メニュー閉じる

リンククロス シル

リンククロス シルロゴ

2021.09.29

賃貸暮らしこそ「シンプルライフ」実践のチャンス!その効果とは?


賃貸暮らしの“限られた収納スペース”はシンプルライフの出発点

限られたスペースで生活する賃貸暮らしでは、収納スペースが足りないことをデメリットとして捉える人も少なくないだろう。

しかし、限られた収納スペースであるからこそ不要なモノを置く場所はなく、必然的に普段からモノの取捨選択を習慣化し「シンプルライフ」を味方につけるチャンスなのだ。

限られたスペースを「どう使うか」が大切

限られたスペースを「どう使うか」が大切

賃貸暮らしは、押入れや作り付けクローゼットといった建物の一部となっている収納スペースにも家賃という形でお金を払うことを忘れないでおきたい。

押入れの奥で存在すら忘れているモノ・活かされていないモノに対しての保管場所にお金を払っているとしたら、なんとも勿体ない話ではないだろうか。

「今」の自分にとって大切なモノ・コトを明確にして不要なモノを潔く手放し、シンプルな暮らしを実行しよう。なぜなら賃貸暮らしのシンプルライフはメリットがたくさんあるからだ。

今回は、賃貸暮らしで「シンプルライフ」を実行する3つの効果と、実際にモノを取捨選択する方法を整理収納アドバイザーの視点で紹介する。

賃貸暮らしのシンプルライフで得られる3つの効果

賃貸暮らしのシンプルライフで得られる効果(1)「時間的効果」

入りきらないから…と部屋に収納家具を買い足していくと、居住空間がどんどん狭くなる。

既存の収納スペースと厳選した収納家具で収まるようにモノの持ち方を追及し、時短家事に繋げてみよう。

特に、「床置きのモノ」を減らすと掃除機をかける時間は5~10分程度でサッと終わるように

特に、「床置きのモノ」を減らすと掃除機をかける時間は5~10分程度でサッと終わるように

調理道具やお皿も「必要な分だけ」。キッチンの掃除がラクになる

調理道具やお皿も「必要な分だけ」。キッチンの掃除がラクになる

多様な料理に対応できる調理道具を選び、数を減らすことで調理スペースを最大限確保すると調理や片づけがうんと楽になる。探し物をする時間も皆無だ。

広いスペースは多くのモノを揃えたくなり散らかる原因の一つだが、狭いからこそモノを厳選することで家事時間を減らせる時間的効果は大きいだろう。

賃貸暮らしのシンプルライフで得られる効果(2)「経済的効果」

好きなものをいつでも買える時代はとても便利だか注意が必要だ。後先考えず買い物をしていたら部屋はすぐにモノで溢れてしまう。

・代わりになるモノが部屋にないか
・同じようなモノを持っていないか
・使い切ることができるのか
・今持っているひとつを手放してでも新しいモノが必要か

上記のように収納スペースと向き合い、「迷ったときは買わない」これが買い物の鉄則だ。

自分にとって必要なモノを見極める力がつけば買い物の失敗もなく、無駄な出費を抑えられ貯蓄できる体質になる。

コンパクトスペースだからこそ十分な下調べをするようになり、それが賢いお金の使い方へと繋がっていくだろう。

賃貸暮らしのシンプルライフで得られる効果(3)「精神的効果」

賃貸生活だからこそ、ストレスフリーな日々を送れる

賃貸生活だからこそ、ストレスフリーな日々を送れる

賃貸暮らしの特権は、ライフスタイルの変化によっていつでも柔軟に住まいを変えられることだ。

ゆとりの時間を持ちたいなら職場や学校の近くに引越し、結婚出産で家族が増えれば緑の多い広い家に引越し、子供が独立し夫婦だけの生活になればコンパクトな家に引越し、車の免許証を返納したら公共機関の便利な場所へ引越しも可能だ。

モノの持ち方にルールを決め、いつでも身軽なシンプルライフはあなたの人生の目的を明確にさせるだろう。

シンプルライフを始める上で、モノを断捨離する方法とは?

シンプルライフを始めるにあたって、難しく感じるのがモノを減らすこと。そこで今回は老若男女問わず悩みが多く、減らすことが難しい衣類の断捨離の方法をご紹介しよう。

衣類の断捨離のコツ1.仕事着、休日の外出着、靴下、パジャマなど、アイテム毎に分類

同じようなモノを、数枚もっていないかチェック

同じようなモノを、数枚もっていないかチェック

ファミリー層なら毎日洗濯をするのでパジャマは1人2セットあれば十分だ。

薄手のハンカチは冠婚葬祭用に1枚、普段はタオルハンカチ数枚あれば良い。このように定数が決めやすいモノから始めると良い。

衣類の断捨離のコツ2.汚れている、穴開きといった機能が失われているモノは迷わず処分

迷わず処分するのもシンプルライフにとって大切なアクション

迷わず処分するのもシンプルライフにとって大切なアクション

「くたびれた洋服は部屋着にしよう」実に女性に多いパターンだ。

数多くの部屋着があっても、近所のコンビニ程度に行けて着心地の楽なものなど、手に取るモノは限られている。部屋着にも定数を決めておこう。

衣類の断捨離のコツ3.一週間で着る仕事着と外出着と部屋着の日数を出し、定数を決める

一週間に必要な服の量がわかれば、クローゼットも整理しやすい

一週間に必要な服の量がわかれば、クローゼットも整理しやすい

量が多すぎて持っている服を把握できていないと、なおさら同じような服が増えていく。自分に必要な洋服の点数を数えることで、クローゼットの中に最低限何着必要なのか、自分のワードロープが把握できるため整理しやすくなる。

服の定数を決められたら、ハンガーの数も統一させると◎。

仕事着は着回しのきくものを何セットか用意しておくと、忙しい朝も慌てないで済むだろう。

衣類の断捨離のコツ4.残すか処分か、迷った服は必ず着てみて鏡の前でサイズ感、顔色を見る

洋服の数がお洒落な着こなしに繋がるわけではない。少数精鋭の着こなし方にあるのだ

洋服の数がお洒落な着こなしに繋がるわけではない。少数精鋭の着こなし方にあるのだ

世代に応じて服を変えていくことは、とても大事なこと。どれを着てどれを捨てるか迷ったとき、パーソナルスタイリストやカラー診断といったプロの知識を借りるのも良い。

自分を知ることで多くのモノより少数精鋭で、自分にぴったり合うモノに囲まれた生活こそシンプルライフそのものだ。今持っているモノよりもっと素敵なモノを見つけた時に限りアップデートしてみると良い。

衣類の断捨離のコツ5.不要なモノは処分またはリサイクルしよう

まだキレイで使えそうな不用品は、”売る”こともできる

まだキレイで使えそうな不用品は、”売る”こともできる

モノを処分するときに厄介なのは「もったいない」という思い。もう着ていないけれど、捨ててしまうのはもったいない…。そう思ったときはリサイクルしよう。

最近はリサイクルの需要が多く、リサイクルショップや宅配買取の数が増え、オークションやフリマアプリも充実している。

以上紹介したように、衣類の断捨離はアイテム毎に定数を決め、一つ増えたら一つ手放すルール作りが大切だ。

賃貸生活を機に、シンプルライフを実践してみよう!

取捨選択の習慣化で、お部屋もこころもスッキリ!

取捨選択の習慣化で、お部屋もこころもスッキリ!

賃貸暮らしのデメリットと思われがちな収納スペースの足りなさは、モノの持ち方を変えるだけで時間的効果・経済的効果・精神的効果のメリットが得られることをぜひ体験してほしい。

できれば、自分のモノだけがある一人暮らしのうちにこの取捨選択の習慣を身に付けておきたい。そうすればこの先のライフスタイルの大きな変化にも難なく対応できるだろう。

新生活に向けた部屋探しが始まる時期に入っただろうか、モノが主役の部屋探しではなく、そこで暮らす人こそが主役の部屋探しを。

文=渡辺ひさの
整理収納サポートNeedsTokyoの代表を務めるワーキングマザー。家事時間を減らしライフスタイルに合った個人向けの整理収納サポート、オフィス環境改善のための整理収納サポート、時短家事や片づけに関する講座を展開。

Web:https://needstokyo.amebaownd.com/ ※外部サイトに遷移します

記事提供:(株)CHINTAI

TVCM放映中。
「じぶんらしく、部屋をさがそう。」
ネットでCHINTAI~♪でおなじみのCHINTAIです。

子育て世帯のみなさんに 子育てCHINTAIアドバイザー ※外部サイトに遷移します

一人暮らしの女性に Woman.CHINTAI ※外部サイトに遷移します

【あわせて読みたい】※外部サイトに遷移します

シンプルな部屋でつくる。ミニマリストKさんの、心にゆとりのある二人暮らしを紹介

引越しの初期費用を節約したいなら、お得な「フリーレント」付き賃貸物件を狙え!探し方のコツと注意点

片付けられない人の行動を変える!片付けを習慣化させる部屋作りのコツ

提供元:賃貸暮らしこそ「シンプルライフ」実践のチャンス!その効果とは?|CHINTAI

おすすめコンテンツ

関連記事

キッチンマットの種類ごとのおすすめと、メリットを紹介!

キッチンマットの種類ごとのおすすめと、メリットを紹介!

【一人暮らしインテリア】狭い部屋を広く見せる、快適な「床生活」のススメ

【一人暮らしインテリア】狭い部屋を広く見せる、快適な「床生活」のススメ

今日は何の日?\11月26日は「いいプルーンの日」/

今日は何の日?\11月26日は「いいプルーンの日」/

おうち洗いとプロのクリーニング、上手に使い分けして快適に!

おうち洗いとプロのクリーニング、上手に使い分けして快適に!

戻る