メニュー閉じる

リンククロス シル

リンククロス シルロゴ

2021.09.26

【高級食材の魅力が知りたい!】くるまえびの栄養とおすすめレシピ


1.そもそもえびってどんな食材?
2.くるまえびってどんなえび?
3.くるまえびの栄養
4.くるまえびのおすすめレシピ
5.まとめ

記事画像

高級食材として使われるくるまえびは、お正月やお祝いの席などで食べることが多いですよね。今回は、そんなくるまえびの栄養と、おすすめレシピをご紹介します。

そもそもえびってどんな食材?

えびの多くが高級食材!

えびは熱帯から寒帯にまで広く分布していて、3000種類ほどいると言われています。その中でも、日本で食用として食べられているのが20種類ほどです。代表的なものにくるまえび、いせえび、あまえび、ブラックタイガー、しばえびなどがありますが、多くが高級水産物として利用されています。

えびは縁起ものとされている

記事画像

腰の曲がったえびの形がお年寄りを連想させることから、えびは長寿の象徴とされています。また、火を通すと赤くなることから縁起ものとされ、お祝いのときの食事やお正月などに多く使われています。

くるまえびってどんなえび?

くるまえびの特徴

記事画像

くるまえびは、全長が約20cmで、頭から尾にかけて薄茶色の縞の模様が入っているのが特徴です。腰を曲げた形とこの縞模様が、車輪のように見えることから、くるまえびという名がついたと言われています。

くるまえびの旬

くるまえびの旬は、天然のものは6~8月にかけての夏。養殖のものは秋から冬にかけてです。最近では天然のものは手に入りにくくなり、養殖のものが出回ることが多くなりました。

くるまえびは需要が高い!

記事画像

くるまえびは肉質が締まっていて、甘みとうまみが強く、味が良いため、需要の高いえびです。天然のものだけでなく、養殖のものも高値で取り引きされることが多い食材です。

くるまえびの栄養

たんぱく質が豊富

記事画像

くるまえびは、低脂肪・高たんぱく質の食材です。ダイエット中など、カロリーを抑えたいときのたんぱく源としておすすめです。
たんぱく質は糖質、脂質と共に3大栄養素の1つで、からだのエネルギー源になります。また、筋肉、臓器、皮膚などからだを構成する基本の成分です。丈夫なからだをつくるための、大切な栄養素です。

くるまえびにはタウリンが豊富!

くるまえびにはアミノ酸の一種のタウリンが多く含まれています。タウリンは肝機能を高めたり、血圧を下げたりする働きがあるとされ、効果が期待されています。栄養ドリンクの成分としても多く使われています。
タウリンは水溶性のため、水に溶けだしやすい性質がありますが、熱には強いのが特徴です。そのため、スープや鍋にして汁ごと食べると、効率よくタウリンを摂ることができます。

赤くなるのはアスタキサンチン

くるまえびを加熱すると赤くなるのは、色素成分のアスタキサンチンによるものです。アスタキサンチンはカロテノイド系の抗酸化物質で、活性酸素の働きを抑えます。活性酸素は、増え過ぎると過酸化脂質を作り出し、動脈硬化や免疫力の低下につながります。これらを予防するためにも大切な成分です。

くるまえびのおすすめレシピ

香りエビのサクサクトースター焼き

記事画像

エビにスパイスをつけてトースターで焼いた、シンプルなメニューです。くるまえびの甘みと身の締まった食感が味わえる、おすすめメニューです。

▶「香りエビのサクサクトースター焼き」レシピはこちら ※外部サイトに遷移します。

フライパンで作る本格パエリア

記事画像

くるまえびを使って炊いた本格パエリアです。くるまえびのうまみと栄養成分を丸ごと食べられます。パーティーのときにもおすすめですよ。

▶「フライパンで作る本格パエリア」レシピはこちら ※外部サイトに遷移します

アスパラのベーコン巻き

記事画像

少量の調味料だけ使い、くるまえびの甘みを生かしています。お酒と一緒に食べるのもいいですね。

▶「アスパラのベーコン巻き」レシピはこちら ※外部サイトに遷移します

まとめ

特別な食材は食事に気持ちが込められる

日常の食事にはなかなか使うことができませんが、お祝いの席やパーティーなどのときには、ぜひ使ってみてください。特別な気持ちが食事にも込められるのではないでしょうか。ぜひくるまえびの美味しさを、たくさんの人と楽しんでみてくださいね。

【参考文献】
・栄養素の通になる/女子栄養大学教授 上西一弘/女子栄養大学出版部/2018年3月発行
・食材事典/廣田孝子/株式会社学研プラス/2019年11月第3版発行

著者 :原 美香 (管理栄養士)

記事画像

食べることが大好きで大学で栄養学を学ぶ。卒業後は食品会社を経て、管理栄養士の会社で特定保健指導、スーパーや惣菜店のメニュー開発等に携わる。現在はオンラインでのコラムを執筆中。1男1女の母としても奮闘中!
生活を楽しく豊かにしていく食事を目指しています!

記事提供:DietPlus(ダイエットプラス)

ダイエットプラスとは、栄養学に基づいた"正しく食べる"を実践できる専門家によるサポートサービスです。無料のダイエット診断や管理栄養士監修のダイエットレシピなども掲載中!

提供元:【高級食材の魅力が知りたい!】くるまえびの栄養とおすすめレシピ|DietPlus(ダイエットプラス)

おすすめコンテンツ

関連記事

【なんで夏バテって起きるの?!】夏バテ対策法と暑い日のおすすめレシピ5選

【なんで夏バテって起きるの?!】夏バテ対策法と暑い日のおすすめレシピ5選

【かんたん時短で大満足♪美味しい健康レシピ】たんぱく質多めの中華風おかずサラダ

【かんたん時短で大満足♪美味しい健康レシピ】たんぱく質多めの中華風おかずサラダ

炭酸飲料と糖質~「糖質ゼロ」と「カロリーゼロ」の違いも詳しく解説~

炭酸飲料と糖質~「糖質ゼロ」と「カロリーゼロ」の違いも詳しく解説~

【流行のマヌルパン】甘じょっぱさがやみつきになる韓国グルメについて解説!

【流行のマヌルパン】甘じょっぱさがやみつきになる韓国グルメについて解説!

戻る