メニュー閉じる

リンククロス シル

リンククロス シルロゴ

2017.07.12

子どもの夢をかなえるために考えたいことーお子さまが生まれてから検討をおすすめする生命保険とは?


親なら、「子どもの将来の夢は、叶えてやりたい」と思いますよね?

ただ、夢や希望を叶えてあげるためには、お金の問題を無視することができません。才能や実力があるにも関わらず、「お金がないから夢や進路を断念して」と言われてしまう子どもも、それを伝えなければならない親も、その辛さは筆舌につくしがたいものです。

記事画像

そうならないために、覚えておきたいことが3点あります。一点目が“山場を知る”こと、二点目が“傾向を知る”こと、三点目が“備える”ことです。

「山場を知る」

“山場を知る”とは、ライフプランを立て、グラフ(見える化)にすることで、他のお子さまも含めた“教育費の山場”を的確に把握することです。

一昔前は、大学を卒業した後すぐに就職することがあたり前でしたが、今は卒業後大学院に進学したり、留学したりする人も珍しくありません。教育費は25歳までと余裕を持って考えても大げさではないぐらいです。

子供の教育プランを軸に家族のライフプランを組み立てることが、住宅購入、車や家電の買い換え、家のリフォームに係る費用などは計画的に準備したり見直しすることにもつながります。

子どもが望む教育を受けさせたいと考えるならば、毎年の家族旅行も2年や3年ごと、海外旅行ではなく近場の国内旅行を検討しよう、となるかもしれません。

「傾向を知る」

“傾向を知る”ために、参考にしていただきたいデータがあります。文部科学省の平成27年度調査の大学・短大進学率(現役)です。

過去最高の54.6%、専門学校も(現役)16.7%、総計で見ると71.3%となり、約4人に3人は何らかの形で進学する時代となったことが分ります。

記事画像

>画像だけを表示する

出典:「学校基本調査」(文部科学省) を加工して作成

(http://www.mext.go.jp/b_menu/toukei/chousa01/kihon/kekka/k_detail/1375036.htm)

記事画像

次に、授業料を知るために、2017年に文部科学省が発表した「国立大学と私立大学の授業料等の推移」を、ご覧ください。

記事画像

>画像だけを表示する

出典:「平成26年度私立大学等入学者に係る初年度学生納付金平均額(定員1人当たり)の調査結果について
(参考資料)「国公私立大学の授業料等の推移-」(文部科学省)を加工して作成

(http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/shinkou/07021403/1365662.htm)

記事画像

想像以上の推移に驚かれた方も多いのではないでしょうか?

“国立大学が安い”というのも過去の話のようです。私見になりますが、過去40年以上のデータを見て分かるように、今後も教育費はゆるやかに上昇するのでは?と考えています。

さらに、大学に入っての費用のほかに、考慮しなければいけないのが、中学・高校から受験予備校に通う“ダブルスクール”が当たり前の時代だということです。

各予備校の授業料は科目受講によっても違うため、一概に言えませんが、模試代金を含めると、年間約20万円から約100万円、浪人生に至っては約100万円から約150万円、の家計の負担が求められます。

もはや「その時に考えれば何とかなる」という時代ではなくなりました。“備え”が如何に大事になってきているかはこれまでの話でお分かり頂けたかと思います。

「備える」

最後に、教育費を計画的に備えるにはどんな手段があるのか?

銀行預金は有効な手段ではありますが、色がつかないお金に対して、明確に将来の教育費のために手を出さないように管理する必要があります。

そこで、検討すべきなのが、生命保険会社の“子ども(学資)保険”です。

ポイントは他の金融商品と違って、中学校入学前、高校入学前など進学のタイミングで保険会社から通知がきて確実に資金が届くところです。

運用商品として利回りという観点だけでなく、明確な目的を持って、しっかりと特徴を知った上で金融商品を選びたいですね。

記事画像

執筆者:鬼塚 眞子(おにつか しんこ)

保険・福祉介護ジャーナリスト。ファイナンシャルプランナー(FP)。保険業界と商品に精通し、さらに丁寧な取材、自身の子育てと介護の経験を元にした解説に定評がある。
近著に「保険選びは本当にカン違いだらけ」(SB新書)。

おすすめコンテンツ

関連記事

コンビニで水を買うのは〇円損?Amazonやウォータサーバーとの価格差を調査

コンビニで水を買うのは〇円損?Amazonやウォータサーバーとの価格差を調査

貯金なしの40代シングルマザー相談/子供の教育費と老後の資金に不安

貯金なしの40代シングルマザー相談/子供の教育費と老後の資金に不安

「将来の目標がない」お金を使いすぎる人あるある、残念な8つの特徴

「将来の目標がない」お金を使いすぎる人あるある、残念な8つの特徴

共働き夫婦の年末調整の書き方って?子供の扶養控除の記入も

共働き夫婦の年末調整の書き方って?子供の扶養控除の記入も

戻る