メニュー閉じる

リンククロス シル

リンククロス シルロゴ

2022.07.19

夏はお肌の大敵がいっぱい!オススメの「泡洗顔」をご紹介します


目次

1. 夏は皮脂や汗、紫外線により肌トラブルが起きやすい?
2. 泡洗顔の正しいやり方。しっかり泡立てるのがポイント
3. 濃密泡が汚れやくすみの原因をやさしく洗い上げる「エクイタンス フェイシャルフォーム」

夏は紫外線が強く、肌へのダメージが気になります。また、さまざまなケアをする前に皮脂、角質などをしっかり洗い流さなければ、美容液なども効果を発揮しきれません。メイク落とし後の洗顔は、ダメージがある夏こそ「泡」が決め手に!あらためて、泡の大切さと泡洗顔の方法をご紹介します。

監修者プロフィール

徳留由衣(とくとめ ゆい)

サンスター ダイレクト営業部 エクイタンスグループ所属。ビューティブランド「エクイタンス」の商品開発・育成を担当。「理想のお肌に向けて、最適なお手入れをご提案いたします」

夏は皮脂や汗、紫外線により肌トラブルが起きやすい?

記事画像

年間を通して季節の変化にさらされているお肌。夏には夏独自の肌トラブルが起きやすいのだとか。具体的にはどのような理由なのでしょうか?

「紫外線はもちろんのこと、皮脂や汗が過剰に分泌されるため、毛穴つまりが起こりやすい季節です。毛穴がつまると、吹き出物やザラザラ肌の原因にも。また、夏場は汗をかくので肌の水分が蒸発して水分量が低下します。さらに、エアコンなどの影響で、気づかないうちに肌内部の乾燥(インナードライ)が進行しやすいんです」

しかし夏場は、汗をかくし湿気も多いため自分で乾燥しているという自覚がないのも問題なんだとか。

「汚れやすいだけでなく、紫外線の影響でターンオーバーが乱れ、古い角質が肌に溜まりやすくなります。また、皮脂をそのままにしておくと酸化して肌にダメージを与えることも。汚れや古い角質を落として清潔な状態にするため、夏こそ洗顔が大事。泡洗顔でやさしく肌をいたわりながら、しっかりと汚れや古い角質を取り除く必要があります」

泡洗顔の正しいやり方。しっかり泡立てるのがポイント

記事画像

夏の肌ケアには汚れをしっかり落とすことが大切で、そのためには「泡」がポイントなのですね。サンスターで化粧品の企画開発をしている徳留さんに、正しい泡洗顔のステップを教えてもらいました。

STEP1.メイク落としでメイクや日焼け止めを落とす

洗顔の前にしっかりと落としておきましょう。

STEP2.洗顔料を手のひらやネットで泡立てる

手のひらの場合:
まずは手を石鹸などで洗い清潔な状態にしてから、洗顔料を手のひらに乗せます。水かぬるま湯を数滴垂らし、手のひらをお椀のような形にして、もう片方の手でくるくると空気を含ませるようにしながら泡立てます。

「ここでのポイントは手をお椀のような形にすることです。そうすることで空気を含みやすくなり泡立ちやすくなります」

記事画像

記事画像

泡立ってきたら、手に付いた泡を掻き込むようにしながら、手のひらに集めます。泡立ちが足りないようなら、水かぬるま湯を少しずつ足しながらさらに泡立てていきます。

ネットの場合:
洗顔ネットに水かぬるま湯を含ませ、水分が少しだけ残る程度に余分な水分を払います。洗顔料を取り、ネットをこするようにしてもみ込み泡立てます。

泡立ってきたら、ネットから泡を搾り取ってもう一度ネットに乗せ、ネットをこするようにしてもみ込み、さらに泡を大きくしていきます。

「商品によっても違いますが、エクイタンス フェイシャルフォームの場合は、1回につき2cmほどが使用量の目安です」

TEP3.泡を顔に乗せ、指を直接肌に当てないようにやさしく洗う

記事画像

泡を乗せる時には、「Tゾーン」→「Uゾーン」→「目もと、口もとなどその他」の順。皮脂量が多い場所が最初、皮膚が薄くデリケートな部分は最後にしましょう。やさしく丁寧に、小鼻やフェイスラインまでムラなく洗います。

「私も特に気を付けているのは、手とお肌の間で泡がクッションになるようにして、指で直接ゴシゴシとお肌をこすらないこと。泡を顔にふわっと乗せ、指を直接肌に当てないようにやさしく洗うようにしましょう。ゴシゴシ洗うと摩擦により肌にダメージを与えてしまいます」

SETP4.ぬるま湯でやさしく丁寧に洗い流す

記事画像

泡が残らないように、やさしく洗い流します。フェイスラインや髪の生え際は泡が残りやすいので、鏡を見て洗い残しがないか確認しながら洗い流しましょう。

SETP5.清潔なタオルで押さえるようにタオルドライ

タオルをやさしく押さえるようにして水分を取ります。清潔なタオルを使い、顔をこすらないようにすることもポイントです。

SETP6.化粧水などでしっかりと保湿する

洗顔後は化粧水や乳液、クリームなどで肌を整えます。

以上がおすすめの泡洗顔の方法になります。慣れてくると簡単にできるようになるので、しっかりマスターして夏のお肌を労わりたいですね。

濃密泡が汚れやくすみの原因をやさしく洗い上げる「エクイタンス フェイシャルフォーム」

記事画像

泡洗顔に大事なのは泡の弾力やきめ細かさ。サンスターの「エクイタンス フェイシャルフォーム」は、泡に特徴があるそう。

「濃密でもっちりとした弾力のある泡が特徴で、細かい泡が毛穴の奥の汚れや、古くなった余分な角質をしっかり洗い流します。逆さにしても落ちないくらいのクッション性でこすらず洗えるので、摩擦などの刺激も最小限に。また、すばやく泡立って長持ちするので、肌に負担をかけにくいのです」

泡の力で、肌のくすみの原因となる古い角質や汚れをしっかりと洗い流せるのだとか。そのほか、植物性由来の保湿成分「月桃葉エキス」「サクラ葉エキス」で、洗いあがりも滑らかな肌に。

記事画像

「フローラルウッディ調の香りなので、浴室で使うと香りが広がって癒されます。気持ちの面でも心地よくなれるんです」

弾力性のある濃密な泡でお肌が気持ちよいだけでなく、香りで心もすっきり。洗いあがりのうるおいもあるから安心ですね。

「エクイタンス フェイシャルフォーム」で、ダメージを受けやすい夏のお肌をしっかりとケアしましょう。

取材・記事 栃尾江美

濃密な泡洗顔で、夏のお肌ダメージを乗り切ろう!

エクイタンスは、厳選した素材と成分、細胞レベルまで追求した技術で生体機能を整え、自分らしく成長し続ける女性の内なる美しさを引き出します。

ブランドサイトはこちら ※外部サイトに遷移します

記事提供:クラブサンスター

クラブサンスターは、株式会社サンスターが運営するお口とカラダの健康に関する情報サイトです。

【あわせて読みたい】※外部サイトに遷移します

今話題のサウナを極めて、環境の変化を乗り越えよう!

その夏バテ、ビタミンB群不足かも?「玄米」と「ごま」で夏を乗り切ろう!

着色汚れは気になるけど、コーヒーも紅茶もやめられない…おすすめの対策は?【会員さんの悩みに答えます!】

提供元:夏はお肌の大敵がいっぱい!オススメの「泡洗顔」をご紹介します|クラブサンスター

おすすめコンテンツ

関連記事

【見た目年齢に影響!】美しい髪をつくる食材とは?

【見た目年齢に影響!】美しい髪をつくる食材とは?

【またマスク荒れ…】肌トラブル対策で心がけたい食生活とは?

【またマスク荒れ…】肌トラブル対策で心がけたい食生活とは?

<自分らしく輝く女性>第1回 マインドフルネス瞑想講師・金田絵美さん

<自分らしく輝く女性>第1回 マインドフルネス瞑想講師・金田絵美さん

ぺたんこ原因は霧の重さ?!“大人のふんわりボリューム”をキープする秘訣とは

ぺたんこ原因は霧の重さ?!“大人のふんわりボリューム”をキープする秘訣とは

戻る