メニュー閉じる

リンククロス シル

リンククロス シルロゴ

2021.08.04

【憧れのくびれをゲット】お腹の脂肪の落とし方3つ


1. 脂肪がつく原因は?
2. 1:まずは食生活を見直してスッキリお腹に!
3. 2:脂肪を燃やす「有酸素運動」
4. 3:引き締まったお腹を目指す「腹筋運動」
5. まとめ

記事画像

お腹周りについてしまった脂肪って、なかなか落ちないですよね…。薄着の季節になると特に気になるお腹周りに、お悩みの方は多いと思います。その解決方法は、「食事」と「有酸素運動」と「腹筋運動」の3つの方向からアプローチするのが効果的だと言われています。今回はお腹の脂肪の落とし方について詳しくご紹介します。

脂肪がつく原因は?

女性の体は脂肪がつきやすい

記事画像

女性は体の構造上、子宮などの大事な器官を守るためにお腹周りに脂肪がつきやすいと言われています。さらに、ホルモンバランスの乱れによって腰が冷えやすくなることも原因となります。

姿勢の悪さが原因!

お腹周りの筋肉は、正しい姿勢を保つために使われています。しかし、猫背などの悪い姿勢が原因で、お腹周りの筋肉が使われなくなり、筋肉を衰えさせてしまうので、脂肪がつきやすい状態になってしまいます。さらに、内臓を支えることもできなくなるため、内臓が下がってぽっこりお腹を作ってしまう可能性もあります。

運動不足や加齢

お腹周りは、意識しないと動かすことが少ない部分なので、脂肪がつきやすいと言われています。また、加齢や運動不足によって、基礎代謝が低下することでも、脂肪がつく原因になります。

▶背中の贅肉の原因は○○!【たったの10分でOK!】美しい背中につながる背中ダイエットって? ※外部サイトに遷移します

1:まずは食生活を見直してスッキリお腹に!

栄養バランスのいい食事を

記事画像

ダイエット中は、摂取カロリーを減らそうとして食事を抜いたり、炭水化物を控えたりするなど、極端な食事制限を行いがちです。

しかし、このような食生活を続けると、太りやすい体質になるうえに、リバウンドやダイエット挫折を招く恐れがあるので注意が必要です。健康的に美しくやせるのに重要なのは、栄養バランスが整った食事を3食しっかりと食べることです。

たんぱく質を積極的に摂ろう

脂肪を燃焼させるには、筋肉が欠かせません。しかし、ダイエット中は食事制限などにより、たんぱく質は不足しがちです。このため、ダイエット中であれば特に、たんぱく質の摂取を心がけて、筋肉量をキープして代謝アップを目指しましょう。

野菜をしっかり食べよう

記事画像

野菜には、ダイエットには欠かせないビタミンやミネラル、食物繊維が豊富に含まれています。特に食物繊維は、血糖値の急上昇を抑えて太りにくくしてくれるほか、お腹の調子を整えて便秘の改善に役立ってくれることから、ダイエット効果だけではなく美肌作りや免疫力アップなどにも役立ちます。

また、食事の前に野菜を食べることで、お腹が満たされて無駄な食べすぎ予防にもなると言われています。

2:脂肪を燃やす「有酸素運動」

記事画像

基礎代謝を上げて脂肪の燃焼を促すためには、有酸素運動がおすすめ。ジョギングやサイクリング、水泳など、20分以上続けて行うことで、脂肪燃焼効果がさらに高まると言われています。しかし、無理に20分以上行わなくてもOKです。数分でも毎日の継続が結果として現れるため、続けられるようなペースで始めましょう。

▶毎日の○○で簡単!お腹の贅肉を落とす5つのポイントとは?! ※外部サイトに遷移します

3:引き締まったお腹を目指す「腹筋運動」

一般的に「腹筋」と呼ばれているのは、お腹表面の「腹直筋」、脇腹の深い部分の「腹斜筋」と「腹横筋」のことを指します。割れた腹筋を作るなら、腹直筋を集中的に鍛えるのが効果的だと言われています。また、女性らしいくびれを目指すなら、腹直筋に加えて「腹斜筋」と「腹横筋」も鍛えることが大切です。

くびれにおすすめのエクササイズ

記事画像

1.仰向けに横になり、片脚を床から浮かせて伸ばした状態、もう片方の脚を90度に曲げて持ち上げます。
2.両手を頭に添えて肘をしっかり開き、腹筋を使って頭と肩を浮かせます。
3.曲げている脚を胸に引きつけ、身体をねじりながら反対の肘を近づけます。
これを左右5~15回ほど繰り返します。

ポイント
・伸ばしている脚は床と平行になるように浮かせておく
・お腹の筋肉を使い、しっかり左右にひねること

くびれを作る脇腹はもちろん、下腹部にも効果が期待できるエクササイズです。

まとめ

食事、有酸素運動、腹筋運動の3つの方向から、しっかりとアプローチをしてあげることによって、なかなか落とせなかったお腹周りの脂肪が消えて、スッキリと引き締まったお腹を手に入れることができるかもしれません。今回ご紹介したことを参考に、無理のない範囲でぜひ試してみてください。

著者:DietPlus管理栄養士 (管理栄養士)

「正しく食べてやせる」ダイエットを実践できる様々なダイエットサポートサービスを提供。個人の生活習慣からやせない理由を発見できる「ダイエット診断」ほか、コラム等でダイエット情報を配信。
また、アプリ「ダイエットプラス」では、食事改善をメインとした管理栄養士によるダイエットサポートサービスを提供しています。

記事提供:DietPlus(ダイエットプラス)

ダイエットプラスとは、栄養学に基づいた"正しく食べる"を実践できる専門家によるサポートサービスです。無料のダイエット診断や管理栄養士監修のダイエットレシピなども掲載中!

提供元:【憧れのくびれをゲット】お腹の脂肪の落とし方3つ|DietPlus(ダイエットプラス)

おすすめコンテンツ

関連記事

【ラクだから続けられる!】お腹やせに効果絶大の「ヨガポーズ」3選

【ラクだから続けられる!】お腹やせに効果絶大の「ヨガポーズ」3選

動きは地味だけど効果的。二の腕をすっきりさせる上腕三頭筋トレーニング

動きは地味だけど効果的。二の腕をすっきりさせる上腕三頭筋トレーニング

デスクに座ったままできる!肩こり解消簡単エクササイズ

デスクに座ったままできる!肩こり解消簡単エクササイズ

【続けるコツも伝授!】ジョギングが続かない3つの理由

【続けるコツも伝授!】ジョギングが続かない3つの理由

戻る