メニュー閉じる

リンククロス シル

リンククロス シルロゴ

2019.04.26

長期で家を空ける前にやるべきこととは?旅行や帰省前にチェックしよう!


記事画像

年末年始の帰省や旅行などで家を長期間空ける時に、泥棒に入られないか、自分が居ない間に火事になったりしないかなど、色々と心配になってしまうという方も多いのではないでしょうか。

さらには、帰ってきた時の家の状態が気になるという方もいるかもしれません。安心して出かけられるように、また、帰ってきた時に快適に過ごせるようにするには色々と対策しておくことが大切です。今回は「防犯・衛生・防災」の3点にわけて、出かける前にやっておくべきことを説明していきます。

目次

・1 家を空ける前にやっておくこと【防犯面】
  ・1.1 戸締りをする

  ・1.2 現金・貴重品は置いていかないようにする

・2 家を空ける前にやっておくこと【衛生面】

  ・2.1 掃除・ゴミの処理をする

  ・2.2 植物の水やりの工夫をする

・3 家を空ける前にやっておくこと【防災面】

  ・3.1 コンセントやブレーカーを切っておく

  ・3.2 ガス・水道の栓をしめておく

・4 家を空ける前に連絡を入れておくべきところ

  ・4.1 新聞配達

  ・4.2 郵便局

  ・4.3 大家さん・不動産会社

  ・4.4 料金の支払い先の会社

・5 長期で家を空けた帰宅後にやるべきこと

  ・5.1 防犯アラームを解除する

  ・5.2 家族や友人に預けているものを引き取りに行く

  ・5.3 冷凍庫の生ゴミを処理する

  ・5.4 支払いを済ませる

・6 家を空ける前にやるべきことをやって気持ちよく出かけよう

家を空ける前にやっておくこと【防犯面】

記事画像

まずは、防犯面に関してやっておくべきことを紹介します。安心して家を空けるためにも重要なポイントになるので、しっかり確認しておきましょう。

戸締りをする

家を空ける時には、必ず鍵がかけられる窓にはすべて鍵をかけておくようにしましょう。当たり前のことかもしれませんが、意外と忘れがちなことです。中には、換気のために小さな窓を開けて外出するという方もいますが、防犯面のことを考えるとそれは危険なのでやめましょう。

また、普通の鍵だけでは心配という方は、補助錠や防犯アラームも合わせて活用すると安心です。その他にも、窓に防犯シャッターがついているなら、必ずシャッターもおろしてください。防犯シャッターをおろしておくだけで、留守時に窓から空き巣に侵入される可能性が格段に減ります。出発する前には、どこか鍵をかけていない箇所はないか、戸締まりを再度確認してから外出するようにしましょう。

現金・貴重品は置いていかないようにする

現金を家に置いたまま長期間外出しないというのも、防犯対策としては効果的です。現金を置いておかなければ、万が一空き巣に入られても被害を最小限に抑えることができます。

また、通帳と印鑑は別の場所に保管しておいたほうがよいでしょう。通帳と印鑑がセットで盗まれてしまうと被害は拡大します。できればどちらか一方は自分で持って外出することがおすすめです。それができないようなら、家族に預けて外出するようにしましょう。

家を空ける前にやっておくこと【衛生面】

長期間家を空ける場合は、衛生面にも気を配る必要があります。どんなことをしておけば、安心して外出できるか見ていきましょう。

掃除・ゴミの処理をする

記事画像

家を長期間空けると、家中に臭いがこもったりカビが生えたりする心配があります。これを防ぐためにも、しっかりと衛生面の対策をしてから外出することが大切です。

まず、外出前にしておきたいのが水回りの掃除です。水回りというのはどうしてもカビや臭いが発生しやすい場所です。しっかり掃除しておかないと、帰ってきた時に嫌な臭いが充満していたり、大量のカビが生えていたりとトラブルになりやすいので気をつけましょう。

排水口や三角コーナーの生ごみを処分しておくことも大切です。生ごみを放置するとそこから嫌な臭いが発生します。洗面所やお風呂場の排水口も合わせて綺麗にしておくことで、カビや臭いの発生を防ぐことができます。

また、外出前に生ごみを処分したいと思っても、タイミングが合わないこともあるでしょう。そういう時はジッパー付きの袋に生ごみを入れて、冷凍庫で保存しておくと臭いが出ません。その他にも、冷蔵庫の中身を出来るだけカラに近づけるなど、ゴミを減らす努力をしてから外出するようにしましょう。

植物の水やりの工夫をする

記事画像

家で植物を育てているという方は、外出前に水やりの工夫をしておく必要があります。まず、外出中に植物が枯れないように、水受け皿にしっかり水を張っておきましょう。ただし、鉢の底から根が出ている場合は、根腐れを起こしてしまう心配があるのでNGです。

また、便利な給水グッズが出ているので、それを利用するのも良いでしょう。中には、一定時間ごとに自動で水やりをしてくれるようなグッズもあります。こういったグッズを使えば、外出中の水やりを心配する必要もありません。もし、身近に家族や友人がいるという方は、留守中の水やりをお願いするのも良いでしょう。

記事画像

ANPHSIN 水やり - 6個セット 水やり当番 自動給水器 クリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします

家を空ける前にやっておくこと【防災面】

外出中に家が災害にあってしまったというケースもあります。これを防ぐためには、どういった対策をしておけば良いのか紹介します。

コンセントやブレーカーを切っておく

記事画像

コンセントにホコリが溜まると、そこから発火する危険性があります。これを防ぐために有効なのが、コンセントをすべて抜いておくという対策です。家を空ける時にコンセントを抜いておけば、火災の原因を一つ消すことができます。しかし、すべてのコンセントを抜くわけにもいかないでしょう。基本的には冷蔵庫や設定しなおすのが大変な機器以外は、コンセントを抜くようにしてください。

また、可能なら必要箇所以外のブレーカーを落としておくのもよいでしょう。冷蔵庫があるキッチンはブレーカーを落としてしまうと、冷蔵庫の中野ものが腐ってしまうので、キッチン以外のブレーカーを落としておくとよいです。電気の元を断っておけば、火災が起こるリスクを最小限に抑えることができます。

ガス・水道の栓をしめておく

記事画像

火災が起こる原因は電気だけではありません。ガスが原因で火災が起こる場合もあるため、外出前はガス漏れの対策をしておくことも大切です。長期間家を空ける場合は、ガスの元栓は必ず締めておきましょう。例えば、ガスのゴム管が劣化していると、少量ずつガスが漏れる可能性があります。元栓を締めておけば、万が一ゴム管が劣化していた場合にガス漏れを防ぐことができます。

また、水道の蛇口も忘れずにしっかりと締めておきましょう。水道が出しっぱなしになっていると、外出中に家の中が水浸しになってしまう危険があります。

特に注意したいのが洗濯機周りです。洗濯機と水道がホースで繋がっていますが、不意にホースが外れてしまう場合もあります。水道の蛇口を締めておかないと、ホースが外れた時に水浸しになり、自室だけではなく下の会の人にも迷惑が掛かります。被害が出た場合は、被害額を補償しなくてはいけなくなることもあるので注意が必要です。

家を空ける前に連絡を入れておくべきところ

記事画像

家を長期間空ける場合には、連絡しておいたほうがよい所がいくつかあります。新聞配達や郵便局、大家さんなど事前に連絡しておかないと、後でトラブルになる場合もあるのでどこに連絡が必要か知っておきましょう。

新聞配達

新聞を取っている場合は、外出中に新聞が届くと無駄になってしまいます。連絡すれば配達をストップすることができるので、事前に不在期間は配達しないように連絡しておきましょう。不在期間中に新聞が届くと、ポストにどんどん溜まってしまいます。これはただ無駄になるだけではなく、周りに留守にしていることを知らせることにもなるのです。長期間留守にしていることが分かると、空き巣や泥棒に狙われやすくなってしまうので、必ず新聞はストップしておきましょう。

また、一人暮らしの方は、新聞が溜まっていると中で倒れているのではないかと、周囲に不要な心配をかける原因にもなります。長期間家を空ける場合は、周りに迷惑をかけないためにも新聞をストップしておくことは大切です。

郵便局

郵便物も新聞と同様に、ポストに大量に溜まっていると留守であることが分かってしまいます。少しの間だけ郵便物を止めることなんてできないと思っている方もいるかもしれませんが、30日以内であれば郵便物を配達せずに郵便局に保管しておいてもらえます。30日以内で数日間家を空けるようなら、事前に連絡しておきましょう。

手続は非常に簡単で、最寄りの郵便局へ不在届けを提出するだけです。不在届は郵便局に用意されているものを使うか、インターネット上からダウンロードして印刷することもできます。また、提出する時は身分証が必要になるので持参しましょう。

なお、不在中に保管された郵便物は、保管期間満了日の翌日にまとめて配達されます。注意したいのは不在届を出すと、家族全員分の郵便物が保管されてしまうということです。家族のうち自分ひとりだけを止めることはできません。不在届を出す場合は、家族にも確認してからにしましょう。

大家さん・不動産会社

賃貸物件に住んでいる場合、契約内容によっては長期不在にする時には連絡を入れるように決まっていることもあります。契約で決まっているにも関わらず、連絡なしに長期間不在にしてしまうと契約違反になってしまい、何かしら罰則を受ける場合もあるので注意が必要です。

また、振込や引き落としで家賃を払う場合は良いのですが、家賃を持参して支払っている場合には不在期間中に支払日がないか確認しておきましょう。もし支払日がある時はどうすれば良いか、大家さんや不動産会社に確認しておくことが大切です。

料金の支払い先の会社

長期間外出する場合、電気代やガス代などの支払いができないケースがでてきます。振込用紙でこういった料金を支払っていると、支払票の受け取りができずに支払いができなかったり、海外旅行のため銀行振込ができなかったり、引き落とし用の口座へ資金の移動ができなかったりします。

こういう場合は必ず各支払先の会社に連絡し、どのように対処すれば良いか事前に確認しておきましょう。連絡をせずにいると、支払いができずに電気やガスが止まってしまうこともあります。

また、長期間支払いが滞ると延滞料金がかかったり、最悪契約を解除されてしまったりする場合があるので注意が必要です。事前にしっかり連絡しておけば、こういった事態を回避できます。

長期で家を空けた帰宅後にやるべきこと

記事画像

長期で家を空ける場合、やるべきことがあるのは出発前だけではありません。帰宅後にもやるべきことがあるのですが、不在期間が長くなればなるほど、何をやれば良いか忘れがちです。帰ってきてから何をすべきか迷わないためにも、帰宅時にやるべきことをメモしておくと安心です。では、出かける前に何をリストアップしておけば良いのか詳しく見ていきましょう。

防犯アラームを解除する

防犯アラームの解除を忘れて窓を開けてしまうと大音量が鳴ります。これを聞いて近所の人達が何事かと心配することもあるので、不要なトラブルを避けるためにも必ず解除しましょう。帰宅直後は空気の入れ替えをするために、すぐに窓を開けたくなるものです。ついつい防犯アラームの解除を忘れがちになるので、目に付きやすいところに解除することをメモしておくと良いでしょう。

家族や友人に預けているものを引き取りに行く

外出前に家族や友人に何か預けている場合には、すぐに引き取りに行くようにしましょう。植物の世話を友人や家族に頼んでいたり、通帳や印鑑を預けたりしている場合もあるでしょう。特に、通帳や印鑑は、早めに取りに行っておかないと急に必要になった時に困ります。

また、植物の世話も手間のかかるものなので、預けている期間が長くなればなるほど相手に負担をかけてしまいます。少しでも迷惑をかけないために、帰宅したらすぐに引き取りに行くことが大切です。なお、引き取りに行く時は、お礼の気持ちも込めて旅行のおみやげやお礼の品を渡すと良いでしょう。今後も同じようなお願いをすることになるかもしれないので、その時のためにもしっかりと感謝の気持ちを伝えておくことが必要です。

冷凍庫の生ゴミを処理する

生ごみを冷凍庫に入れて保管していた場合は、その処理も忘れずに行いましょう。いくら冷凍してあるとはいえ、そのままにしておくと臭いが出たり、衛生的にも良くなかったりします。そのため、帰宅直後のゴミの日に必ず捨てるようにしましょう。さらに、何かダメになっている食材はないか、冷蔵庫と冷凍庫のチェックも一緒にしておくと良いでしょう。

長期間家を空けると、冷蔵庫の中に賞味期限が過ぎてしまったものが溜まっているかもしれません。そのままにしておくと、知らず知らずのうちに食べてしまうこともあるので、忘れないうちにしっかりとチェックしておいたほうが安心です。

支払いを済ませる

外出中に待ってもらっている支払いがあるなら、出かける前に決めた期日と方法で忘れずに支払いましょう。こちらの事情で支払いを待ってもらっているわけですから、相手にこれ以上迷惑をかけないためにも素早く支払いを済ませることが大切です。遅れたり忘れたりすると、次回からは待ってもらえないこともあります。そうなると出かける前に全額支払うなど、不便になる可能性があるので注意が必要です。

家を空ける前にやるべきことをやって気持ちよく出かけよう

記事画像

長期間家を空ける機会は、そう頻繁なことでもないでもないので、外出前や帰宅後に何をすれば良いのか忘れてしまいがちです。しかし、しっかり対策しておかないと、トラブルになることもあるのでその都度意識的に準備する必要があります。

また、留守にしている間に泥棒に入られたりしては、外出先から戻った後にスムーズに日常に戻れなくなってしまうでしょう。気持ちよく出かけて、気持ちよく帰ってこられるようにするためには、出発前の準備がとても大切です。無用なトラブルを避けるためにも、長期間家を空ける場合は対策をしっかりした上で外出するようにしましょう。

記事提供:Woman.CHINTAI

「Woman.CHINTAI」はCHINTAIが運営する、一人暮らしの女性にとって最適な賃貸物件検索サイト!

Woman.CHINTAI(ウーマンドットチンタイ)※外部サイトに遷移します

はじめての一人暮らしでも、安心して部屋探しができるように様々な工夫を凝らしています!
自分で探すのが面倒な人は待っているだけでプロが希望通りのお部屋を紹介してくれる、「CHINTAIエージェント」もチェック!

「CHINTAIエージェント」※外部サイトに遷移します

また、「Woman.CHINTAI」のInstagramアカウントでは、首都圏の駅を女性に擬人化してファッショナブルなイラストでご紹介中!
街の雰囲気や特徴をわかりやすくお伝えしているので、是非フォローしてみてください。

Instagramアカウント(@woman.chintai)※外部サイトに遷移します

【あわせて読みたい】 ※外部サイトに遷移します

家賃がお得?「フリーレント」の意味と、 条件の良い部屋に安く住む方法

一人暮らしの自炊は外食より節約になる?節約レシピや自炊のポイントを紹介!

掃除に便利な「無水エタノール」の使い方10選!使用時の注意点も紹介

下宿と一人暮らしの違いって?気になるメリット・デメリットとは

提供元:長期で家を空ける前にやるべきこととは?旅行や帰省前にチェックしよう!|Woman.CHINTAI

おすすめコンテンツ

関連記事

散らかりがちな部屋を一掃!一人暮らしの部屋が片付く無印良品の大容量収納ボックス5選

散らかりがちな部屋を一掃!一人暮らしの部屋が片付く無印良品の大容量収納ボックス5選

ホテルのような部屋を作りたい!一人暮らしで実現するためのインテリアやレイアウトのコツ

ホテルのような部屋を作りたい!一人暮らしで実現するためのインテリアやレイアウトのコツ

レジャーで大活躍! アウトドアにおすすめのスマホアイテム5選

レジャーで大活躍! アウトドアにおすすめのスマホアイテム5選

食欲の秋に買いたい!食品モチーフの見た目が美味しそうな、おもしろリアル文房具

食欲の秋に買いたい!食品モチーフの見た目が美味しそうな、おもしろリアル文房具

戻る