メニュー閉じる

リンククロス シル

リンククロス シルロゴ

2022.08.08

歯みがき時の出血、歯ぐき下がり、お口のネバネバ…歯周病に関する対策を教えて【会員さんの悩みに答えます!】


記事画像

目次

1. 最近歯みがき中に、よく出血します。歯科医院で教えてもらった正しいブラッシングをしても改善されません…
2. 歯の隙間が目立ってきて、よく食べ物が詰まります。歯ぐき下がりを抑える方法を教えてください
3. 歯みがき後、歯ぐきにネバネバ感が残るのが悩みです。解決法はありますか?

会員さんからお悩み質問BOXに寄せられた質問にお答えします。今回は多くのみなさんから寄せられた「歯周病」に関して、編集部がピックアップしたご質問をサンスター財団の歯科衛生士野田めぐみさんにお答えいただきました。

監修者プロフィール

野田めぐみ(のだ めぐみ)

日本歯周病学会認定歯科衛生士。一般財団法人サンスター財団口腔健康チーム所属。企業健診や感染管理などを行っている。

最近歯みがき中に、よく出血します。歯科医院で教えてもらった正しいブラッシングをしても改善されません…

「最近歯みがきをすると、出血することが多いです。歯科医院で教えてもらった正しいブラッシング法を試しているのですが、改善されません…」(50代・女性)

歯科医院で教わったブラッシングを実践されているとのこと、がんばってケアされていて素晴らしいですね。

歯ぐきの出血は、歯周病の初期症状である「歯肉炎」になっているためと考えられます。

そもそも「歯周病」とは、「歯肉炎」と「歯周炎」の総称。「歯肉炎」はプラーク(歯垢)中の細菌により、歯ぐきが炎症を起こし、赤く腫れた状態を指します。質問者さまのように歯みがきをすると出血する、というのが主な症状ですがこの段階で正しいケアをすれば健康な状態へ改善することができます。

記事画像

歯肉炎の予防・対策には正しいブラッシングがもっとも重要です。下記の関連コラムに詳しいブラッシング方法を紹介しておりますので是非実践してみてください。また、出血が気になる方は、やわらかめのハブラシで細かくみがくのもおすすめです。

関連コラム>>

歯周病予防・対策のための歯のみがき方 ※外部サイトに遷移します

関連コラム>>

毛先で選ぶ?!ハブラシの選び方の基本を開発者に聞きました ※外部サイトに遷移します

歯科医院で教わったブラッシングをしていても、出血がおさまらないとのことですが、質問者さまは、歯石の除去はされていますでしょうか。歯に歯石がついていると歯ぐきが炎症を起こし、出血が起こりやすくなります。また、歯周病を進行させる原因にもなります。

歯と歯ぐきの間の溝、歯の根元(目ではチェックしにくい部分です)に歯石がついている場合もあります。気になる場合は、一度歯科医院で相談されることをおすすめします。

歯の隙間が目立ってきて、よく食べ物が詰まります。歯ぐき下がりを抑える方法を教えてください

「歯の隙間が目立ってきて、よく食べ物が詰まります。歯ぐき下がりを抑える方法はありませんか?」(50代・男性)

歯ぐき下がりの主な原因は、以下の3つが考えられます。

(1)歯周病

歯ぐき下がりのもっとも多い原因は歯周病です。先述した歯肉炎が進行し歯周炎になると、炎症が歯ぐきだけに留まらず、歯を支えている骨(歯槽骨)にまで及び、歯周組織の破壊が進みます。これによって歯ぐきが下がることがあります。

(2)ブラッシングのしすぎ

強い力でみがいてしまったり、ブラッシングしすぎたりすると歯ぐきが傷つき、歯ぐき下がりの原因になります。

関連コラム>>

歯みがきのブラッシング圧、どのくらいが適正? ※外部サイトに遷移します

(3)歯ぎしりや歯の噛みあわせ

歯ぎしりや歯の噛みあわせによって、歯ぐきや歯を支える組織に過度な力が加わると、歯ぐきが下がることがあります。

関連コラム>>

歯ぎしりの原因と対策 ※外部サイトに遷移します

歯ぐきが下がり食べ物が挟まる→食べかすやプラークが貯まる→さらに歯ぐきが下がる、という悪循環にならないためには、歯間ブラシなどを使用して歯間ケアをしましょう。また喫煙や食生活も歯ぐきに影響を与えます。バランスのとれた食生活を心がけましょう。

そのほか、歯ぐき下がりで注意したいのが、根元むし歯です。歯ぐきが後退すると、歯の根元が露出します。歯の根元の部分は、やわらかく、むし歯になりやすい上に、進行も早いです。歯ぐきが下がりはじめていると感じたら、適切なブラッシングをより重視しましょう。フッ素配合のハミガキやフッ素洗口もおすすめです。

記事画像

歯みがき後、歯ぐきにネバネバ感が残るのが悩みです。解決法はありますか?

「歯みがきをしても歯ぐきの回りのネバネバ感が残るのが悩みです。解決方法はありますか?」(50代・女性)

歯周病がある程度進行し、歯と歯ぐきの間の溝から「歯肉溝浸出液(しにくこうしんしゅつえき)」という粘度の高い液体が染み出ていることが原因かもしれません。ひとつ目のご質問でご説明した歯周病の中でも、「歯周炎」の状態まで進行している可能性があります。歯周炎になると、歯と歯ぐきの間の溝(歯周ポケット)が深くなる、膿が出る、口臭がひどくなるといった症状も見られます。

記事画像

歯みがきをする際は、歯と歯ぐきの間を優しくみがくことを意識してみてください。また、歯周病の予防として、お口のすみずみにまで成分が届く液体ハミガキ(デンタルリンス)もおすすめです。

関連コラム>>

歯周病予防のための液体ハミガキ・デンタルペーストの選び方 ※外部サイトに遷移します

毎日のブラッシングはもちろんですが、早めに歯科医院でご相談されることをおすすめします。

記事提供:クラブサンスター

クラブサンスターは、株式会社サンスターが運営するお口とカラダの健康に関する情報サイトです。

【あわせて読みたい】※外部サイトに遷移します

人生100年時代、その時のために今、私にできること。Vol.2 母としてパン屋として届けたい思い

人生100年時代、その時のために今、私にできること。Vol.1 孫と旅して語りあいたい

夏はお肌の大敵がいっぱい!オススメの「泡洗顔」をご紹介します

提供元:歯みがき時の出血、歯ぐき下がり、お口のネバネバ…歯周病に関する対策を教えて【会員さんの悩みに答えます!】|クラブサンスター

おすすめコンテンツ

関連記事

「やる気が出る・出ない」を決める脳の凄い仕組み|大変だけど頑張ってみようという状態に至るには

「やる気が出る・出ない」を決める脳の凄い仕組み|大変だけど頑張ってみようという状態に至るには

「スマホ脳」に陥った日本人を変える3つの習慣|真面目で頑張る人ほど「ぼんやりタイム」が必要

「スマホ脳」に陥った日本人を変える3つの習慣|真面目で頑張る人ほど「ぼんやりタイム」が必要

【ダニ・虫】刺されたら「ステロイド」最強な理由|秋に繁殖、家のダニ対策、危険なダニも紹介

【ダニ・虫】刺されたら「ステロイド」最強な理由|秋に繁殖、家のダニ対策、危険なダニも紹介

フルーツジュースは果物の代わりになる?気になる2型糖尿病のリスクについて

フルーツジュースは果物の代わりになる?気になる2型糖尿病のリスクについて

戻る