メニュー閉じる

リンククロス シル

リンククロス シルロゴ

2018.10.04

初めての一人暮らし!実家暮らしとの違い・知っておくと便利な豆知識をご紹介!


目次

・1 初めての一人暮らしで気をつけるべきこととは?

・2 初めての一人暮らしでまずするべきこと
 ・2.1 電気・ガス・水道は事前に連絡して開栓・開始の手続きをしよう

・3 実家暮らしとの違いと注意したいポイント
 ・3.1 ポイント(1). 炊事・洗濯などの基礎知識をおさえておこう
 ・3.2 ポイント(2). 節約のため外食は控える、洗濯は自分のペースで

・4 一人暮らしに欠かせない豆知識
 ・4.1 害虫駆除アイテムは必ず用意すること
 ・4.2 防犯グッズも忘れずに

・5 一人暮らしを始める際は賃貸物件のプロと!

初めての一人暮らしで気をつけるべきこととは?

初めての一人暮らしというのは誰しもがワクワクすることかと思います。しかし、色々と注意しなければいけないことが実はたくさんあります。きっと実家暮らしでは気付かなかったことに直面することもあるでしょう。

ここではそんな初めての一人暮らしで注意したいポイントや実家暮らしとの違いについて解説していきたいと思います。

知っておきたい一人暮らしのコツなども紹介していきますので、ぜひ一人暮らしを開始する前にチェックしておいてください。

初めての一人暮らしでまずするべきこと

入居日が決まり、新生活に心を踊らせている方は多いのではないでしょうか?
しかし、喜んでばかりはいられません。
まずは最低限のライフラインを確保しないといけないので、下記のような各種公共機関に連絡をしましょう。

電気・ガス・水道は事前に連絡して開栓・開始の手続きをしよう

実家では当たり前のように電気やガスを使えますが、一人暮らしを始めるにあたっては自分で手続きをしなくてはいけません。

各種公共機関に連絡をし、引越し当日に間に合うように予約をしておきましょう。
また、インターネットを使用する場合はこちらも手続きが必要ですので合わせてチェックしてください。最近では、インターネットを完備している物件も多いです。

実家暮らしとの違いと注意したいポイント

一人暮らしでは自分で全ての家事をこなさなければなりませんよね。そのため、必要となってくる家事スキルや費用項目がありますので、ご紹介していきましょう。

ポイント(1). 炊事・洗濯などの基礎知識をおさえておこう

実家では仕事や学校から帰ってきて当たり前のように用意されている食事ですが、一人暮らしでは自分で食事を作る必要があります。そのためには最低限の調理グッズは必要不可欠です。

また、効率よく洗濯する方法も習得しなければなりません。
実家とは洗濯物の量が違うのでいつ洗濯するべきか、また何時頃までなら洗濯していいのかという近隣への配慮も必要とされます。

ポイント(2). 節約のため外食は控える、洗濯は自分のペースで

だいたい実家だと洗濯というのは晴れている日なら毎日するものです。
しかし、一人暮らしで毎日洗濯するということはなかなかありません。
少量の洗濯物で洗濯機をいちいち回していたら毎月の水道料金が高額になってしまう可能性があります。

そのため、最初はペースが分からないかもしれませんが、自分の洗濯する頻度や量を把握して洗濯機を回す曜日を決めるのがベストです。
だいたい一人暮らしであれば多くて2日に一回、冬場などで洗濯物があまり出ないときなら3~4日に一回が基本的なペースではないでしょうか?そして一般的に洗濯機を回してもいい時間というのは朝7~8時以降から夜の10時くらいと考えておきましょう。

これは隣や下の階の住人に対して配慮するべきことで、深夜に洗濯機を回すと苦情がくる場合もあるのです。そのため、日中自宅にいない時間が多い方などはタイマーをセットしておくか仕事終わりにすぐ洗濯機を回すといった気遣いが必要となってくるわけです。

一人暮らしに欠かせない豆知識

ここからは、一人暮らしをしていくうえで必要な豆知識を紹介したいと思います。

害虫駆除アイテムは必ず用意すること

一人暮らしをしていていつかぶつかるのが害虫との闘いです。
5~6階以上の部屋ではあまり出ませんが、いざ出たときに困るので必ず害虫駆除用のグッズは用意しておいた方が得策です。
特に女性は虫が苦手、という人の方が多いかと思います。一人でいるときにチョロチョロっと現われたらパニックになってしまいますよね。そんなときのためにも一瞬で退治できるアイテムがあると安心です。

害虫退治グッズはすぐに手に取りやすい位置に置いておくことをおすすめします。

防犯グッズも忘れずに

こちらも女性の一人暮らしであれば欠かせないマストグッズとなります。
「自分のところには変な人なんて来ないだろう」、そんな油断が一番危険です。
防犯ブザーやいざというときのための護身アイテムはいまや必需品です。
念のためにひとつは一人暮らしの部屋に置いておきましょう。

一人暮らしの女性のためのセキュリティに特化した物件もたくさんありますので、ぜひご検討を。

一人暮らしを始める際は賃貸物件のプロと!

今回は一人暮らしと実家暮らしの違いやその注意点をご紹介してきました。
実際に一人暮らしを開始してみないと分からないことはたくさんあるかと思いますが、まずは上記で紹介したことを参考に一人暮らしの準備を進めてみてください。

最後にご紹介した害虫や防犯面などは女性にとってかなり重要なこと、そのため物件選びのときから少し気にかけてみてください。

記事提供:Woman.CHINTAI

CHINTAIが運営する、一人暮らしの女性にとって最適な賃貸物件検索サイト・Woman.CHINTAI(ウーマンドットチンタイ)。
はじめての一人暮らしでも、安心して部屋探しができるように様々な工夫を凝らしています!

【あわせて読みたい】 ※外部サイトに遷移します

【一人暮らし】自炊をする女性必見!冷蔵庫の選び方のポイントを解説

【賃貸豆知識】「引越しそば」は引越し後に食べるものではなかった!?本来の意味を解説

契約更新or解約する際の注意点まとめ!更新と解約・退去の流れも解説

賃貸物件で合鍵って作れるの?作る前に注意すべきこと3選

提供元:初めての一人暮らし!実家暮らしとの違い・知っておくと便利な豆知識をご紹介!|Woman.CHINTAI

おすすめコンテンツ

関連記事

ぶきっちょさんでも5分でOK♪簡単ギフトラッピング

ぶきっちょさんでも5分でOK♪簡単ギフトラッピング

達筆に見える文字の書き方のコツとは? ちょっとの工夫で美文字になろう!

達筆に見える文字の書き方のコツとは? ちょっとの工夫で美文字になろう!

【風水鑑定家直伝】恋愛運アップに効くフルーツは?

【風水鑑定家直伝】恋愛運アップに効くフルーツは?

【一人暮らしDIY】狭いキッチンの収納力をアップ!カンタン壁面収納

【一人暮らしDIY】狭いキッチンの収納力をアップ!カンタン壁面収納

戻る