メニュー閉じる

リンククロス シル

リンククロス シルロゴ

2021.03.10

【のんが教える!】めんどくさーい・・・掃除や片付けを継続するマイルール!


みなさん、こんにちは!

普段はInstagramで活動をしているのん ( @nonnoroom ) です。最近、在宅勤務に切り替わった影響もあって、「おうち時間」が増えています。

最近はいかがお過ごしですか?

私は暇な時間が増えれば増えるほどだらだらしてしまって、なぜかお部屋が散らかりつつあります。笑

@nonnoroom ※外部サイトに遷移します

目次

1 一人暮らしで大変なこと:一人が寂しい・掃除と片付けが辛い
2 「掃除」を継続するマイルール
2.1 (1)掃除道具を取りやすい場所に置く
2.2 (2)自分のルーティンと合わせてついでに掃除をする
2.3 (3)日々の掃除はできるだけ簡略化させる
3 大見出し:「片付け」を継続するマイルール
3.1 (1)物の置き場所を決める
3.2 (2)「使ったら戻す」を徹底する
3.3 (3)定期的な来客の予定を入れる
4 今すぐできなくても意識だけで少しずつ変わる・・・!
5 プロフィール

一人暮らしで大変なこと:一人が寂しい・掃除と片付けが辛い

家にいる時間が長いと一人暮らしって本当に寂しいですよね。でもそれと同じくらい私が辛いと感じているのが掃除と片付け。

食事は生きるために大事だからどんなにめんどくさくても食べるのですが、掃除と片付けはやる気を出すまでに時間がかかってしまって・・・

今回はそんな私が実践した、掃除と片付けを継続するマイルールをご紹介します!

「掃除」を継続するマイルール

(1)掃除道具を取りやすい場所に置く

生活している中でふと「あ、ここ汚いな〜」「そういえばここ掃除したいな」と思うことがあります。でもそんなときに掃除道具が取り出しにくいところにあると「もういいや」と諦めてしまうんですよね。

記事画像

なので見た目のスタイリッシュさには欠けますが、手の届くところに掃除道具を置いてやる気を途切れさせないようにしています。(クイックルワイパーは脱衣所の髪の毛を取るために置いています)

(2)自分のルーティンと合わせてついでに掃除をする

「よし!掃除をやるぞ!」と気持ちを奮い立たせることは結構パワーがいるものです。「掃除をする」ではなく「ついでに掃除をする」ことで掃除に対するハードルが低くなります。

記事画像

ルーティンと合わせることで時間がかかるため仕事の日はできませんが、掃除苦手なタイプにとっては休日の週1回くらいがちょうどいい回数かと思います。

(3)日々の掃除はできるだけ簡略化させる

掃除がめんどくさいなと思う理由はいろいろありますが、その一つに「手間がかかる」という理由があると思います。

その手間さえ無くなるだけで「めんどくさい」気持ちが半減するので、簡単に掃除できるアイテムを揃えるといいかもしれません。

記事画像

大見出し:「片付け」を継続するマイルール

(1)物の置き場所を決める

「どこに片付けるか」を毎回考えると、時間が無くて後回しにしたり、めんどくさい気持ちを引き起こす原因となります。

記事画像

あらかじめ「どこに何を収納する」かを決めておくことで迷うことがないのでスムーズに片付けをすることができます。

(2)「使ったら戻す」を徹底する

最初からできれば苦労はしないし当たり前のことではありますがなかなかできない「使ったら戻す」ということ。

記事画像

すぐにはできなくても、まずは意識すること!

私も未だにできないときもありますが・・・がんばります。

(3)定期的な来客の予定を入れる

なんだかんだ人間は自分に甘いもので、自分だけでは片付けのスイッチが入らないことも・・・

記事画像

全然部屋が片付かない・・・という方は友だちを招いて、それまでに片付ける!という目標を持つと頑張れるのでおすすめです。今の時期はちょっと難しいですが、テレビ電話をしたりと工夫すれば出来るかもしれないですね!

今すぐできなくても意識だけで少しずつ変わる・・・!

いかがでしたか?

もともと掃除や片付けが苦手なところから継続してできるようにすることは、自分の性格を変えることと同じようなことかもしれません。

今日意識して明日からすぐにできることではありませんが、少しずつ自分のできることから始めてみませんか?

プロフィール

著者:のん
2018年より初めての一人暮らしを一年経験し、社会人4年目(25歳)の現在、初めての二人暮らしを経験中。 10万人を超えるフォロワーとの交流を大切にしながら、お金をかけずにできる「可愛いお部屋づくり」や、一人暮らしや同棲生活に役立つ「簡単レシピ」等、様々なお役立ち情報をInstagramにて発信している。

Instagram: @nonnoroom ※外部サイトに遷移します

記事提供:Woman.CHINTAI

「Woman.CHINTAI」はCHINTAIが運営する、一人暮らしの女性にとって最適な賃貸物件検索サイト!

Woman.CHINTAI(ウーマンドットチンタイ)※外部サイトに遷移します

はじめての一人暮らしでも、安心して部屋探しができるように様々な工夫を凝らしています!
自分で探すのが面倒な人は待っているだけでプロが希望通りのお部屋を紹介してくれる、「CHINTAIエージェント」もチェック!

「CHINTAIエージェント」※外部サイトに遷移します

また、「Woman.CHINTAI」のInstagramアカウントでは、首都圏の駅を女性に擬人化してファッショナブルなイラストでご紹介中!
街の雰囲気や特徴をわかりやすくお伝えしているので、是非フォローしてみてください。

Instagramアカウント(@woman.chintai)※外部サイトに遷移します

【あわせて読みたい】※外部サイトに遷移します

ワンルームでもソファを置きたい!上手なソファの選び方とレイアウトを紹介

のんが教える一人暮らしのはじめ方! 実はいるもの・いらないもの 後編

「仕事は、暮らしと密接に関わっている」コンテンツエディター・本郷結花が語る、東京での生活

提供元:【のんが教える!】めんどくさーい・・・掃除や片付けを継続するマイルール!|Woman.CHINTAI

おすすめコンテンツ

関連記事

「絵が下手な人」と「上手い人」、ただ2つの決定的差|「スマホ」を描けば、その違いが見えてくる

「絵が下手な人」と「上手い人」、ただ2つの決定的差|「スマホ」を描けば、その違いが見えてくる

賃貸の設備故障!壊れたときの連絡先や修理費用の負担はどうなる?

賃貸の設備故障!壊れたときの連絡先や修理費用の負担はどうなる?

日本人の寝室「ダニの楽園」になっている衝撃実態|多い場合はふとんから100万匹以上のダニが検出

日本人の寝室「ダニの楽園」になっている衝撃実態|多い場合はふとんから100万匹以上のダニが検出

家時間が超進化!Z世代がハマる「家充」のリアル|コロナ禍で始まり、もう手放せない

家時間が超進化!Z世代がハマる「家充」のリアル|コロナ禍で始まり、もう手放せない

戻る