メニュー閉じる

リンククロス シル

リンククロス シルロゴ

2021.11.24

【我慢はもうしない!】食欲のメカニズムを知って理想の体型へ


1.食欲の発生のメカニズムとは
2.食欲に負けて失敗する人の特徴
3.食欲は我慢ではなく、「〇〇〇」がポイント!

記事画像

「食欲さえ抑えられれば、ダイエットは成功していたはず……」と悩んだりしたことはないでしょうか。そこで、食欲のメカニズムを知って、対処法を身に付けましょう!

食欲の発生のメカニズムとは

「食欲がわく」のはどんなとき?

記事画像

お腹と背中がくっつくほどに空腹を感じて、お腹の虫がぐーっと鳴いたら空腹の合図と思いませんか?

さて、食欲は一体どこから生まれるのでしょう?空腹と言われるぐらいなので、食欲はお腹のふくれ具合いとも思えますが、実は空腹を感じるのは、血液の成分が脳に働きかけて脳が合図を送る為に食欲が発生すると言われています。

食欲にブレーキを!

脳の視床下部というところには食欲のアクセルを踏む「摂食中枢」と、食欲のブレーキを踏む「満腹中枢」という神経細胞が集まっています。

食事をして食べ物の糖質が消化され、小腸でグルコースという糖まで分解され、それが血液に吸収されて血糖となります。血液中に血糖が増えると、今度は血糖を減らすための「インスリン」というホルモンが分泌され、この血糖とインスリンが満腹中枢の働きを活発にさせ、満腹と感じて食欲にブレーキがかかるといった仕組みと言われています。

そして食後、時間の経過とともに血液中の血糖の量が少なくなってくると、次第に摂食中枢の働きが強くなり、食欲が発生するのです。

■【ダイエット お悩み相談室】暴走食欲をコントロールする方法を教えて! ※外部サイトに遷移します

食欲に負けて失敗する人の特徴

記事画像

ダイエットを始めたからには早く結果を出したい!と、極端に食事の量や摂取カロリーを減らしている頑張り屋さんは要注意です。

極端に食事の量を減らしてしまうと、食事が終わっても満腹中枢よりも摂食中枢が活発なままになっている恐れがあります。それが続くとダイエットの意志は摂食中枢に負け、食欲に負けて今までの我慢が爆発して旺盛な食欲に一変してしまうかもしれません。せっかくのダイエットがリバウンドしてしまったら悲しいですよね。

食欲は我慢ではなく、「〇〇〇」がポイント!

記事画像

食欲を自分の意志で我慢しようとしても、食欲中枢のチカラで負けてしまう恐れがあります。ですから、摂食中枢と満腹中枢をうまく「だます」ことが重要となってきます。

脳のだまし方

食事の量は極端に減らすのではなく、自分にあったペースで調節することをおすすめします。間食も絶対にしない!と決めるのではなく、たんぱく質やビタミン、ミネラルが入っている食品を選んで、ゆっくりよく噛んで味わうといった工夫がポイントです。

ゆるいダイエットなら、脳も少し食べる量を減らしてもだまされて、満腹中枢が活発になり、満腹感を感じ、無理のないダイエットに繋がります。

食欲は「我慢」や「頑張り」ではなくて、「ゆるく」「だます」がポイントです。
上手に食欲を調整するコツを覚えて、美味しく気持ちいいダイエットを続けましょう!

■【食べた方がやせる?!】ダイエット中は「間食」をしてラクしてやせよう◎ ※外部サイトに遷移します

著者 :水谷 俊江 (管理栄養士)

記事画像

南米、北米で10年間生活した中で、改めて日本人の食文化の偉大さを感じました。美容クリニックでのダイエット指導、特定保健指導での相談業務に携わり、現在では「食」をテーマにしたコラムを執筆しております。世界の食文化と同じように、お一人お一人のお食事の環境や歴史は異なります。今の生活の中で無理なく太る習慣が改善できる方法をオートクチュールで提供いたします。

記事提供:DietPlus(ダイエットプラス)

ダイエットプラスとは、栄養学に基づいた"正しく食べる"を実践できる専門家によるサポートサービスです。無料のダイエット診断や管理栄養士監修のダイエットレシピなども掲載中!

提供元:【我慢はもうしない!】食欲のメカニズムを知って理想の体型へ|DietPlus(ダイエットプラス)

おすすめコンテンツ

関連記事

【簡単】ゆで卵ダイエットのやり方を注意点をまじえシンプルに解説【管理栄養士監修】

【簡単】ゆで卵ダイエットのやり方を注意点をまじえシンプルに解説【管理栄養士監修】

「16時間断食は週1回でも効果がある」3つの理由|体内で脂肪の分解が始まるのは「食後10時間」

「16時間断食は週1回でも効果がある」3つの理由|体内で脂肪の分解が始まるのは「食後10時間」

【健康とスポーツを科学する】メタボリックシンドロームの予防

【健康とスポーツを科学する】メタボリックシンドロームの予防

アンケート企画:あなたの悩みに専門家が答えます(19):糖質とカロリー、どちらを減らすと良い?

アンケート企画:あなたの悩みに専門家が答えます(19):糖質とカロリー、どちらを減らすと良い?

戻る