メニュー閉じる

リンククロス シル

リンククロス シルロゴ

2020.03.04

児童手当や医療費助成、転園・転校の手続きも! 子連れの引越しTODOリスト


子連れで引越しとなれば、手続きにも一苦労!

引っ越しで大変なのは、荷づくりや荷ほどきだけではない。転出(または転居)・転入届をはじめ、郵便局、水道や電気、インターネットに電話など、しなければいけない各種手続きがたくさん! しかも、これが子連れの引っ越しとなれば、手続きはさらに増えてしまう。

「書類の作成や提出は苦手……」という人こそ、早めにTODOを確認して締め切りを確認しておくのが吉。荷づくりは最後の気合いでどうにか間に合わせることができても、書類の不備や提出忘れは致命的。

そこで今回は子供関係で必要な手続きについて解説。TODOリストを作って漏れがないようにしておこう!

子連れの引越しは、早めに予定をたてて余裕を持って進めておきたいもの

子連れの引越しは、早めに予定をたてて余裕を持って進めておきたいもの

引越しが決まった! 子供関係の手続きの基本

手続きってなんだかめんどくさいイメージだけど…やれるときにやっておかないと後々大変!

手続きってなんだかめんどくさいイメージだけど…やれるときにやっておかないと後々大変!

引っ越しが確定したら、子供関係で“しなければいけないこと”は基本的に以下の3つ(※同一の市区町村内ではなく、別の自治体への引っ越しを想定)。

1. 現在通っている園や学校に引っ越しの予定があることを伝える。

2. 旧住所の市役所等で転出に関する手続きを行う(転出の14日前から)。

3. 新住所の市役所等で転入に関する手続きを行う(転入から14日以内)。

学校関係(保育園・幼稚園含む)の手続きは、事務スタッフや担任の先生に手続きについて確認し、必要な書類を用意する。それ以外は、市区町村の役所・役場でほとんど完了する。転出届・転入届を提出する際に、「子供に関する手続きはどういうものがあり、どこの課でいつまでにするべきか」を確認すればOK。

具体的にはどんな手続きがあるのかは、以下の通り。

転出・転入時に行う、子供関連の各種手続き

一体、どんな手続きが…?

一体、どんな手続きが…?

子供関連の引越し手続き1、学校関係(未就学児の場合)

□現在通っている園があれば、引っ越しの予定があることを伝えておく。正確な新住所が決まる前でもOK

□未就学児の場合は新住所での転園先を探し、直接空きがあるか確認

□パンフレットを郵送してもらうのは早めが吉

□保育所(園)への入所(園)を希望する場合は、旧住所の市区町村が発行する所得課税証明書が必要になる場合も。必要な書類について、転園先に問い合わせておきたい

子供関連の引越し手続き2、学校関係(小学校の場合)の引越し手続き

□在通っている小学校(クラス担任)に、引っ越しの予定があることを伝えておく。正確な新住所が決まる前でもOK

□最後の登校日に、「在学証明書」「教科用図書給与証明書」をもらう。旧住所で転出の手続きをする際にもらう「転出証明書」を学校に提出する

□小学校の場合、引っ越し先の住所が決定しないと校区が定まらない。事前に転入先の教育委員会に連絡しておけば、必要な書類を送ってもらえることも

□新住所で転入の手続きをする際にもらう「転入学通知書」と、前の学校でもらった「在学証明書」「教科用図書給与証明書」を、転入先の学校に提出する

子供関連の引越し手続き3、医療費関係の引越し手続き

□乳幼児医療費助成」「子ども医療費助成」による助成金額や利用方法は市区町村によって異なる。転出・転入の届出の際にしっかり確認する

□予防接種がすべて終わっていない場合は、転入先の市区町村が発行する予防接種の「予診票」が必要になる。母子手帳で未接種のものをチェック

□妊娠中の場合は「検診補助券」「妊婦・乳児健康診査受診票」、乳児がいる場合は「乳児検診の検診票」も転入先の市区町村のものが必要になるので用意する

子供関連の引越し手続き4、児童手当の引越し手続き

□旧住所で「受給事由消滅届」、新住所で「認定請求書」を提出する。認定請求書は転入した日から15日以内に提出する必要があり、遅れた月分の手当ては受給できない。手続きに必要な書類も、事前に確認しておきたい

子供関連の引越し手続き5、子育て支援パスポート

□各市区町村が発行する「子育て支援パスポート」は現在全国共通展開を進めているため、旅行中や帰省の際にも利用できるが、転居の際は返却をする。転入先の市区町村で改めて子育て支援パスポートを取得しよう

子供関連の引越し手続き6、その他

□私立の小・中学校や高校の場合は、基本的に面接や転入試験が行われるため、入学願書や健康診断証明書の提出をする

□全国展開の塾や習い事に通っている場合は、新住所近くの教室を紹介してもらえることもあるので、早めに相談する

□自転車防犯登録や学資保険、子供名義の銀行口座などの住所変更も忘れずに行う

子連れの引越しは事前に情報収集しておくと安心!

結局、どこで情報を知ればいいの!?

結局、どこで情報を知ればいいの!?

引越しにおける子供関係の手続きは、役所での手続きがメイン。マイナンバーカードがあれば電子申請も可能だが、面倒でなければ転入先の役所に出向くメリットもある。その地域の子育て関連情報をまとめたパンフレットや、子育てサークルなどのチラシを入手することができるからだ。

転入先の子育て事情を知るためには、各自治体の役所や子育て支援センター、児童館などに足を運ぶのがいちばん。気になることがあれば相談窓口を紹介してもらえることもあるので、情報収集のためにもぜひ出かけてみて。

文=Spoo! inc.

記事提供:(株)CHINTAI

TVCM放映中。
「じぶんらしく、部屋をさがそう。」
ネットでCHINTAI~♪でおなじみのCHINTAIです。

子育て世帯のみなさんに 子育てCHINTAIアドバイザー ※外部サイトに遷移します

一人暮らしの女性に Woman.CHINTAI ※外部サイトに遷移します

【あわせて読みたい】※外部サイトに遷移します

部屋も生活費もミニマル!極小ワンルームで暮らすミニマリストの自由な暮らし

お家の防災対策に絶対必要!? 2019年最新防災グッズアイテムリスト

【山田全自動連載】一人暮らしあるあるでござる -自炊編-

【賃貸DIY】狭いキッチンに調理スペースや収納棚を! カラーボックスで作るキッチンカウンター

提供元:児童手当や医療費助成、転園・転校の手続きも! 子連れの引越しTODOリスト|CHINTAI

おすすめコンテンツ

関連記事

たったこれだけでサラっと快適☆梅雨のお悩みをスッキリ解決!

たったこれだけでサラっと快適☆梅雨のお悩みをスッキリ解決!

【アロマワックスバーの作り方】100均アイテムでつくれる簡単レシピ

【アロマワックスバーの作り方】100均アイテムでつくれる簡単レシピ

こぼれない、おいしい、楽ちん。お弁当の悩みを解決する高機能な弁当箱3選

こぼれない、おいしい、楽ちん。お弁当の悩みを解決する高機能な弁当箱3選

マンションが停電したらどうする!?緊急時に備えておこう!

マンションが停電したらどうする!?緊急時に備えておこう!

戻る