メニュー閉じる

リンククロス シル

リンククロス シルロゴ

2019.02.05

日本で「病院が足りてない町」は一体どこなのか|市町村別の全国偏差値をマップで見てみよう


あなたの町の病院は足りている?(写真:kokouu/iStock)

あなたの町の病院は足りている?(写真:kokouu/iStock)

病院は身近にあって当たり前。日本は、世界的に見ても「病院天国」といってよい。しかし、人口減少や医師の働き方改革によるコストアップなど、病院を取り巻く環境は年々、厳しくなっている。

いつも行っていた病院が突然なくなる――。そんな日が現実味を増している。2月4日発売の『週刊東洋経済』では、「病院が消える」を特集している。

患者が気になるのは、「自分の住む町の医療サービスは充実しているのか」ということ。日本は人口当たりの病院数が韓国に次いで多いが、国内では偏在が起きている。病院が足りていない地域、過剰な地域はどこか。

医療経営コンサルティングの「グローバルヘルスコンサルティング・ジャパン」の協力で、(1)急性期病床(急患や重症な病気に対応)数、(2)回復期病床(急性期の後の治療に対応)数、(3)常勤医師数について、市町村ごとに偏差値形式で計算した。

2月4日発売の『週刊東洋経済』では、「病院が消える」を特集している。 クリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします

郊外のベッドタウンで病院が不足

偏差値は、平均50と置いたうえで、それぞれのデータの平均からの隔たりを測るもの。今回の偏差値で、どの数値からが過剰あるいは不足とは言い切れないが、偏差値が70に近い、あるいは40に近いということは、医療資源(病院と医師)が全国平均よりかなり乖離(かいり)していることを示している。

『週刊東洋経済プラス』では、マップでわかる「急性期病床数」「回復期病床数」「医師数」の全国偏差値を公開中だ

『週刊東洋経済プラス』では、マップでわかる「急性期病床数」「回復期病床数」「医師数」の全国偏差値を公開中だ

本特集に併せて『週刊東洋経済プラス』で公開した二次医療圏マップ(https://toyokeizai.net/sp/visual/tkp/medicalarea/)は、人口10万人に対する、(1)急性期病床数、(2)回復期病床数、(3)常勤医師数、の3つについて、国の公開データを基に計算した。地域性を示すため、人口動態を基に都市区分を「大都市」「地方都市」「過疎」に分類している。

医療資源が不足している地域は、急性期病床、回復期病床、常勤医師数がいずれも、全国平均(偏差値50)より見劣りする地域だ。

https://toyokeizai.net/sp/visual/tkp/medicalarea/ ※外部サイトに遷移します

埼玉県の川口市、蕨市、戸田市では、急性期が40.2、回復期が39.5、医師数は44.4といずれも偏差値が低い。また東京都八王子市、町田市、日野市、多摩市なども全国平均より低い。これらの地域はベッドタウンとして発展してきたが、病院や医師の供給が追いついていないことがわかる。

一方、病院数が過剰な地域は、急性期病床と回復期病床の偏差値が高い地域である。とくに回復期病床は西日本に多く、日本の医療の「西高東低」ぶりが表れた。

例えば、高知県の高知市、土佐市を中心とした地域の偏差値は、急性期が69.2、回復期が66.5と高い。高知県は、1日の平均外来患者数と1人当たりの医療費が全国1位になっている。過剰な供給体制が需要を生み出している可能性がある。

注目したいのは、病床数の偏差値が高いのに、医師数が低い地域だ。例えば、広島県の三原市を中心とする地域では、病床数はいずれも偏差値60を上回るが、医師数の偏差値は49.7。病院(病床)数に見合う医師がいないということだ。住民としてはやりきれないかもしれない。

千代田区、中央区、文京区…都心部で高齢者医療が不足

日本は高齢化社会がいっそう進む。今後増加する高齢者に対応する病院が不足している地域はどこか。

記事画像

『週刊東洋経済』2月9日号(2月4日発売)の特集は「病院が消える」です。 クリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします

着目すべきは、急患や重症患者に対応する急性期病床は足りているが、治療が終えた後の回復期の病床が足りていない地域である。例えば、東京都の千代田区、中央区、港区、文京区、台東区などでは、回復期の偏差値が41.2と低い。

「国際的な統計を踏まえると、日本の急性期病床はOECD(経済協力開発機構)平均のほぼ倍だ。急性期病床が国内の平均より少ない地域であっても、国際比較では過剰という地域は多い。一方、回復期病床は、国際的な平均からすると圧倒的に足りていない。日本の平均を上回っていても、現実的には不足している地域がある点に注意したい」とグローバルヘルスコンサルティング・ジャパンの森本陽介氏は指摘している。 

体力が落ちている高齢者にとって、治療後に自宅に戻るまでの支援を行う回復期の病院は欠かせない。回復期が少ない地域では、今後、急性期病院の機能を回復期へと変えていく必要があるだろう。

記事画像

【あわせて読みたい】 ※外部サイトに遷移します

「病院大淘汰」都心立地ですら安泰じゃない過酷

休日に動かない人ほど疲れが取れないワケ

「パンばかり食べる人」がひそかに陥る不調

提供元:日本で「病院が足りてない町」は一体どこなのか|東洋経済オンライン

おすすめコンテンツ

関連記事

子どもの胃腸炎 感染するの?

子どもの胃腸炎 感染するの?

いくら飲んでも喉が渇くのはなぜか、原因と対策を専門医が解説

いくら飲んでも喉が渇くのはなぜか、原因と対策を専門医が解説

病気のサイン(7)インフル 突然の発熱と全身痛

病気のサイン(7)インフル 突然の発熱と全身痛

知って得する!みんなの「カイゴ」特集

知って得する!みんなの「カイゴ」特集

戻る