メニュー閉じる

リンククロス シル

リンククロス シルロゴ

2019.02.26

自宅兼事務所で経費を節約!賃貸の場合は契約内容に注意しよう!


記事画像

起業する際は、少しでも資金を手元に残しておきたいもの。事務所を構えずに自宅をオフィスとして活用することは、初期費用を抑える有益な方法の1つといえるでしょう。

今回は、自宅を事務所として使用する場合に得られるメリットやデメリット、そして注意点をわかりやすく紹介していきます。

目次

・1 経費の節約ができる?自宅兼事務所のメリット
  
  ・1.1 家賃や光熱費を節約できる

  ・1.2 備品や家具を新たに購入する必要が無い

  ・1.3 家賃や光熱費の一部を経費として計上できる

  ・1.4 仕事の合間に家事ができる

・2 仕事とプライベートの区別が難しい!自宅兼事務所のデメリット

  ・2.1 仕事とプライベートの区別がつかなくなる

  ・2.2 プライバシーの問題が生じる

  ・2.3 会社としての信用度が低くなる

・3 賃貸住宅を自宅兼事務所にする場合に注意すべきポイント

  ・3.1 契約内容の確認が必要となる

  ・3.2 業種によっては事務所として利用できない

・4 自宅兼事務所で経費にできる項目や計算方法は?

  ・4.1 家賃

  ・4.2 光熱費など

  ・4.3 通信費

・5 自宅兼事務所で経費にできない項目

  ・5.1 経費にするときの計算方法

   ・5.1.1 家賃

   ・5.1.2 光熱費等

   ・5.1.3 通信費

・6 まとめ:賃貸住宅を自宅兼事務所に使う場合は契約内容に注意!

経費の節約ができる?自宅兼事務所のメリット

記事画像

自宅兼事務所とは、起業して自宅の一部を事務所として使用するということです。登記上の本店所在地も自宅住所にすることが一般的です。ここでは、自宅を事務所とすることで得られるメリットを説明していきます。

家賃や光熱費を節約できる

自宅外に事務所を構えるとなると、基本的にはどこかに貸事務所などを借りることになります。その場合、礼金や敷金、保証金などのまとまった金額の初期費用が必要になり、事務所のような内装にするため工事も必要です。

また、オフィス家具や備品の買い入れなどにもお金がかかります。事業をスタートさせてからは月々の家賃や共益費、光熱費なども払っていかなければなりません。しかし、自宅兼事務所ならこのような事務所にかかる経費を節約することができます。

既に住んでいる自宅を事務所にするのであれば新たに礼金や敷金が発生することはありません。自宅と事務所の両方の光熱費を払う必要もないわけです。特に、起業したばかりのころは収入がなかなか安定しないことが多いので、自宅を事務所にする経済的なメリットは大きいでしょう。

備品や家具を新たに購入する必要が無い

起業すると、ビジネスに必要な商材だけでなく、さまざまな基本的な備品やオフィス家具も必要となります。こういった物は貸事務所であれば一から購入しなければなりませんが、自宅兼事務所であれば電気やデスクなどの備品はそのまま使うことが可能です。

改めてインターネット回線をひく必要もなく、パソコンやプリンターなども自宅で使っているものを兼用することもできるでしょう。もちろん、事業用として別にそろえても構いませんが、事業が軌道にのるまでは自宅にあるものを活用して経費を節約することができるのです。

家賃や光熱費の一部を経費として計上できる

自宅兼事務所では、自宅の家賃や光熱費も一部経費として計上できるため、節税対策にもなります。経費にする場合、事務所として使っている面積や時間を基準として、按分して算出します。ここでいう按分とは、事業にかかる支出とそれ以外の私的使用でかかった支出とを一定の割合で分けるということです。

按分する基準は特に定められているわけではなく、1日に占める仕事時間や自宅内の仕事スペースの占有率などをもとに事業主が決めて算出します。ただし、なんでもかんでも事業経費にできるわけではもちろんなく、どうしてその割合で計算したのかを税務署にきちんと説明できるようにしておくことが大切です。

また、事業をするなら確定申告をする必要があります。個人事業の確定申告には、白色申告と青色申告の2種類があります。白色申告は比較的簡単で特に事前申請も必要なく、特典もありません。青色申告は事前申請が必要で基本的な簿記知識も必要となりますが、特別控除が受けられて税金が減らせる他、利益が出ていないときは3年間にわたって赤字を繰り越すことが可能です。赤字になった分を繰り越せるということは、翌年以降の節税になります。

仕事の合間に家事ができる

自宅から離れた場所に事務所がある場合、毎朝決まった時間に起きて通勤する必要があります。長い時間を通勤に取られてしまうこともあるでしょう。自宅兼事務所なら通勤の必要がなく、行き来が楽ですので、例えば、仕事の合間に家事をすることも可能です。小さなお子さんがいる場合も、自宅で面倒をみながら仕事をすることもできるでしょう。保育園がいっぱいで預け先が見つからないから仕事を辞めないといけないといったことになりません。子どもを迎えに行く時間を気にして働くといったこともないのです。

また、早朝や深夜など自分がもっとも仕事に集中できる時間帯に仕事に取りくむことも可能です。仕事の時間を気にしなくていいため、昼間は用事でずっと出かけていたから夜に働いて取り戻そうといった柔軟な働き方ができます。

仕事とプライベートの区別が難しい!自宅兼事務所のデメリット

記事画像

メリットの多い自宅兼事務所ですが、まったくデメリットがないわけではありません。自宅で働く場合、どういったデメリットがあるかを挙げていきます。

仕事とプライベートの区別がつかなくなる

まずは、仕事とプライベートの区別がつきにくくなるということでしょう。自宅とは別に事務所があれば、そこに向かう時間で頭の切り替えもでき、職場という意識をもって仕事に臨むことができます。自宅では仕事を忘れてくつろぐという切り替えもしやすいでしょう。ところが、自宅兼事務所では、住居のすぐそばが職場です。プライベートの時間でもずっと仕事のことが頭にあるといった状態になりやすく、メリハリのない生活になる可能性が考えられます。

また、仕事中に私的な電話や来客がくるなどプライベートな用事をしなければいけないこともあります。仕事に集中したいときは苛立たしく感じることもあるでしょう。さらに、納期が迫っているなど忙しくなると、プライベートな時間もずっと仕事に追われてしまうことになります。

プライバシーの問題が生じる

プライバシー面での問題も挙げられるでしょう。例えば、事業のホームページや個人の名刺には事務所の住所を記載しますが、それが自宅の住所と同一になってしまいます。また、ビジネス上の打ち合わせや来客で人を招くと、個人的な親交のない人にも自宅を知られてしまうことになります。これらは、プライバシーの面からもセキュリティの面からもやや心配になる点といえるでしょう。

家族と一緒に住んでいる場合は、事業主が不在の際に仕事上の来客があったときは家族が対応しなければならないなど、仕事上の用事に巻き込まれてしまうことがあります。家族の理解と協力が不可欠となるでしょう。

会社としての信用度が低くなる

自宅兼事務所では、どうしても会社としての信用度は低くなってしまいがちという問題もあります。特に、企業を相手にした取引がある場合は、自宅外に事務所を構えた方が信頼度は高くなります。

実態のいかんに関わらず、個人宅の小さな事務所よりは都心などにしっかり事務所を構えている事業主の方がビジネスが軌道にのっている、きちんとしているという印象を与えやすく、ビジネス上の信頼が得やすいのです。業種や取引形態によっては、自宅兼事務所ではなく自宅外に事務所を持つことも検討すべきでしょう。

賃貸住宅を自宅兼事務所にする場合に注意すべきポイント

記事画像

自宅を事務所として使う場合は特に面倒なことはありませんが、賃貸住宅を事務所として使いたいのであれば、いくつか注意する点があります。ここでは、賃貸住宅を事務所として利用する場合の注意点や手続きについて説明していきます。

契約内容の確認が必要となる

賃貸住宅を事務所として使うことが可能かどうかは、契約書の内容次第です。まずは、契約内容を確認しましょう。

事務所として使えることが分かった場合でも、後のトラブルを避けるために不動産会社や大家さんに相談して事業を行う許可を得るようにします。また、契約書面では「住居以外の他の用途に供してはならない」といった文言が書かれることが多いですが、事業の内容によっては許可を得られる可能性があります。この場合も一度相談してみるのがおすすめです。

契約の変更が必要な場合は、きちんと契約書の変更手続きを行ってから事務所として登録するようにしましょう。

業種によっては事務所として利用できない

賃貸住宅を事務所として使えるかどうかは、業種によって異なることがあります。この基本となるのは、他の住民に迷惑をかけないかどうかということです。例えば、従業員の雇用がなく、来客もほとんどない事業であれば認められることがあります。これには、インターネットを使った仕事やライター、イラストレーターなどのクリエーター職といった仕事が該当するでしょう。

事務所として使うことが認められている物件であっても、住民に迷惑がかかる恐れがある業種では利用できないこともあります。例えば、ニオイや騒音、粉塵などが出る、不特定多数の者の来客が多い、特殊な機械が必要といった仕事です。業種の例として、エステサロンやネイルサロンなどが挙げられるでしょう。

自宅兼事務所で経費にできる項目や計算方法は?

自宅兼事務所でも働いているとさまざまな費用が発生します。このうち、経費として計上できる費用にはどういったものがあるかを知っておくことが大切です。ここでは、計上できる項目の他、その経費の計算方法も合わせて説明していきます。

家賃

賃貸住宅を事務所として使っているのであれば、住宅の家賃の一部を経費として計上することが可能です。家賃の何割が経費となると決まっているわけではなく、基本的に事業主が按分割合を決定します。住宅のスペースのうち、仕事で使用している床面積の割合をもとに按分するのが一般的です。

光熱費など

電気代や冷暖房費も、一部を経費として計上できます。仕事に使用した時間によって按分することが一般的です。1週間の業務時間の比率を出して、その割合を毎月の電気代金に乗算すれば経費計上額となります。なお、料理教室を開いているなど事業として料理をする必要がある場合は、電気代だけでなくガス代や水道代を経費として計上することも可能です。

通信費

自宅の電話代やインターネットにかかる料金も、仕事と兼用しているのであれば、一部を経費として計上できます。プライベートな携帯電話であっても仕事上でも使っているのであれば、携帯電話代の経費計上も可能です。さらに、切手代やはがき、荷物の送料なども仕事で使っているのであれば経費として計上できます。仕事で使ったことがきちんと証明できるようにしておくことが大切です。

自宅兼事務所で経費にできない項目

当然、プライベートな出費は経費として計上することはできません。事業とは関係のないプライベートな家事関連費や携帯電話代などは、計上することはできません。ガス代や水道代も、事業に直接関係していることが証明できなければ経費として認められることはないでしょう。

経費にするときの計算方法

家賃や光熱費、通信費などの各項目を経費にするときの計算方法を、具体的な例を挙げて見ていきましょう。

家賃

家賃を支払っている場合は、物件スペースのうち仕事で使っている床面積の割合で計算します。例えば、家賃10万円、床面積50平米の賃貸住宅に住み、事務所スペースとして20平米を使用している場合、20平米÷50平米は0.4ですので、按分比率は40%となります。家賃は10万円ですので、その40%である4万円が経費として計上できることになります。

光熱費等

光熱費は、仕事で使った時間や消費電力で按分します。例えば、電気代の年間利用料が18万円、消費電力が400kWhで、そのうち仕事に使用した分が100kWhだったとします。すると、事業としての使用量は100kwh÷400kWhで25%となりますので、18万円×25%で4万5000円が経費として計上可能です。

通信費

電話代やインターネット代は、仕事に使用した時間によって按分できます。インターネット代として年額6万円かかり、そのうち仕事で使用しているのは週に5日間で全体の70%を占めるとしましょう。その場合、6万円×70%で4万2000円が経費として計上できる金額となります。

まとめ:賃貸住宅を自宅兼事務所に使う場合は契約内容に注意!

記事画像

自宅を事務所として登記して使うことは、家賃や光熱費、備品の購入費などを節約できるだけでなく、仕事の合間に家事ができたり子どもの面倒をみることができたりと柔軟な働き方が可能です。多くのメリットがあるため起業を考えている方におすすめですが、デメリットや注意点もないわけではありません。

特に、賃貸住宅を事務所として使う場合は契約書の内容の確認と、不動産会社や大家さんに相談して許可を得る必要もあります。順調に仕事ができるよう、注意点をしっかり守りましょう。

記事提供:Woman.CHINTAI

「Woman.CHINTAI」はCHINTAIが運営する、一人暮らしの女性にとって最適な賃貸物件検索サイト!

Woman.CHINTAI(ウーマンドットチンタイ)※外部サイトに遷移します

はじめての一人暮らしでも、安心して部屋探しができるように様々な工夫を凝らしています!
自分で探すのが面倒な人は待っているだけでプロが希望通りのお部屋を紹介してくれる、「CHINTAIエージェント」もチェック!

「CHINTAIエージェント」※外部サイトに遷移します

また、「Woman.CHINTAI」のInstagramアカウントでは、首都圏の駅を女性に擬人化してファッショナブルなイラストでご紹介中!
街の雰囲気や特徴をわかりやすくお伝えしているので、是非フォローしてみてください。

Instagramアカウント(@woman.chintai)※外部サイトに遷移します

【あわせて読みたい】 ※外部サイトに遷移します

無防備は危険!一人暮らしの女性が心がけたい空き巣対策まとめ

朝起きられないのはなぜ?一人暮らしでもしっかり目覚める方法を解説!

ペットを飼っている女性におすすめ!ペットガードの使い方

クローゼットなしの部屋でも大丈夫!あふれる服をすっきり収納するコツ

提供元:自宅兼事務所で経費を節約!賃貸の場合は契約内容に注意しよう!|Woman.CHINTAI

おすすめコンテンツ

関連記事

相手を動かす!説得力抜群のグラフを作るコツ |数字が苦手な人にも伝わりやすくなる

相手を動かす!説得力抜群のグラフを作るコツ |数字が苦手な人にも伝わりやすくなる

休暇中に少し仕事「ワーケーション」の現実味|リゾート地で働くという新しい選択肢も続々

休暇中に少し仕事「ワーケーション」の現実味|リゾート地で働くという新しい選択肢も続々

「長時間労働がない」ドイツと日本の致命的な差 |「仕事は原則8時間以下」が彼らのモットーだ

「長時間労働がない」ドイツと日本の致命的な差 |「仕事は原則8時間以下」が彼らのモットーだ

死ぬほど仕事がしたくない人は休んだ方がいい|つらいときに休むのは当然のことだ

死ぬほど仕事がしたくない人は休んだ方がいい|つらいときに休むのは当然のことだ

戻る