メニュー閉じる

リンククロス シル

リンククロス シルロゴ

2018.08.07

大発表!夏の人気記事TOP3【まとめ】


記事画像

こんにちは!リンククロス シル編集部です。

猛暑の夏ですね!毎日各所で暑い日が続いていますが、みなさん体調はいかがでしょうか。
暑い場所では無理をせず、熱中症に注意して過ごしてくださいね。

今回は、夏に公開した記事の中から、特に人気のあった記事TOP3をまとめました。

ダイエット成功の秘訣、夏野菜の王様、夏ならではのストレス要因など、”今”知りたい旬な情報ばかりです!
ぜひ読んでみてくださいね。

1. ダイエット成功に必要なのは、我慢ではなく○○○だった!

記事はこちら▶ダイエットに我慢は不要?ダイエットを成功させる選択力と3つの「あ」

記事画像

「好きなものを好きなだけ食べていい」―人はこの言葉に弱いものです。「糖質を制限する代わりに、好きなだけ食べてもOK!」とか、「1日1食にする代わりに、好きなものを食べていい」そんなダイエット方法は人気があります。

もし、それらのダイエット法を試して、疲れやすい、眠れないといった不調があった、あるいは、ダイエットをやめた途端にリバウンドをしたという経験があるのなら、食事に対する考え方を見直す時。

体調を崩さず、体脂肪を確実に落とすには、3つの「あ」から減らしていきます。

(1)「ア」ルコール

・・・ビール、ワイン、焼酎、日本酒などお酒全般。

(2)「あ」ぶら

・・・揚げ物、炒め物などの油脂、肉の脂身、バターや生クリームを使ったお菓子など動物性の脂肪を多く含むもの。(必須脂肪酸を除く)

(3)「あ」まいもの

・・・砂糖入りのお菓子やパン、砂糖入りの飲み物など、精製された砂糖を多く含むもの。

これらの食品は、ズバリ! 食べなくても健康に害のない物。少量で高カロリーなのに、たんぱく質、ビタミン、ミネラル、食物繊維、抗酸化物質のような、多くの栄養分が欠乏しています。

そればかりか、逆に体内のビタミンやミネラルを浪費してしまうというやっかいもの。そのため、エンプティカロリー(空っぽのカロリー)とも呼ばれます。太る原因は、このエンプティカロリーの蓄積であることが多いのです。

ざっくり言えば、「アルコール」と「脂肪」と「糖」と言うこともできますが、脂肪と糖にも、優先的にカットすべきものとそうでないものがあるということを覚えておきましょう。まずはエンプティカロリーからカットしていく。これが健康的なダイエットの鉄則です。

▶なかなか痩せない人に必要な○○○とは?リバウンドを防ぐコツは??記事の続きはこちらから!

2. ゴーヤを食べて夏バテを乗り切ろう!ゴーヤの3つの健康効果

記事はこちら▶夏野菜の王様「ゴーヤ」に隠された、長寿の秘密

記事画像

太陽の光をたっぷり浴びて育てられた、南国・沖縄の代表的な野菜といえば「ゴーヤ」。

ゴーヤの最大の特徴であるこの苦味には、私たちの体の健康によい成分が含まれているんです。

もともと沖縄でしか食べられていなかったゴーヤが、現在ここまで多くの地域で食べられているのは、その味もさることながら、栄養学的な研究によって多くの健康効果が発見されているからなのかもしれません。

夏バテを予防!加熱しても失われない豊富なビタミンC

ゴーヤには、免疫力のアップ、疲労回復の効果があるといわれているビタミンCが豊富に含まれています。そして、ゴーヤが持つビタミンCは、熱によって壊れにくいことが最大の特徴。生の状態と油で炒めた状態の含有量を比べてみても1mgの差しかありません。

血糖値を安定させる?ゴーヤジュースでの実験結果

ゴーヤの最大の特徴といえば、独特の苦味。

2007年にインドのK.M.Kundnani大学から発表された論文には、この独特な苦味を持つゴーヤをジュースにしてラットに与えたところ、血糖値改善の効果が見られたとのことでした。

がん細胞を抑制-研究で明らかになった果実や種子の効果

2013年に発表されたコロラド大学のアガーワル教授らの研究結果によると、膵臓がんのマウスを2つのグループに分けて、片方にはゴーヤジュース、もう片方には水飲みを6週間付与したところ、ゴーヤジュースを与えられたマウスのがん細胞の増加が約60%抑制されていたとのことでした。

▶ゴーヤを使った簡単お手軽レシピはこちらから!

3. 夏は心身に大きなストレスがかかりやすい季節!その要因とは?

記事はこちら▶夏は高負荷シーズン?夏ならではのストレス要因に気を付けよう

記事画像

夏は気分が開放的になり、色々なことにチャレンジしてみたくなるシーズン。心楽しくワクワクする季節ではありますが、一方で、心身には大きなストレスがかかりやすい季節でもあります。

「ストレス」という言葉を聞くと、悩み事や仕事や対人関係のトラブルのように、ネガティブな物事だけを連想しがちです。

しかし、このシーズンには楽しみながら行っていることが、思いがけず心身に大きなストレスを与えている場合があるのです。

では、夏ならではのストレス要因には、どのようなものがあるのでしょうか? こころと行動の面では、大きく分けて次の2つの要因が考えられます。

夏のストレス要因 その1~こころと行動に現れる2つの要因

楽しいイベントが多く刺激的だが疲れやすい

夏には暑気払いの飲み会やバーベキュー、花火大会、野外フェスや展示会、旅行などのイベントの機会が多いもの。こうしたイベントは楽しく刺激的でありながらも、心身を酷使しやすくなります。

また、楽しいイベントを経験すると脳のドーパミン神経が作動し、「より楽しいことを数多く経験したい!」という欲求が強くなります。この欲求にしたがって次々にイベントを経験していると、快楽を感じつつも心身は酷使され、気づかぬうちに疲労が蓄積してしまうでしょう。

対人交流が増えて「人疲れ」をしやすい

夏は飲み会などを通じて職場や仲間たちと集う機会が多く、イベントで友人・知人を通じて新しい仲間と出会う機会も増えるでしょう。

こうした仲間との会合や新しい仲間との出会いは、とても刺激的です。その一方で相手に気を遣ったり、場の空気を読んだりしなければならない場面も多く、「人疲れ」というストレスも経験しやすくなります。

▶夏のストレス要因はまだまだあります!無理のない夏の過ごし方のコツとは?

記事画像

以上、夏の人気記事TOP3でした!

気になる記事はありましたか?

リンククロスシルではスキマ時間にさくっと読めるお役立ち記事をたくさん公開しています。

ぜひチェックしてみてくださいね!

おすすめコンテンツ

関連記事

Fitbit Versaの新たな文字盤で最高の新生活を迎えよう!!

Fitbit Versaの新たな文字盤で最高の新生活を迎えよう!!

【お詫び/復旧済み】リンククロスサービスのシステム障害に関するご報告

【お詫び/復旧済み】リンククロスサービスのシステム障害に関するご報告

春のリンクククロスくじ の参加方法について

春のリンクククロスくじ の参加方法について

第25回 リンククロスくじ 抽選を開催中 2月5日(火)午前9:59まで

第25回 リンククロスくじ 抽選を開催中 2月5日(火)午前9:59まで

戻る