メニュー閉じる

リンククロス シル

リンククロス シルロゴ

2022.07.28

「愛されないのが辛い人」に教えたい切り替え方|困ったときの対処法は全部猫が教えてくれる


漫画家のJamさんが、「猫」から教わった気持ちの置き換え方や、ちょっと気楽になるための方法を紹介します(漫画:筆者作成)

漫画家のJamさんが、「猫」から教わった気持ちの置き換え方や、ちょっと気楽になるための方法を紹介します(漫画:筆者作成)

この記事の画像を見る(4枚) ※外部サイトに遷移します

「根も葉もない悪口を言われたとき」「自分が愛した分だけ、愛されなかったとき」「好きなことを、仕事にしたいとき」……いったいどうすればいいの? 『いつも心に猫ちゃんを』を書いた漫画家のJamさんが、「猫」から教わった気持ちの置き換え方や、ちょっと気楽になるための方法を紹介します。

『いつも心に猫ちゃんを』 クリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします

悪口を気にしなくていい

(漫画:筆者作成)

(漫画:筆者作成)

根も葉もない悪口を言われたときは、悪口を言う相手を猫だと思うことにしています。「ニャーニャー言ってる」ぐらいに思わないと疲れてしまうので。

人は猫の言葉がわかりません。根も葉もない悪口って身に覚えがないし、「何を言ってるかよくわからない」と思いませんか? まじめに耳を傾けても気分が悪くなるだけです。猫みたいにかわいくはないけれど、わからないという意味では「ニャー」と言われてるのと一緒です。

もし心当たりがあったとしても、悪口を言いたい人には言わせておけばいいんです。本来なら不満があるなら、ちゃんと話し合いで解決するべきなんです。悪口は一方的に相手の印象を下げるための行動です。でも、悪口って実際は言われた人よりそれを言った人のほうに悪い印象が残るものです。だって、「人の悪口を言える人」は別の場所では自分の悪口を言っているかもしれませんから。

相手をよく思うか悪く思うかって人の都合です。そのうえで、この世に絶対悪口を言われない人はいません。例えばものすごい非の打ち所のない聖人がいたとしても、嫉妬で悪口を言われたりします。悪口を言われない人はこの世に1人もいないと思うと、少し気が楽になりませんか? 悪口は「ニャー」みたいなものだと思って流してしまいましょう。

愛してもらえない

(漫画:筆者作成)

(漫画:筆者作成)

愛した分だけ愛してもらえたら本当に幸せだと思います。でも現実ではそうならないこともあるし、愛というのは数字で測れるものではないので、自分が愛したのと同じくらい自分も愛されているかを確かめることはできません。相手の対応を見て感覚で判断するしかないので、なかなか自信を持てない人もいると思います。

猫を5匹飼っていた頃、同じように育てて平等に愛情を注いだつもりだったけど、すごくなついてくれる子もいれば、触られるのもちょっと苦手という子もいて、はじめの頃は「なんでかなぁ⋯…」と寂しく感じました。でも、そういう子も猫同士では仲良く幸せそうに過ごしていて、愛した分だけ愛されるとは限らないけど、この子が幸せなら自分が愛される役じゃなくてもいいかなって思いました。

人間の場合もそうですが、好きな人の幸せそうな姿を見るのはうれしいものです。

多くの人は愛されたいと思っています。だからこそですが、愛されることにこだわるよりは、自分が愛するようにしてみてください。「私を好きにならない人なんてどうでもいい!」という態度では、余計に距離が開いてしまいます。必ずしもうまくいくとは限りませんが、愛を欲しがってばかりの人よりも、愛を与えてくれる人のほうが愛される可能性は高い気がします。

好きなことを仕事にしたい

(漫画:筆者作成)

(漫画:筆者作成)

以前、「好きなことを仕事にしたい」という相談を、尊敬するデザイナーさんにしたことがあります。その返事が「好きなことをしてください」でした。「好きなことをしているだけで好きな仕事に就けたら、そんなにうまい話はないよなぁ」と思いましたが、「趣味でもいいからやってみよう!」と始めた結果、今の仕事をしています。

最近になってあの言葉の意味が少しわかる気がするんです。

記事画像

『いつも心に猫ちゃんを 人生のモヤモヤがすっきり晴れる62の習慣』(PHP研究所) クリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします

私の仕事を例にすると、漫画を描いてない人のところに漫画を描く仕事はほぼ来ません。そして、始めるまでは好きだと思っていたことが、実際にやってみたらきつくて嫌になった、好きじゃなくなってしまったということが結構あるんです。始めてみないとわからない苦労もあります。仕事にできる好きなことって「好きすぎて苦にならない」か、「好きでもなければ続けられないこと」が多いんです。

猫が好きでずっと飼いたくて、いざ育ててみたら大変だった……で手放す飼い主さんがいますが、あれも実際に猫を飼わなければわからないことです。もちろんそんな理由で手放すのは言語道断ですが、本当に猫を好きな人は最後まで責任を持って大事に育てます。もし猫の里親を探すとしたら、後者の人にお願いしたいと思いませんか?

仕事もそういう人に頼みたいものです。だから「好きなことをしている人」が好きな仕事に就ける可能性が高いのだと思います。

記事画像

【あわせて読みたい】※外部サイトに遷移します

無神経すぎる人に「ちょっとだけ」言い返す技術

攻撃的な人の「態度を軟化」させるある言葉

なぜか機嫌がいい人がしている「なるほど」な工夫

提供元:「愛されないのが辛い人」に教えたい切り替え方|東洋経済オンライン

おすすめコンテンツ

関連記事

統合失調症×うつの夫婦が漫画で描く人生の希望|生きづらさを抱えた2人がどう出会い、結婚したか

統合失調症×うつの夫婦が漫画で描く人生の希望|生きづらさを抱えた2人がどう出会い、結婚したか

メンタル不調な人の「病院選び」間違いのない鉄則|まずは近い所から、口コミや評判はアテにならない

メンタル不調な人の「病院選び」間違いのない鉄則|まずは近い所から、口コミや評判はアテにならない

「生活に支障出るほど感情移入」ふかわさんの苦悩|年を重ねるほど周囲の顔色に敏感になっていく

「生活に支障出るほど感情移入」ふかわさんの苦悩|年を重ねるほど周囲の顔色に敏感になっていく

現代病「自分の本音がわからない」のすごい解決策|自分らしい人生を見つけるための26の方法

現代病「自分の本音がわからない」のすごい解決策|自分らしい人生を見つけるための26の方法

戻る