メニュー閉じる

リンククロス シル

リンククロス シルロゴ

2018.04.10

たった5分で好印象に!初対面でも会話が弾む3つのコツ


初対面の人とのコミュニケーションは、多かれ少なかれ誰もが緊張してしまうもの。そのときの印象が信頼関係を大きく左右してしまうこともあるので、できれば好印象を持ってもらいたいものですよね。名前を覚えてもらうのはもちろん、楽しい話題ですてきなコミュニケーションをはかるためにはどんなことに気をつけたらよいのでしょうか。

基本はやっぱり笑顔♪会話の糸口はココからつかんで

出典元:「PhotoAC」

出典元:「PhotoAC」

初対面のときはお互い防衛本能が働いてしまい、なかなか一歩踏み込むことが難しいものです。まずは、緊張をときほぐすようなコミュニケーションを心がけましょう。

まず大切なのは「笑顔で安心感を与える」ということ。暗い表情では会話のキャッチボールも弾みません。明るい表情は安心感にもつながるので、さわやかな笑顔ですてきなあなたを印象づけましょう。

次に会話の内容ですが、天気や気温など、お互いの知識がなくても気軽にできる質問から始めてみましょう。人は誰しも「認められたい」という承認要求を持っています。興味深く話を聞き共感することで、相手の気持ちも満たされ会話も弾むことでしょう。

会話はキャッチボール!「Yes」「 No」で終わらない質問を心がけて

出典元:「PhotoAC」

出典元:「PhotoAC」

初対面の方とのコミュニケーションで一番気になるのが「沈黙の時間」ですよね。せっかく会話の糸口を見つけてもキャッチボールがうまくいかなければ、お互い気まずくなってしまいます。こんなときには、「Yes」「 No」のひと言で答えられないような質問を投げかけることが大切です。

例えば「今日は暑いですね」という質問だと、「はい」という返答で会話が途絶えてしまう可能性があります。このとき「今日は暑いですね。暑がりなんで夏は苦手なんですよ。暑いのは得意な方ですか?」と、疑問形で終わるようにするのがコツ。相手の言葉を引き出すきっかけにもなり、そこから連想して次のネタも見つかりやすくなります。

魔法の動作「あいづち&うなずき」で共感力をアップ!

出典元:「PhotoAC」

出典元:「PhotoAC」

会話のキャッチボールをスムーズにするためには、「あいづち」と「うなずき」の動作をタイミングよく行うことがポイント。自分の話に共感してくれているということが相手にも伝わり、より会話を楽しむことができます。

会話が順調に進んできたら、相手の名前をさりげなく会話の中に取り入れてみるのも効果的です。名前を呼ばれたドキドキ感と、「名前を覚えてくれた」という満足感が親近感へ変わることも。このとき相手の興味のある話題や、どんなジャンルの会話が盛り上がったのかなどをメモしておくと、次に会ったときに役立ちます。

仕事とプライベートはシーンこそ違いますが、初対面の印象が大事という点では同じ。わずか5分で好印象を持ってもらえれば、信頼関係が築かれ次の関係へとステップを進めることができます。まずはリラックスして、会話を始めましょう。うまく話す必要はありません。何より、相手の話を楽しむこと、一緒にいて楽しいことを相手に伝える姿勢こそが大切ではないでしょうか。

記事提供:ウェブマガジン「mymo」

記事画像

毎日お金とポジティブにつきあうための情報を提供しています。
夢や目標を実現するためにお金ともっと仲良くなりませんか?

【あわせて読みたい】 ※外部サイトに遷移します

FP直伝! お客さまが実践していたおもしろ・簡単家計簿のつけ方、教えます

カードポイント重視していますか? 賢いカードの使い方

鍵・財布・スマホ。大事なものがすぐに見つかる「紛失防止タグ」

あの「IKEA」よりもオトナ? 北欧インテリア「HAY」に注目!

提供元:たった5分で好印象に!初対面でも会話が弾む3つのコツ|mymo

おすすめコンテンツ

関連記事

会社で履いてる「社内履き」、どんなの使ってる?

会社で履いてる「社内履き」、どんなの使ってる?

仕事中の化粧直しってどうしてる? 「口紅つけるだけ」「全部落としてやり直す」

仕事中の化粧直しってどうしてる? 「口紅つけるだけ」「全部落としてやり直す」

職場にブーツを履いていくのはマナー違反?

職場にブーツを履いていくのはマナー違反?

オフィスのデスク掃除、どれくらいの頻度でしてる?

オフィスのデスク掃除、どれくらいの頻度でしてる?

戻る