メニュー閉じる

リンククロス シル

リンククロス シルロゴ

2022.01.12

【自宅で運動不足を解消】下腹エクササイズでぽっこりお腹を撃退!


1.下腹エクササイズを行う前に…
2.下腹エクササイズの手順
3.まとめ

記事画像

寒くなると自宅で過ごす時間が増え、運動不足になりがちです。そこで今回は、自宅でも簡単にできる、下腹に効果抜群のエクササイズを紹介します。短時間でできるエクササイスなので、ぜひ習慣にしてぽっこりお腹を解消しましょう。

下腹エクササイズを行う前に…

お腹まわりの脂肪は落ちにくい!

記事画像

ダイエットをして体重が落ちたのになぜかお腹だけがやせない…という方も多いのではないでしょうか。実は、体脂肪が落ちるのには順番があり、内臓を守るという大切な働きを持つお腹まわりの脂肪は最後の方になります。そのため、お腹まわりの脂肪は落ちにくく、脂肪がつきやすいといわれています。

下腹エクササイズをおこなうメリット

記事画像

エクササイズをおこなうことで下腹の筋肉が鍛えられるので、お腹のひきしめにつながるだけでなく、ダイエットにうれしいさまざまな効果が期待できます。まず、筋肉量が増えることで基礎代謝量(何もしなくても消費されるエネルギー)がアップし、やせやすく太りにくい身体をめざすことができます。

また、下腹の筋肉が鍛えられると正しい姿勢を維持しやすくなるため、ボディラインを美しく見せることができるようになります。さらに、下腹エクササイズをおこなうことで腸への刺激となり、便秘の解消や予防にも効果が期待できますよ。

【ポッコリお腹解消に】からだをほぐす「骨盤ねじり」で理想のスタイルを目指そう! ※外部サイトに遷移します

下腹エクササイズの手順

手順1

記事画像

仰向けになり両膝を立てる。両手は体側に伸ばす。

手順2

記事画像

息を吐きながら、両足をゆっくり床から上げ、ひざを胸の方に近づける。一度息を吸う。
※腰が浮かないように注意

手順3

記事画像

息を吐きながら、両足をゆっくりもとに戻す。

目安回数:5~10回×3セット

★レベルアップ

慣れてきたら、足が床に着く前に2に戻して繰り返す。

まとめ

今日から始めてぽっこりお腹を解消!

いかがでしたか?
下腹エクササイズは寝転んでできるエクササイズなので、寝る前の習慣にするのもおすすめです。1日数分でできますし、運動が苦手な方でもできるお手軽エクササイズなので、ぜひ試してみてくださいね。

【姿勢美人に!】寝る前の「骨盤バランス」ストレッチで、身体の歪みをなくそう! ※外部サイトに遷移します

著者: 藤井 歩 (管理栄養士)

記事画像

大学卒業後、給食委託会社・健康関連企業での勤務を経て、現在はフリーランスの管理栄養士としてオンラインでの栄養指導業務、特定保健指導、コラム執筆など栄養関係の様々な業務に携わっています。

記事提供:DietPlus(ダイエットプラス)

ダイエットプラスとは、栄養学に基づいた"正しく食べる"を実践できる専門家によるサポートサービスです。無料のダイエット診断や管理栄養士監修のダイエットレシピなども掲載中!

提供元:【自宅で運動不足を解消】下腹エクササイズでぽっこりお腹を撃退!|DietPlus(ダイエットプラス)

おすすめコンテンツ

関連記事

【顔だけ太るのはなぜ?】原因を知ってお悩み解決!今すぐできる5つの顔やせ法

【顔だけ太るのはなぜ?】原因を知ってお悩み解決!今すぐできる5つの顔やせ法

【姿勢に気を付けて!】スマホ巻き肩は正しい姿勢とストレッチで予防しよう

【姿勢に気を付けて!】スマホ巻き肩は正しい姿勢とストレッチで予防しよう

筋力UPを狙うなら「上げる」より「下ろす」が大事!|注目の「エキセントリック・トレーニング」とは

筋力UPを狙うなら「上げる」より「下ろす」が大事!|注目の「エキセントリック・トレーニング」とは

疲れたときこそストレッチ!積極的休養のすすめ

疲れたときこそストレッチ!積極的休養のすすめ

戻る