのポイント、常備しておくと便利な食材などに関して解説していきます。

目次

・1 もっとも食費が節約できる方法とは?

  ・1.1 自炊の場合

  ・1.2 中食の場合

  ・1.3 外食の場合

・2 自炊による節約のコツ

  ・2.1 コツ1:作り置き

  ・2.2 コツ2:電子レンジの活用

  ・2.3 コツ3:安い食材の購入

  ・2.4 コツ4:長期保存できる食材を常備

  ・2.5 コツ5:食材ごとの冷凍保存方法を把握

   ・2.5.1 ご飯の冷凍保存方法

    ・2.5.2 パンの冷凍保存方法

   ・2.5.3 野菜の冷凍保存方法

    ・2.5.4 果物の冷凍保存方法

   ・2.5.5 料理の冷凍保存方法

・3 中食による節約のコツ

  ・3.1 コツ1:自炊にこだわりすぎない

  ・3.2 コツ2:セール時間に購入する

  ・3.3 コツ3:ご飯だけは炊いておく

・4 食費の節約を成功させるコツ

   ・4.1 コツ1:コンビニは極力使わない

  ・4.2 コツ2:ドリンクは持参する

   ・4.3 コツ3:ポイントを貯める

  ・4.4 コツ4:お酒の節約方法を覚える

   ・4.5 コツ5:たまには外食もする

・5 食費の節約は自炊が一番!でも杓子定規に考えすぎないように

もっとも食費が節約できる方法とは?

記事画像

一人暮らしで食費を節約していくには、何が最も節約できる方法なのかを知っておくことが大切です。そこで、ここからの段落では自炊・中食・外食の中で最も節約になる方法を解説します。

自炊の場合

1週間3食自炊することを仮定し、1週間分の食費をシミュレーションします。そして、自炊がどのくらい節約になるのかを解説していきます。

【1週間分の食事に使用する材料】
<主食の場合>
お米1kg=500円
パン1斤=120円
焼きそば=3人前で120円
そうめん=1パック100円

<肉類>
鶏もも肉300g=400円
ソーセージ2袋=300円

<野菜類>
トマト3個=180円
キュウリ3本=120円
玉ねぎ3個=120円
キャベツ1個=200円
じゃがいも3個=300円程度

<その他の食材>
豆腐1個=80円
納豆3パック=98円
卵1パック=150円

人によって使う食事の量が異なるため食材の量も前後しますが、シミュレーションしたこれらの食材を合計すると【2,788円】です。これより多くなるケースもありますが、費用的には自炊が最も食費の節約になります。

中食の場合

中食とは、スーパーやコンビニエンスストアなどで販売している調理済みの食品を買ってきて食べることです。3食中食として1週間分のシミュレーションで、中食がどのくらい節約になるのかを把握しておきましょう。

【中食の1食分】
ポテトサラダ=150円
メインの惣菜=250円
おにぎり2つ=100円

合計=600円の食費
これを1週間続けると600円×3食×7日間=【12,600円】です。

自炊で1週間分の食事を済ませることを考えると、食材を沢山使ったとしても1週間で5,000円程となります。全て中食にした場合と比較すると半分以下の費用で済むため、中食よりも自炊の方が食費がかかりません。

また、場合によってはこのシミュレーションよりも多い量の中食を食べることもあるので、中食は2番目に節約となる食事方法です。

外食の場合

外食をしたときの食費をシミュレーションします。

<朝ごはん>
喫茶店やファストフード店で食事=500円程の費用

<昼ごはんと夜ご飯>
1000円ずつとした場合=合計2,500円

これを1週間毎日続けたとすると、2,500円×7日間=【17,500円】となり、中食や自炊よりもかなりの費用がかかってしまいます。

また、外食は友人や知人、会社などの同僚などと一緒に食べに行くこともあります。複数人で居酒屋やレストランなどで食事をすると、上記のシミュレーションよりも高い費用がかかるケースも存在します。そのため、外食はどの食事方法よりもお金がかかってしまいます。

自炊による節約のコツ

食費を節約するために、この段落からは自炊する際のコツをいくつか紹介します。どれも簡単にできるので、実践してみましょう。

コツ1:作り置き

記事画像

作り置きしておくことで、数日間であればその都度料理を作る必要がないため手間がかからず、費用も抑えられます。作り置きする際は、日持ちする調理法で少しでも長く冷蔵庫で保管できるようにしておきましょう。煮物や酢の物などは日持ちしやすいので、作り置きに適した料理です。

コツ2:電子レンジの活用

記事画像

電子レンジをうまく活用すれば自炊の負担が少なくなり、手軽に毎日料理を作ることができます。ポイントは自炊を習慣づけて、電子レンジの活用に慣れていくことです。

電子レンジの活用方法としては、食材の下ごしらえなどがあります。じゃがいもや玉ねぎといった野菜をクッキングペーパーやラップなどに包んで電子レンジで温めると、調理時間を短くすることができます。

コツ3:安い食材の購入

記事画像

自炊するときはなるべく安い食材を購入して、食費を節約できるようになりましょう。納豆やもやし、豆腐、鳥の胸肉などは安く売られている食材なので、これらを使って自炊することで食費を削減できます。

さらに、スーパーやデパートなどで行われるセール品を狙って購入することで、より食材を安く購入できるためおすすめです。

コツ4:長期保存できる食材を常備

記事画像

長期保存できる食材を常備しておくことで、食材を何度も買いに行く手間を省き、食材を捨てることも少なくなるため食費を無駄にすることがありません。

長期保存できる食材としては、乾麺や冷凍麺、小麦粉などがあります。乾麺は長期保存が効くだけでなく、価格も安く設定されているので食費を節約できます。冷凍麺も同様に長期保存できる他、電子レンジを使えば簡単に調理可能です。

また、小麦粉は料理にとろみをつけるためにも使えますが、水とんを作ったり、他の粉物系の料理に活用できるので応用が効く食材となっています。

コツ5:食材ごとの冷凍保存方法を把握

記事画像

自炊により食費を節約するには、食材ごとに適した冷凍保存方法を知っておくと役に立ちます。食材をそれぞれ適切に保存しておくことができれば、より長持ちさせられる他、解凍したときに美味しい状態で料理を食べることができます。ここからはそれぞれの食材ごとに適した冷凍保存方法を解説します。

ご飯の冷凍保存方法

冷凍保存するときは、炊いたご飯を冷ましてからおにぎりにして、ラップでくるんで保存します。

このとき、なるべく空気が入らないようにピッタリとくるむことがコツです。食べるときはレンジで解凍します。美味しく食べたい場合は、焼きおにぎりにして冷凍しておく方法もあります。

パンの冷凍保存方法

パンを冷凍する際は、1枚ずつラップでピッタリとくるんで冷凍します。ラップでくるんだときに空気が入ってしまうと乾燥してしまい、解凍して食べる際にパサパサした食感になってしまう恐れがあるので注意しましょう。

また、ちょっとした小ワザとして、1cm角に切って油で炒めてから冷凍しておくと、クルトンになります。

野菜の冷凍保存方法

野菜の冷凍は、まず調理しやすい大きさにカットして、食料保存袋などへ入れて冷凍します。すると、調理するときにそのまま使うことができます。冷凍方法の例として、人参は3〜5mm角程度のブロック状にしておくと、解凍したあとの食感の変化が気にならなくなります。

また、水分を多く含む野菜は味や食感が変わりやすく、冷凍に向かないため注意しましょう。

果物の冷凍保存方法

果物は種類ごとに冷凍方法が異なります。キウイの場合は皮をむいてスライスしておき、グレープフルーツは一房ずつ皮をむいておきます。さらに、スイカは種を取ったあとにカットしてからバットに並べて保存しておきます。こうしておくとスムージーやトッピングなどに使いやすくなります。

また、水分の多い果物は食感が変わり、味が薄くなりやすいので冷凍には向きません。

料理の冷凍保存方法

既に調理済みの料理も適切な冷凍保存方法があります。例えば、ハンバーグの場合は焼き色をつけた状態で冷凍し、食べるときは煮込みハンバーグにすると中を温めながらしっかりと味を染み込ませることができます。

また、餃子は加熱調理する前の状態で食料保存袋へ入れて冷凍し、食べる際は電子レンジなどで解凍すると調理可能です。

中食による節約のコツ

自炊が苦手な人でも、中食による節約のコツを知っていれば、ある程度の食費を節約することができます。どのようなコツがあるのか見ていきましょう。

コツ1:自炊にこだわりすぎない

記事画像

自炊だけにこだわりすぎると、仕事や学校が忙しく時間の取れないときに自炊ができないという理由でストレスが溜まってしまいます。すると、自炊自体が嫌になり習慣的にやらなくなってしまい、食費がかさんでいく恐れがあります。うまく中食を取り入れることも意識しておくと自炊が続きやすく、食費の節約につながっていきます。

コツ2:セール時間に購入する

記事画像

日頃から中食が多い場合は、スーパーやデパートのセール時間に惣菜などを購入することで食費節約につながります。セール時間の目安としては、夕方から夜になる時間帯です。この時間帯になると、20%や30%などの値引きが始まります。

また、帰りが遅くなる日であっても、近くに24時間営業のスーパーがあれば惣菜コーナーに立ち寄ってみましょう。割引シールの貼ってある惣菜が残っている可能性があります。

コツ3:ご飯だけは炊いておく

記事画像

中食で毎日の食事をまかなっている人は、せめてご飯だけでも自宅で炊いておきましょう。食事全てを中食にしてしまうとお金がかかりすぎてしまいます。そのため、ご飯だけでも炊いて、おかずだけを買って食べるようにすることで、ご飯の分の食費を節約できます。

また、惣菜よりもお弁当の方が安く売っているスーパーもあります。ご飯が炊けない場合は惣菜コーナーとお弁当コーナーの両方を覗くようにしましょう。

食費の節約を成功させるコツ

食費を節約するには、いくつかのコツを把握しておくと効果的です。これから節約しようと考えている人は、ここから紹介する5つのコツを実践してみましょう。できるところから少しずつ始めていくことが大切です。

コツ1:コンビニは極力使わない

節約を成功させるには、コンビニエンスストアでの買い物をなるべく減らしていくことが大切です。コンビニエンスストアは買い物するには便利ですが、基本的に定価でしか商品を販売していません。店舗の方針によっては安売りしている商品もありますが、スーパーやデパートの方が割引していることが多くなっています。コンビニエンスストアの利用は極力避けて、節約を成功させましょう。

コツ2:ドリンクは持参する

記事画像

職場や学校、プライベートなどで外へ出かけるときは、ドリンクを持参するようにします。

例えば、150円前後のペットボトル飲料を1日に2本買うと300円の出費になります。これを30日続けた場合、9,000円の出費となってしまいます。

そこで、コーヒーやお茶などの飲料を自宅で作って職場や学校などに持っていけば、ドリンクにかかる出費を削減できます。特に気温の上がる夏は、ドリンクの持参を心がけると大きな節約につながります。

コツ3:ポイントを貯める

記事画像

スーパーやドラッグストアなどでは専用のポイントカードを作っておくと、商品を購入するたびにポイントを貯められる制度があります。溜まったポイントで商品を購入できたり、景品と交換できるため、お得に買い物できます。

また、ポイントカードを忘れた場合は、次回の購入時に一緒にポイントを加算してもらうよう、店員に相談してみましょう。お店によってはレシートの裏にポイント用のスタンプを押してもらうと、次回以降に反映させてもらえます。

コツ4:お酒の節約方法を覚える

記事画像

食費を節約するには、お酒代を節約することも覚えておく必要があります。まず、普段からビールを飲んだいる人は、発泡酒を選ぶようにしましょう。発泡酒の方が価格的に安く販売されています。

さらに、缶で個別にお酒を購入するのではなく、ウイスキーやジン、ウォッカなどのアルコール度数の高いお酒をボトルで購入します。そして、炭酸水やジュースなどでこれらのお酒を少しずつ割って飲む方がお酒代を安く済ませることができます。

コツ5:たまには外食もする

記事画像

毎日自炊や中食ばかりでは飽きてしまったり、料理を作ることに手間がかかることで疲れてしまいます。さらに、節約を意識しすぎて精神的に負担がかかり、ストレスを感じてしまう恐れもあります。

たまには節約を頑張っている自分へのご褒美として多少お金を使って外食することも、無理をせず節約を成功させるためには効果的です。

食費の節約は自炊が一番!でも杓子定規に考えすぎないように

食費を節約するのであれば自炊が最も効率の良い方法となっています。しかし、仕事や学校の都合で時間がなかったり、疲労がたまってしまうと思うように料理を作れないこともあります。無理をすると自炊自体が嫌になって習慣的にできなくなることもあるため、中食やご褒美の外食などをうまく活用しながら賢く節約していきましょう。

我慢しすぎるのではなく、適度に発散することも節約を成功させるためには大切なコツです。

記事提供:Woman.CHINTAI

「Woman.CHINTAI」はCHINTAIが運営する、一人暮らしの女性にとって最適な賃貸物件検索サイト!

Woman.CHINTAI(ウーマンドットチンタイ)※外部サイトに遷移します

はじめての一人暮らしでも、安心して部屋探しができるように様々な工夫を凝らしています!
自分で探すのが面倒な人は待っているだけでプロが希望通りのお部屋を紹介してくれる、「CHINTAIエージェント」もチェック!

「CHINTAIエージェント」※外部サイトに遷移します

また、「Woman.CHINTAI」のInstagramアカウントでは、首都圏の駅を女性に擬人化してファッショナブルなイラストでご紹介中!
街の雰囲気や特徴をわかりやすくお伝えしているので、是非フォローしてみてください。

Instagramアカウント(@woman.chintai)※外部サイトに遷移します

【あわせて読みたい】※外部サイトに遷移します

家賃がお得?「フリーレント」の意味と、 条件の良い部屋に安く住む方法

掃除に便利な「無水エタノール」の使い方10選!使用時の注意点も紹介

一人暮らしの自炊は外食より節約になる?節約レシピや自炊のポイントを紹介!

収納スペースや騒音が気になる!一人暮らしに適した掃除機の選び方

提供元:自炊で節約できるのは本当?食費を安く抑える効果的な方法まとめ|Woman.CHINTAI

おすすめコンテンツ

関連記事

【きょうの健康レシピ】エリンギピザトースト

【きょうの健康レシピ】エリンギピザトースト

日本茶アーティストが伝授! 誰かと一緒に飲みたくなる簡単なお茶の楽しみ方

日本茶アーティストが伝授! 誰かと一緒に飲みたくなる簡単なお茶の楽しみ方

【きょうの健康レシピ】茶わん蒸し

【きょうの健康レシピ】茶わん蒸し

「夏の終わりに甘酒」

「夏の終わりに甘酒」

戻る