メニュー閉じる

リンククロス シル

リンククロス シルロゴ

2019.04.27

毎日外食でも健康を保つ方法とは?賢い外食との付き合い方


記事画像

普段仕事が忙しくて、帰宅する時間が遅かったり、そもそも料理が苦手だったりすると毎日外食になってしまう方も多いのではないでしょうか。外食が続いてしまうと、健康面や出費など不安に感じることも多いでしょう。今回は外食をするメリットやデメリット、外食でもしっかり必要な栄養をとる方法などについて説明していきます。

目次

・1 毎日でも大丈夫?外食のメリット・デメリット

 ・1.1 毎日外食をするメリット

 ・1.2 毎日外食をするデメリット

・2 毎日外食でも栄養バランスを整えるためには?

 ・2.1 なるべくバランスよく食べる

  ・2.1.1 脂質や糖質の多いメニューを避ける

  ・2.1.2 不足しがちな食材を積極的に食べる

 ・2.2 必要に応じてサプリも活用する

・3 毎日外食でも節約したい!食費を抑えるポイント

 ・3.1 一回あたりの予算を決める

 ・3.2 必要でない外食の誘いは断る

・4 毎日外食をするなら工夫が大切

・5 節約をしたいけれど、外食が多いため食費を抑えられない人は、家賃や他の生活費等を見直してみよう!

毎日でも大丈夫?外食のメリット・デメリット

自炊は料理するだけではなく、スーパーに必要な食材を買いに行ったり、食べ終わったあとの片付けがあったりと手間と時間がかかります。そのため、自炊をしたくない、もしくは忙しくてできないと考えている人もいるでしょう。

自炊をせずに食事をするための方法として挙げられるのは、外食をすることです。外食には自炊をしなくていいというメリットの他にも、デメリットもいくつかあります。ここでは毎日外食した場合どのようなメリットやデメリットがあるのか詳しく説明していきます。

毎日外食をするメリット

記事画像

毎日外食をすることのメリットは、時間の節約になるということです。一人暮らしだと自炊だけではなく、洗濯や掃除もしなければいけません。毎日自炊をしているとそういったしなければいけないことに時間を割くことも難しくなります。

外食は料理をつくったり、片付けたりする手間もなく、注文すればすぐに食べることができます。注文してからの待ち時間はお店によって異なりますが、料理がくるまで本を読んだり、スマホでネットサーフィンをしたりゆっくりすることが可能です。このように食事を用意するのに時間がかからない分、忙しい人にとって外食は便利です。仕事が終わって自宅に帰宅する前に、お店で食事をすれば帰ってからは自由に時間を使うことができます。

毎日外食をするデメリット

記事画像

外食には自炊をする必要がなく、時間を節約できるというメリットがありますが、デメリットもあります。

まず1つ目が自炊に比べて栄養バランスが偏りやすい傾向があることです。例えば、毎日外食で同じようなものを食べたり、ファーストフード店で食事を済ませたりしているとどうしても栄養が偏ってしまいます。栄養が偏ってしまえば、体調を崩してしまう可能性が高くなります。

2つ目が、食材を買って自炊するより割高になることが多いことです。外食でも健康を考えてメニューを選ぶことができますが、栄養をとるために注文する料理が増えると、支払いの料金が高くなるケースがあります。

毎日外食でも栄養バランスを整えるためには?

毎日外食をしていると栄養バランスが崩れてしまう可能性があります。外食によって体調を崩してしまうと、仕事にも集中することができません。しかし、毎日外食が続く場合でも、工夫次第で健康的な食生活をすることができます。ここでは、外食続きの方でも栄養バランスをしっかりとるコツを紹介します。

なるべくバランスよく食べる

記事画像

外食はどうしても糖質や脂質の多いメニューが多くなります。例えば、揚げ物や牛丼、パスタなどです。そして、野菜や魚など積極的に食べたい食材は不足しがちです。そこで栄養バランスをとるためにも、次で紹介するポイントを意識することが大切です。

脂質や糖質の多いメニューを避ける

外食するときはできるだけひき肉料理や揚げ物など脂質が多いメニュー、チャーハンやラーメンのような糖質の多いメニューは避けましょう。しかし、意識しすぎて避けてしまうと逆に精神的にストレスを感じてしまう可能性もあるので、無理のない範囲で行うことが大切です。もし、脂質や糖質が多いメニューを食べるときは、工夫が必要です。

例えば、「ラーメンとライス」といった炭水化物の組み合わせを避けたり、ラーメンの汁は残したりすることが大切だと言えます。また、お店選びでもそれぞれのメニューに対して栄養成分を表示しているところを選んだりすることも意識してみましょう。

不足しがちな食材を積極的に食べる

外食するときは、注文するメニューに野菜料理を追加したり、冷奴や魚などのメニューを選んだりすることも大切です。出費を気にする方は無理をせず、追加メニューは冷奴だけのように1品にしておきましょう。また、ラーメンを食べる場合にはトッピングはチャーシューではなく、野菜が中心となったものを選びましょう。食べる順番も、できるだけ揚げ物やひき肉料理を食べる前に野菜から食べるように意識することが大切です。

必要に応じてサプリも活用する

記事画像

外食で栄養バランスを意識しながら、メニューを選ぶと同時に必要であればサプリメントを活用しましょう。サプリメントはマルチビタミンやミネラル、食物繊維を含んだものを選ぶことが大切です。

サプリメントは薬局やネット通販で手軽に入手することができるので、ぜひ時間があるときにチェックしてみてください。基本的には食事で栄養素を摂取すべきですが、忙しい日々のなかで不足しがちな栄養をサプリメントで摂取することができます。

毎日外食でも節約したい!食費を抑えるポイント

毎日3食外食した場合、1日の予算を2000円と見積もったケースで考えると1ヶ月で約6万円の食費がかかってしまいます。そのため、時間は節約できますが、お金が多くかかってしまいます。食費がかかりすぎると、プライベートや趣味など自分のために使うお金が減ってしまいます。

食費を節約するのであれば、できる限りの範囲で自炊をするのが良いでしょう。例えば、時間が空いている休日の日に、ご飯をまとめて炊いておいて冷凍しておくこともできます。ご飯があれば、仕事帰りにスーパーやコンビニでお惣菜を買えば、すぐに食事をすることが可能です。他にも、数日分の料理をつくってタッパーで保存しておくのもいいでしょう。しかし、自炊をしようとしても、忙しくて外食続きになってしまう方もいるでしょう。そのような方のためにいくつかテクニックを紹介します。

一回あたりの予算を決める

記事画像

まず毎日外食が続いてしまう方は、1食に使える予算を決めておきましょう。そうすれば月にどのくらい食費がかかるかということを計算することができます。また、1食の予算を決めておけば予算の範囲内でお店を選ぶことが可能です。

例えば、「今日のランチは700円までにしよう」と決めておけば、それ以上値段が高いお店で食事をすることはなくなります。予算を事前に決めておかないと、値段を基準にするのではなく、食べたい料理を基準に選んでしまう可能性があります。その結果、高いお店に入ったり、高いメニューを頼んでしまったりと出費が増えてしまいます。また、職場や自宅の近くで、安いお店があるかインターネットを利用して調べておくことも大切です。

必要でない外食の誘いは断る

記事画像

職場の上司や友達から食事に誘われる機会もあるのではないでしょうか。その際、行きたくない場合は断ることが大切です。断りづらいという方は「健康を意識している」「予定がある」などあらかじめ断り文句を考えておくといいでしょう。

食事に誘われても気分が乗らないときに、外食をしても余計に疲れてしまい、無駄な出費が増えてしまいます。疲れているときはゆっくりと一人で食事をすることも大切です。すべての誘いを断る必要はないですが、お金を節約するためにも職場の人や友人との外食は必要最低限にしておきましょう。

毎日外食をするなら工夫が大切

記事画像

毎日の外食をするのはメリット、デメリットがあります。毎日外食をすることで、栄養バランスが偏ってしまう可能性があるので、週1日は自炊をするといった工夫が必要です。他にも、外食しても栄養がしっかりとれるメニューを積極的に選ぶことも大切です。

お金の節約に関しては、スーパーのタイムサービスを利用して安い値段でお惣菜を買うことも良いでしょう。外食との付き合い方を考えたときに、健康のために「自炊しなければいけない」など意識しすぎてしまうと、逆にストレスになってしまいます。そのため、今回紹介した方法を参考に賢い付き合い方を覚えて、外食を上手に利用していくことが重要です。

節約をしたいけれど、外食が多いため食費を抑えられない人は、家賃や他の生活費等を見直してみよう!

記事画像

外食を毎日したいわけではないけれど、付き合いでの飲み会など、どうしても出費が抑えられないときもありますよね。そんな場合は、一人暮らしの家賃や光熱費等の生活費を一度見直してみませんか。

記事提供:Woman.CHINTAI

「Woman.CHINTAI」はCHINTAIが運営する、一人暮らしの女性にとって最適な賃貸物件検索サイト!

Woman.CHINTAI(ウーマンドットチンタイ)※外部サイトに遷移します

はじめての一人暮らしでも、安心して部屋探しができるように様々な工夫を凝らしています!
自分で探すのが面倒な人は待っているだけでプロが希望通りのお部屋を紹介してくれる、「CHINTAIエージェント」もチェック!

「CHINTAIエージェント」※外部サイトに遷移します

また、「Woman.CHINTAI」のInstagramアカウントでは、首都圏の駅を女性に擬人化してファッショナブルなイラストでご紹介中!
街の雰囲気や特徴をわかりやすくお伝えしているので、是非フォローしてみてください。

Instagramアカウント(@woman.chintai)※外部サイトに遷移します

【あわせて読みたい】 ※外部サイトに遷移します

賃貸契約の入居審査とは?審査基準と通過するためのポイント

ジェットバスの効果とは?ダイエット効果はある?

一人暮らしの家具家電はいつ揃える?購入のチェックポイントを紹介

コートハウスの魅力とは?メリット・デメリットまとめ

提供元:毎日外食でも健康を保つ方法とは?賢い外食との付き合い方|Woman.CHINTAI

おすすめコンテンツ

関連記事

【きょうの健康レシピ】パッククッキングでパン粥…災害時、湯せんで加熱調理

【きょうの健康レシピ】パッククッキングでパン粥…災害時、湯せんで加熱調理

レンジで簡単一品料理。かぼちゃのクリームリゾットのレシピ

レンジで簡単一品料理。かぼちゃのクリームリゾットのレシピ

【きょうの健康レシピ】カキの甘酒ヨーグルトマリネ

【きょうの健康レシピ】カキの甘酒ヨーグルトマリネ

【きょうの健康レシピ】カリカリベーコンのカレーおこげ

【きょうの健康レシピ】カリカリベーコンのカレーおこげ

戻る